• はてぶ
  • あとで
ほっかほかの季節、到来♡和歌山で巡りたい「日帰り温泉」まとめ

冬の旅といえば…そう、温泉!冬はやっぱり、温泉に行きたくなりますよね。もうすぐ始まる冬休みには、和歌山県の温泉に浸かって、身体をほっかほかに温めてみませんか。和歌山県の温泉と聞くと白浜温泉が全国的にも有名ですが、白浜温泉の他にもおすすめの温泉地があるのです♪

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

冬はやっぱり「温泉」に行きたい!

※写真はイメージ

※写真はイメージ

寒い季節には、身体の芯から温まる温泉に入りたくなるもの!和歌山県の温泉というと、白浜温泉をイメージする人が多いかもしれませんが、他にもまだまだおすすめの温泉地があるのを知っていますか。今回は手軽に楽しめちゃう、和歌山県の日帰り温泉スポットをまとめてご紹介します。

①リヴァージュ・スパひきがわ

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
最初に紹介するのは、日置川(ひきがわ)温泉にある「リヴァージュ・スパひきがわ」です。美人の湯として知られている日置川温泉。そのお湯は、とろっとした肌触りが特徴なのだとか。大きな窓がある大浴場の目の前に広がるのは、太平洋の大海原!絶景を眺めながら、温泉に入れるのも嬉しいポイントです。

露天風呂はもちろん、貸切できる家族風呂や、加水・加温なしの源泉かけ流しの源泉湯に、地元日置でとれた薬草を使った薬草湯もあります。リゾート気分を味わえる、居心地のよいスパです。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
温泉の前に広がるのは、美しい夕日を見られると話題の志原海岸。よーく見ると熊の横顔に見える大きな岩が…。「ベアーズロック」と呼ばれる人気写真スポットなんです◎

②シーサイドホテル加太海月

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
続いては、和歌山市にある加太(かだ)温泉「シーサイドホテル加太海月」。こちらのお湯も美人の湯と、いわれているそうですよ。万葉集の歌碑を題材に名付けられた「潟見(かたみ)の湯」と「飽等(あくら)の湯」の2つの露天風呂の目の前は、ダイナミックな加太の海!上がってからも、しばらくは身体がポカポカして湯冷めしにくいと評判のお湯に、ゆっくりと浸かってみませんか。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
加太港から船に乗って20分、無人島の「友ヶ島」に到着します。人気アニメ「サマータイムレンダ」の舞台となったところで、ノスタルジックな砲台跡や白亜の灯台など、写真映え間違いないし◎

③大阪屋ひいなの湯

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
同じく加太にある「大阪屋ひいなの湯」も、おすすめの温泉スポットです。こちらでは、日帰り入浴のプランが充実◎予約をしなくても利用できる食事付きプランや、ゆっくりしたい人向けのお部屋付きの日帰りプランなど、好みのスタイルに合わせて選べちゃうんです!

まるで、海を航海しているような気分を楽しめる船の形をした露天風呂では、特別な時間を過ごせること間違いなし。肌にも優しい、とろみのある湯に浸かりながら心も身体もリラックスしちゃいましょう。時間限定ですが、お風呂上りには女将特製の黒蜜がかかった冷たい「ところてん」のサービスもありますよ♪
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
すぐ隣には3月の雛流し神事で有名な淡嶋神社があります。境内には奉納された人形がびっしり!"女性のための神様"にお参りしませんか。

④湯の峰温泉 つぼ湯

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
続いては、日本最古の湯といわれる湯の峰温泉にある「つぼ湯」です。熊野本宮から車で約10分の場所に位置する湯の峰温泉は、古くからお参りする前に身体を清める、湯垢離場(ゆごりば)として多くの人に親しまれてきました。中でも「つぼ湯」は、世界遺産にも登録されている珍しい温泉なんですよ。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
「つぼ湯」は大人が2〜3人ほど入れる、コンパクトな天然岩のお風呂です。お風呂の周りは、板で囲っただけというシンプルな作りですが、知る人ぞ知る秘湯ということもあり、訪れる人が後を絶ちません。お風呂は30分交代の貸切制です。世界遺産の温泉を体験してみませんか。

⑤川湯温泉 仙人風呂

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
同じく熊野本宮から車で10分ほどの場所にある「川湯温泉 仙人風呂」も、和歌山県で訪れたい日帰り温泉スポットの1つです。「仙人風呂」があるのは、実は川の中!川底から湧き出す70度以上の源泉に清流を引き入れて、ちょうどいい湯加減に調整しています。こちらの温泉には、水着を着用して入るので忘れずに持っていきましょう。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
夏は川遊びで冷えた身体を温め、冬には大きな露天風呂として「仙人風呂」が12月〜翌年2月まで期間限定でオープンします。毎年川をせき止めて作るので、その年の状況により温泉の広さも変わってくるのだそう。大自然のど真ん中にある開放感たっぷりの温泉は、友達同士はもちろん、ファミリーで訪れても楽しめそうですね!

⑥みちしおの湯

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
続いてのスポットは、日高町にある日帰り温泉施設「みちしおの湯」です。館内には広々としたコミュニティールームもあるので、湯上がり後もゆったりとした時間を過ごせますよ。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
大浴場にある大きな窓の前には、青い海が広がります。海面に太陽の光が当たってキラキラと輝く様子や、きれいな夕日を眺めながら、温泉に浸かってみるのはいかがでしょうか。広い駐車場があるので、車でのアクセスもおすすめです◎

⑦ホテル川久

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
最後に紹介するのは、まるでヨーロッパの宮殿のような「ホテル川久」です。南紀白浜の岬に佇む豪華なホテルでも、日帰り温泉が楽しめちゃいます♪館内の温泉施設は、とても充実!田辺湾の絶景を独り占めしているかのような気分で入れる、ロイヤルスパからの眺めは必見ですよ。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
他にも、寝るように横になって入る寝湯や、心地よい刺激が身体全体を包み込むシルキーバスに、フィンランド式のセルフロウリュや露天風呂もあるので、贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

サクッと楽しみたい方へ

温泉にも浸かりたいけど、観光もしっかりと楽しみたい!そんな人には、サクッと入れる足湯がおすすめです。足湯なら、温泉でメイクが崩れてしまったり、髪を乾かしたりする必要がないので、観光中でも気軽に楽しめちゃいます♪

三段壁足湯

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
おすすめの足湯は、三段壁にある「三段壁足湯」です。三段壁とは南紀白浜にある、千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ約50mの断崖です。展望台からは、黒潮が岩肌に激しく打ちつける迫力満点の光景や、きれいな夕日を眺めることができます。
提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
「三段壁足湯」の目の前に広がるのは、もちろん三段壁の絶景!こんなにきれいな景色が見られる足湯を、なんと無料で利用できちゃいます◎太平洋に沈む大きな夕日を、足湯に浸かりながら見てみませんか。白浜観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください!

※「三段壁足湯」は12月中旬に臨時休業する日があるので、お出かけ前に事前に確認することをおすすめします。

今年は温泉でホカホカの年末年始を。

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
いかがでしたか?和歌山県にはこの冬行きたい、日帰り温泉スポットがたくさんあります。次の休みは和歌山県の温泉に入って、日頃の疲れを癒してみませんか。友達同士やパートナー、さらには家族そろって和歌山県の温泉巡りを楽しんでください♪
出典:www.youtube.com

紀州浪漫 2022冬号「温泉に癒されて 大地を感じる旅」

田辺市本宮町にある熊野本宮温泉郷には3つの趣の異なる温泉があります。熊野詣での湯垢離場としての歴史がある湯の峰温泉、 ...