• はてぶ
  • あとで
チョコレート工場が見学できちゃう!「ロイズカカオ&チョコレートタウン」誕生

北海道・当別町にあるロイズタウン工場(旧ロイズふと美工場)に、見学・体験施設「ロイズカカオ&チョコレートタウン」が、2022年11月7日(月)にプレオープンします(要事前予約・チケット購入)。この施設では、カカオの栽培からチョコレートができるまでの「ファーム トゥ バー」の旅を、さまざまな展示や体験を通して楽しめむことができるんです。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「ロイズカカオ&チョコレートタウン」誕生

プレオープン日:2022年11月7日(月)

北海道・当別町にあるロイズタウン工場(旧ロイズふと美工場)に、見学・体験施設「ロイズカカオ&チョコレートタウン」が、2022年11月7日(月)にプレオープンします(要事前予約・チケット購入)。2023年の春以降のグランドオープンまでの期間、製造設備は準備中のため工場は稼働していませんが、カカオの栽培からチョコレートができるまでの「ファーム トゥ バー」の旅を、さまざまな展示や体験を通して楽しむことができますよ。
ロイズカカオ&チョコレートタウン
1階の入場ゲートからエレベーターで3階に上がり、3階から1階まで通路を進む中で様々な展示や体験を楽しめる施設となっています。1階まで降り進む中で、1階の吹き抜け部分にあるカカオ加工工場を眺めることができます(プレオープン期間中は稼働していません)。大きく5つのコンセプトで構成された当施設で、“チョコレートの旅”を存分にお楽しみください。

1Fエントランス(無料エリア)

広々としたエントランスホールの奥には、モールディングチョコレートの製造ラインを見学できるエリアがあります。この製造ラインでは、「ロイズオリジンチョコレート」等を製造しています。ガラス越しに、機械がチョコレートを次々と型に充填する様子等を見ることができます。
※製造ラインの稼働時間は状況により変動、不定休。

3Fカカオファームゾーン

ロイズは、“チョコレートをカカオ豆からつくりたい”というチョコレートメーカーとしての夢を叶えるべく、2014年に南米・コロンビアにカカオの自社農園「ロイズカカオファームインコロンビア」を設立。カカオファームゾーンでは、その自社農園をジオラマ等で再現しています。ロイズが取り組むカカオ栽培や、カカオについての豆知識などを、体感しながら知ることができます。

2~3F工場体験ゾーン

工場に届いたカカオ豆がチョコレートになるまでを、見て、遊びながら学べるエリア。実際のカカオ豆の加工工場の見学、様々なゲームでチョコレートづくりを体験するエリアもあり、大人も子どもも夢中になって楽しめます。(※プレオープン期間中、見学ができる製造設備は準備中のため稼働していません。あらかじめご了承ください。)

2Fチョコレートワークショップ【体験料別途】

約23×12㎝のダイナミックなサイズの板チョコレートに、ドライフルーツやナッツなどを自由にトッピングすれば、自分だけのオリジナルチョコレートが完成!専用パッケージに入れて、世界に一つだけのお土産をつくりましょう。

2Fロイズコレクションストリート

チョコレートのラベルや缶、食器など、世界中から集めた貴重なコレクション、そしてロイズのパッケージやヒストリーまでを展示しています。ミュージアムでは、アンティークや絵画、木彫りの熊などの作品を展示しています。

ロイズタウン工場直売店

施設見学後は、併設のショップ「ロイズタウン工場直売店(旧ロイズふと美工場直売店)」でお買い物をお楽しみください。200種類以上のチョコレートや焼き菓子のほか、当店限定のパンやピザ、ソフトクリーム、JRロイズタウン駅関連商品に、お土産にぴったりの施設オリジナルグッズまで多彩な品揃え。ショップで購入した商品を楽しめる休憩スペースもあるそうですよ。
※JR北海道商品化許諾済。
※ソフトクリームの販売は機械洗浄のため16時までの場合あり。
いかがでしたか?ロイズカカオ&チョコレートタウンは2023年の春以降にグランドオープン予定。グランドオープン後は、現在準備中のカカオ豆加工工場の製造設備を稼働させ、南米・コロンビアにある自社農園「ロイズカカオファームインコロンビア」で採れたカカオ豆の加工から製品づくりまでを一貫して行う「ファーム トゥ バー」のチョコレートを販売する予定だそうですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

■ロイズカカオ&チョコレートタウン
プレオープン日:2022年11月7日(月)
住所:北海道石狩郡当別町ビトエ640-15(JRロイズタウン駅より徒歩約7分、無料シャトルバスあり)
開館時間:10:00~17:00(最終入場は15:00まで)
※不定休 ※1Fショップ(無料エリア)は9:00~18:00 ※状況により変動あり
入場料(プレオープン期間限定価格):大人(高校生以上)1,000円、こども(4歳~中学生)300円、3歳以下 無料、障がい者手帳をお持ちの方 300円(付き添いの方お一人様まで300円)
※3歳以下のお子様も含む全ての方に、事前予約・チケットが必要です
※チョコレートワークショップは別途料金(事前予約不可)
​予約・チケット購入専用ページ:https://www.e-tix.jp/royce-cct/
駐車場:あり(約100台、無料)

北海道石狩郡当別町ビトヱ640−15

3.44 29

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

ワークショップおすすめ

荷物は有料エリア手前の無料ロッカーに預けることをお勧めします。中は緩やかな坂になっていて距離も長いので荷物が多いとしんどいです。 実際にカカオ豆を広げる体験や自分でレバーを回して撹拌するなど楽しみながら学ぶことができました。 ゲームやフォトスポットにもなりそうな最後の方のエリアに繋がる道はシアターを通っていくスタイルでした。映像時間が3,4分程度と長く、数組で上映をスタートしていたので回転はあまり良くない印象でした。見応えはありますが…。その後に続くエリアでは実際にチョコレートが試食できるアトラクションのようなものもありました。せっかく行ったならロイズのチョコ、頂いて帰りましょう。 ワークショップはチケットを券売機で購入スタイルで、チョコレートはビターorホワイトorMIXとチョコレートを入れるプレート?のデザインを自分で押して選択するスタイルでした。無料ロッカーもありますが小さいです。 メイントッピングはナッツorドライフルーツから2袋選びます。その他ドライイチゴやカカオニブは使い放題ですが5分程度しか時間がないのでチョコレートをもらう前にデザインを考えて行った方がいいと思いました。 作ったチョコレートは好きなデザインのボックスと紐を組み合わせたものに入れて持って帰ることができます。 その先のミュージアムコーナーが見応え抜群。 ミュージアムコーナーのための入場料なのだと感じるくらいでした。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する