• はてぶ
  • あとで
【ファミリー必見】親子で楽しむ最強スポット『モビリティリゾートもてぎ』へ遊びに行こう

少しずつ肌寒い日も増えてきて、お家にこもりがちになってしまう今日このごろ。寒い冬こそ、感動体験を味わいに、外へでかけてみるのはいかがでしょうか。澄みきった冷たい空気の中、数々の美しい花火が彩る特別イベントが栃木県の『モビリティリゾートもてぎ』で開催決定!今回は、『モビリティリゾートもてぎ』で開催される年明けイベント『New Year HANABI』の最新情報と、大人も子どもも楽しめる施設の魅力をまとめて紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

家族で楽しめると大注目『モビリティリゾートもてぎ』って?

提供:モビリティリゾートもてぎ
『モビリティリゾートもてぎ』は、栃木県芳賀郡茂木町(はがぐんもてぎまち)にあるモビリティテーマパークとして今話題のスポット。グランピングや空中アスレチック、レーシング体験など、小さなお子様でもめいっぱい遊べるアトラクションがたくさんあり、家族旅行に特におすすめです。
さまざまな冒険が待っている『モビリティリゾートもてぎ』。実はこの冬、新たな特別イベント『New Year HANABI』の開催が決定!本記事では、その情報をいち早くご紹介しつつ、『モビリティリゾートもてぎ』の見どころもあわせてご紹介します。

澄んだ夜空を彩る花火の祭典『New Year HANABI』に行ってみよう!

提供:モビリティリゾートもてぎ
家族とともに新しい年を迎えるのにぴったりな"花火"イベント『New Year HANABI』が『モビリティリゾートもてぎ』のレーシングコートにて2023年1月2日に開催されます!

特等席で見たいのならば、前売りチケットの購入は必須。前売りチケットは12月3日(土)から販売開始なので、ぜひ手に入れて家族との最高なお正月を過ごしてみてはいかがでしょうか?

特徴①▷空一面に広がる鮮やかな花火の演出

提供:モビリティリゾートもてぎ
このイベントの花火には、『モビリティリゾートもてぎ』だけの特別な演出が。空に打ち上げられる色とりどりの花火だけでなく、噴水のように吹き上がる花火も同時に楽しめるのです。上空と目線の高さから花火が上がるので、どのエリアからも美しく迫力のある花火を堪能できますよ!

特徴②▷花火と音楽のシンクロ

提供:モビリティリゾートもてぎ
『モビリティリゾートもてぎ』では1998年8月より、花火と音楽との融合演出をから取り入れています。当時では珍しかったこの演出は、年々精度が上がっていると話題に!花火と音楽をシンクロさせる大会の中で、最も感動する花火大会の1つとして挙げられているのだとか。感動的な音楽とともに打ち上げられる花火はより一層心を震わせる体験になるでしょう。

特徴③▷日本の名工が作る日本最高峰の花火

提供:モビリティリゾートもてぎ
今回のイベントで使用される花火にもこだわりが。全国の花火競技大会で多くの成績を残してきた老舗「菊屋小幡(きくやおばた)花火店」から提供される最高峰の花火を起用。創業明治5年から引き継がれてきた匠の技が生み出す、大小さまざまな花火は見逃せない!

チケット詳細

販売日:2022年12月3日(土)~2023年1月1日(日・祝)まで
・前売観覧券(高校生以上 2,300円)
・A席指定席観覧券(高校生以上 3,100円〜)
・S席指定席観覧券(高校生以上 3,200円)
・カメラマン席(7,000円)
・エグゼクティブスイート/プライベートスイート・VIPスイート(高校生以上14,700円)
・VIPテラスプレミアム(7,500円)
・グランデッキ(16.000円※別途要観覧券)
・1コーナーテラススカイデッキ(13,500円※別途要観覧券)
・1コーナーペアシート(3,000円※別途要観覧券)
・ビクトリーコーナーテラス(7,700円〜※別途要観覧券)
・SORAサイト(7,700円※別途要観覧券)

利用しないなんて損。宿泊施設も充実できる仕掛けでいっぱい!

『モビリティリゾートもてぎ』の魅力は花火だけではないのです。ここからは、ファミリーで楽しめる『モビリティリゾートもてぎ』の魅力を紹介していきますが、まずは宿泊施設から。花火と宿泊がセットになった嬉しいプランの紹介もしていますので、ぜひ最後までチェックしてみて。

緑に囲まれたホテルでゆったり▷『モビリティリゾートもてぎホテル』

提供:モビリティリゾートもてぎ
『モビリティリゾートもてぎ』には宿泊施設もあります。ゆったりと過ごしたい方には、『モビリティリゾートもてぎホテル』がおすすめ。ホテル内には、一日の疲れを癒やす客室のほか、採れたての食材を使ったレストラン、満天の星空の下でゆったりできる温泉、そして宿泊者限定の木工工作体験など、ここならではの自然を活かしたホテルステイが楽しめるのです。
客室は全部で3種類あり、そのどれもがほっと一息つけるような落ち着いた柔らかなデザインが施されています。森の木々をイメージした"スーペリアファミリールーム"では、家族でゆったりと過ごせるように小上がりスペースが用意されており、今日の思い出を語りあったり明日の計画を立てたりするのに最適。家族とのひとときがより充実したものになるはず。

自然の中でリフレッシュ▷『森と星空のキャンプビレッジ』

提供:モビリティリゾートもてぎ
さらに非日常を求め自然の中でリフレッシュしたい方は、『森と星空のキャンプビレッジ』を利用してみては?ここでは、今人気のグランピングから本格的なキャンプ、エアコンが完備されたログキャビンなど、自分にあった過ごし方を選べます。寒空の下、焚き火を囲んだり、自然の中だからこそできる星空観察をしてみたりと、アウトドアの醍醐味を存分に味えます。
木のぬくもりを感じさせるロッジタイプの宿泊施設「ログキャビン」は、2段ベッドやエアコン、Wi-Fiなどが完備されているため、キャンプの経験のない小さな子どもがいても安心。家族で楽しめるアウトドアイベントとして、夜はテラスでBBQを満喫してみて。「ログキャビン」は一棟貸しなので、周りを気に過ごすことができるのも嬉しいポイント。

買って嬉しい『New Year HANABI』観覧付きの宿泊プラン発売中

提供:モビリティリゾートもてぎ
『New Year HANABI』観覧付きの宿泊プランが、11月18日(金)より販売開始!花火の観覧チケットと宿泊がセットになったプランは無くなり次第終了となるので、予約サイトの確認はお早めに。他にも『モビリティリゾートもてぎ』のアクティビティが楽しめる1dayパスポート付きプランなど種類も豊富なため、事前に確認しておくと良いでしょう。

家族におすすめな理由それは、『体験型アトラクション』の豊富さ

『モビリティリゾートもてぎ』では、自然を活かしたアクティビティや、モータースポーツが体験できるエリアがあり、1日中遊べる仕掛けがたくさんあります。家族と一緒に日常では味わえない冒険を紹介します。

都会では体験できない大自然と触れ合う

提供:モビリティリゾートもてぎ
『ハローウッズ』は、"自然とふれあいながら、遊び・学ぶ。森の中で「溢れる生命(いのち)」を見つけよう。"をコンセプトに、森を活用したアクティビティで溢れるエリア。自然豊かな『モビリティリゾートもてぎ』の施設内には、約5,800種類もの生きものが暮らしており、心地よく過ごせるよう工夫されています。生き物に詳しいキャストに出会った時は、ぜひ話を聞いてみていただきたい!新たな“発見”に出会えるかもしれませんよ。
提供:モビリティリゾートもてぎ
『パーク』は、森の生きものたちが隠れるすみかをテーマにした巨大なネットアスレチックや、木登り型アスレチックなど大人も子どもも夢中になれる大規模なアスレチック、そして子どもも車やバイクの乗り物にチャレンジできるアトラクションが点在するエリア。パーク内には3歳から乗り物を操ることができるアトラクションもあるので小さなお子様がいる家族にもおすすめ。
提供:モビリティリゾートもてぎ
そんな『パーク』内の人気アスレチックがこの『迷宮森殿 ITADAKI』。巨大オブジェやアスレチックなどの障害物を進みながら、森の生態系を学ぶことができる立体迷路になっています。5階建ての立体迷路は、生態系ピラミッドそのものを表現しているのだとか。隠された14箇所のスタンプを探しながら頂上を目指して、生態系の頂点となるべく冒険へでかけてみよう!

モータースポーツ気分を味わえる爽快アトラクションを体験!

提供:モビリティリゾートもてぎ
『モビリティリゾートもてぎ』といえば、やっぱり外せないのがモータースポーツ。もちろん子どもでもモータースポーツ気分を味わえるアトラクションがあります。特にこちらの『ドリームカート』は、レース専用のタイヤを装着したレース用のタイヤを装着したかっこいいカートに乗って、爽快なレーシングを楽しむことができる人気アクティビティ。低いエンジン音を響かせながら、颯爽をコースを走る快感をぜひ体験してみて。
提供:モビリティリゾートもてぎ
『オフロードアドベンチャーDEKOBOKO』は、オフロードマシーン「DEKOBOKO」に乗って、一人前の探検家になるためにさまざまなミッションをこなす新感覚アドベンチャー。軽自動車並みの大きさもある「DEKOBOKO」で挑む冒険は迫力満点◎凸凹(おうとつ)の道や、水しぶき、時には、岩崩れに遭遇することも?子どもも大人も夢中になれる体験が待っています。
提供:モビリティリゾートもてぎ
可愛らしいみつばちがデザインされた『ぶんぶんスクーター』は、バイクのアクセル操作が体験できるアトラクション。転倒する危険がないように設計されており、自転車に乗れない子でも簡単に操作ができるのだとか。お父さんお母さんは、可愛らしい乗り物で遊ぶ我が子の姿を、しっかりと写真に残しておきましょう。

「また行きたい」と思える、この上ない思い出を大切な家族と。

提供:モビリティリゾートもてぎ
いかがでしたか?今回は、泊まれて遊べるリゾート施設『モビリティリゾートもてぎ』の魅力を宿泊、そしてアクティビティに分けてご紹介しました。ご紹介した他にも『モビリティリゾートもてぎ』にはまだ伝えきれないほどの魅力にあふれているので公式WEBページも是非ご覧ください。

そして、新たに始まる花火の祭典『New Year HANABI』に参加して、いつもと違った贅沢な年始めにしてみてはいかがでしょうか?

Amazonギフトが当たるキャンペーン実施中!

「モビリティリゾートもてぎ」のTwitter開設記念として、抽選で100名様にAmazonギフト券1000円分が当たるキャンペーンも実施中なので、併せてチェックしてみよう!

参加方法

※応募は下記リンク先「もてぎのじかん」から可能です。 引用:もてぎのじかん

※応募は下記リンク先「もてぎのじかん」から可能です。

①公式アカウントをフォロー
※Twitterで「@motegi_times」を検索 もしくは下記ボタンをクリック
②3つの選択肢から見たい #もてぎ花火 をツイート

関連するリンクこの記事に関連するリンク