• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
パンダに会おう!東京デートの超定番「上野動物園」の楽しみ方10選

東京にある動物園といったら、やっぱり「上野動物園」ですよね。そんな「上野動物園」は実は日本一の入園者を誇る動物園でもあります。多くの動物が展示されているため見どころはたくさんありますが、中でも選りすぐり10選をご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「上野動物園」とは?

上野公園の一角に位置する「東京都恩賜上野動物園」は日本で最初の動物園として開園した歴史ある動物園です。「東園」には大人気の「ジャイアントパンダ舎」をはじめ、スマトラトラやニシローランドゴリラといった希少動物の飼育でも全国的に有名。見どころ満載の「上野動物園」ですが、選りすぐりの楽しみ方10選を次からご紹介していきます!

【楽しみ方1】一番人気のジャイアントパンダ!(東園)

何と言っても、上野動物園一番人気はジャイアントパンダですね!2017年に生まれたシャンシャンを観に、「ジャイアントパンダ舎」にはたくさんの人であふれています。それほど大人気なので、観覧方法も決まっているので、詳しくは公式ホームページをご覧になってください。とっても可愛らしいパンダの姿を見ることができますよ。

【楽しみ方2】開園当時から変わらない人気のゾウ(東園)

パンダだけではない!上野動物園のもう一つの目玉は、なんといっても開園当時から変わらないゾウたちなのです。上野動物園には緑と土の放飼場と、群れ飼育ができる寝室、将来の繁殖にも対応できるアジアゾウの施設があり、さまざまな角度からゾウを見ることが可能となっています。

【楽しみ方3】素のままのゴリラを観る(東園)

上野動物園のゴリラは素の姿を見られるのです。ゴリラの生息地に近づけたスペースで展示されているので、ゴリラは落ち着いて本来の姿で生活しています。まるで人間かのような動きをしたりもするので、じっくりと観察してみてください。

【楽しみ方4】百獣の王ライオン!(東園)

やっぱり、動物園に来たらライオンは欠かせないですよね。もちろん「上野動物園」にもいます。飼育されているライオンは「インドライオン」という種類。野生のインドライオンの生息数は約300頭で、絶滅危惧種に指定されています。国内で飼育しているのは上野動物園と横浜市立よこはま動物園だけ。堂々とした姿で、見る人を魅了しています。

【楽しみ方5】園内に五重塔!多くの重要文化財(東園)

上野動物園は歴史がとても長いため、実は多くの重要文化財が存在しています。その中でひときわ目立っているのが東園の五重塔なのです。そんな五重塔が背景となっている日本の動物の展示エリアもまたひときわ風情あるので、ぜひ観てみてください。

【楽しみ方6】移動も楽しむ、園内を走るモノレール!

「上野動物園」は、東園と西園は道路に隔てられて面白い形の動物園です!徒歩で歩くことも十分可能ですが、東園と西園を結ぶモノレールを使うのもおすすめです。このモノレールは正式名称を「上野懸垂線」といい、なんと日本で最初に開業したモノレールなんです!このモノレールは、動物園の遊技施設ではなく、交通機関として東京都交通局が運営、営業しています。

【楽しみ方7】動物園でも人気者のペンギン!(西園)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Chikake都内在住の大学生。
東京をうろうろしています。

このまとめ記事に関して報告する