• はてぶ
  • あとで
【開催中】年に1度のチョコレートの祭典!「サロン・デュ・ショコラ 2023」開催決定

伊勢丹新宿店では、『~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ』を2023年も本館6階 催物会場にて開催いたします。2023年1月19日(木)~2月5日(日)にかけて開催され、会期はPART1とPART2の2部構成となっています。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「サロン・デュ・ショコラ 2023」開催

開催期間:〈PART1〉2023年1月19日(木)~25日(水)、〈PART2〉2023年1月29日(日)~2月5日(日)

伊勢丹新宿店では、『~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ』を2023年も本館6階 催物会場にて開催いたします。「サロン・デュ・ショコラ」は、1995年にフランス・パリで誕生した、世界中から一流ショコラティエや多様なブランドのチョコレートが集まる世界最大級のチョコレートの祭典。東京新宿をはじめとする三越伊勢丹グループ各店にて毎年開催され、次回2023年1月開催で21回目を迎えます。
21回目のテーマは「LOVEこそPEACEだ!」。ショコラの美味しさはたくさんの「愛」でできています。大切な人たちへの想い。素材を育んでくれる自然への想い。互いを思いやる温かな気持ちが、つながりあいつむぎあいながら、そのひと粒、その一枚が生まれます。
ショコラの幸せの中にある優しさと強さを、すべての愛情を。味わって、楽しんで、抱きしめて。私たちの生きる世界がもっと微笑みにあふれることを願って。

※画像は、過去の別会場でのものです

2023年も、PART1とPART2の2部構成での開催となり、2023年1月6日(金)午前10時からはオンラインストアでの販売も開始されるんです。ここからは、注目の新ブランドや新作情報をご紹介していきます。

〈PART1〉TASTE OF CACAO ~広がる、楽しむ、カカオの世界~

トゥーリバース タブレット(1枚) 1,788円

Mission Chocolate/ミッション チョコレート(ブラジル)

トゥーリバース タブレット(1枚) 1,788円

今回初登場の「Mission Chocolate」は、2013年に創業したブラジル発のブランド。「他には存在しないチョコレートを作ること」にフォーカスを当て、カカオ農家との直接取引などサステナビリティにも積極的に取り組んでいます。過去5年間に世界的なチョコレートの品評会で50以上の賞を受賞。
サテソース(1枚)2,160円

FOSSA CHOCOLATE/フォッサ チョコレート(シンガポール)

サテソース(1枚)2,160円

ジェイ、チャリス、イリナの3人で立ち上げたビーン トゥ バーブランド「FOSSA CHOCOLATE」。初めて食べて感銘を受けたカカオの国=マダガスカルに生息する動物の名前をブランド名にしているそう。シンガポールのティーブランドとコラボしたお茶シリーズなど独自の世界観をもつ多彩なチョコレートを生み出しています。
プチガト―アソート(3個入)2,401円

LE CHOCOLAT DE H / ル ショコラ ドゥ アッシュ(日本)

プチガト―アソート(3個入)2,401円

「LE CHOCOLAT DE H」は、世界中のカカオの香りや味わいを日本の素材、文化と融合させ一粒のショコラに込め世界に発信するショコラトリー。2022年にペルーでカカオの自社農園を取得し、ファーム トゥ バーのチョコレート作りを本格化。サロン・デュ・ショコラ限定のプチガトーが登場予定です。

〈PART2〉THE ARTISANS ~最高峰ショコラティエの技~

サロン・デュ・ショコラ限定セレクションボックス

(16個入:16ブランドから各1個) 9,072円​

「Ensemble アンサンブル ~ともに~」

(16個入:16ブランドから各1個) 9,072円​

(12個入: 12ブランドから各1個) 6,912円

「Ma ville マ ヴィル ~地と生きる~」

(12個入: 12ブランドから各1個) 6,912円

(9個入:9ブランドから各1個) 5,616円

​「Message メサージュ ~想い~」

(9個入:9ブランドから各1個) 5,616円

ひと粒のショコラにショコラティエたちのテーマに基づく熱い「想い」が込められたサロン・デュ・ショコラ限定の贅沢なアソートボックス。今年は4種類が登場します。三越伊勢丹オンラインストアと会場〈PART2〉で販売され、ワールド チョコレートマスターズBOXは、会場〈PART2〉のみの販売となります。
(8個入:8ブランドから各1個) 4,752円

​ワールドチョコレートマスターズBOX2023

(8個入:8ブランドから各1個) 4,752円

2022年10月末のパリのサロン・デュ・ショコラで開催されたチョコレートのコンペティション、ワールドチョコレートマスターズ。ワールドチョコレートマスターズで存在感を放つ、歴代日本代表シェフ8名による特別なセレクションボックスは要チェック。

注目の新ブランド!

(左)ショコラ アソート コレクション モンターニュ(9個入) 4,860円、(右)アソート ルフレ ダヌシー(9個入)5,940円

PATRICK AGNELLET/パトリック・アニヨレ(フランス)

(左)ショコラ アソート コレクション モンターニュ(9個入) 4,860円、(右)アソート ルフレ ダヌシー(9個入)5,940円

チーズ農家に生まれ15歳から料理、パティスリーに興味を持ったパトリック・アニヨレ。フランス南東部のアルプスの街アヌシーに2004年にお店をオープンし、アルバン・ギルメ氏に師事していた息子のルイ氏含め、家族で山や湖、アルプスの大自然を背景に美味しいチョコレートやお菓子を作っています。自ら山にはいって摘んできたハーブや花を使用したショコラや、アヌシーの歴史をテーマにしたコフレなど地域性が魅力です。
(左)ショコラアソート(9個入) 3,672円、(右)コフレ195°(8個+1枚入) 3,888円

AGNÈS & PIERRE/アニエス エ ピエール(フランス)

(左)ショコラアソート(9個入) 3,672円、(右)コフレ195°(8個+1枚入) 3,888円

2013年に南フランスのロデーズで店をオープンした、共にショコラティエのアニエス&ピエール夫婦。2018年にC.C.Cのチョコレートアワードを受賞し、2019年からフランスのトップのショコラティエを紹介するC.C.Cガイドブックに掲載されました。 2021年から著名な世界的シェフ、ミシェル・ブラス氏のためにチョコレートを制作。使用する素材の多様性や、アイディアに幅があるショコラ専門店です。
(左)コフレ トレフル(6個入) 3,996円 、(右)コフレ ドゥ スティック(6個入) 3,888円

ALLÉNO & RIVOIRE/アレノ&リヴォワ(フランス)

(左)コフレ トレフル(6個入) 3,996円 、(右)コフレ ドゥ スティック(6個入) 3,888円

2022年12月にパリ7区にオープンしたショコラトリー。3ツ星スターシェフ、ヤニック・アレノ氏と、彼のレストランのシェフパティシェ、オレリアン・リヴォワール氏がタッグを組んでカカオの世界に新風を巻き起こしたと話題。チョコレート職人ではない二人が、これまでに味わったことのないチョコレートと新しい喜びをクリエイトしています。

トップシェフの新作

ショコラアソート エピキュール(4個入) 3,240円

Le Bristol Paris/ル ブリストル パリ(フランス)

ショコラアソート エピキュール(4個入) 3,240円

1925年に創業したパリ8区の5ツ星ホテル内のレストラン「エピキュール」は3ツ星を獲得しています。ホテル内のショコラ工房で生み出されるジャケティ氏のクリエーションは、ホテルならではの多様なエッセンスとジャケティ氏の個性が融合しています。「ショコラアソート エピキュール」は、同レストランのシェフパティシエの田中シェフとのコラボレーションから生まれたアソート。田中シェフの繊細なデセールの中から4種を選び、二人で意見交換を重ねて最終的に仕上がったスペシャルコラボレーションボックス。
タブレット プラリネ フランセ アマンド ドゥ プロヴァンス エ ノワゼット デュ ガール 70%(1枚)3,456円

PAUL OCCHIPINTI/ポール・オキパンティ(フランス)

タブレット プラリネ フランセ アマンド ドゥ プロヴァンス エ ノワゼット デュ ガール 70%(1枚)3,456円

2019年に20代の若さでMOF取得したポール・オキパンティ氏。南仏のリゾートホテル、オテル・デュ・キャップ エデン=ロックを経て独立。EUのBIO認証を受けた素材や自らが惚れ込んだ顔の分かる生産者の素材にこだわり、南仏のアトリエでタブレットチョコレートを生産しています。フランス産のヘーゼルナッツとアーモンドを使用したプラリネを70%ダークチョコレートの中に閉じ込めたタブレットが今回登場。
ブッシェ プラリネ(2個入)3,672円

Philippe BEL/フィリップ・ベル(フランス)

ブッシェ プラリネ(2個入)3,672円

2004年にMOF取得。カカオ豆の焙煎からチョコレート作りを行い、研究熱心なシェフとしても知られつつも真面目でチャーミングな人柄にファンも多いフィリップ・ベル氏。新作の「ブッシェ プラリネ」では、自家製のシトロンコンフィとカカオニブのヌガティーヌをプラリネの中にイン。ドーム部分ではルビーグレープフルーツ&バラの風味が楽しめます。

日本ではサロショでしか食べられないトップシェフのスイーツ

ケーク アプリコ(1個) 4,428円

TOURBILLON BY YANN BRYS/トゥルビヨン バイ ヤン ブリス(フランス)

ケーク アプリコ(1個) 4,428円

2011年にMOFを取得。パリのダロワイヨや有名ホテルを経て、2018年5月、パリ郊外にブティックをオープンしたトゥルビヨン バイ ヤン ブリス氏。トゥルビヨンとは「渦巻き」のことで、今や誰もが知る製菓技法ですが、ブリス氏がMOFの試験など節目の度に渦巻きデザインを用いたことから名づけられています。新作の「ケーク アプリコ」では、アプリコット風味のアーモンドケークの上に蜂蜜を少し加えたアーモンドプラリネをオンしています。
ケーク フランボワーズ (1個) 3,780円

Quentin BAILLY/カンタン・バイィ(フランス)

ケーク フランボワーズ (1個) 3,780円

フランス北部のリール出身のカンタン・バイィ氏は、パリでMOFパン職人の店や3つ星ホテルで修業後、2013年にクープ・デュ・モンドで優勝を飾り、2017年に満を持してお店をオープン。同年にサロン・デュ・ショコラ パリで新人賞、C.C.Cで金賞の快挙。地元愛と遊び心にあふれたシェフです。アーモンドのケーキにフランボワーズのシロップ、ヨーグルトのガナッシュ、チョコのグラサージュを組み合わせた「ケーク フランボワーズ」に注目です。

詳細情報

■サロン・デュ・ショコラ 2023
一般会期:
〈PART1〉2023年1月19日(木)~1月25日(水) ※最終日は午後6時終了
〈PART2〉2023年1月29日(日)~2月5日(日) ※最終日は午後6時終了
公式サイト:https://www.mistore.jp/shopping/feature/foods_f3/salon_du_chocolat_f
オンラインストア:https://www.mistore.jp/shopping/feature/foods_f3/salon_du_chocolat_f
※オンラインストアの販売方法等に変更がございます。​
詳しくは12月14日(水)午前10時にサロン・デュ・ショコラ 2023情報ページにて公開予定です。

東京都新宿区新宿3-14-1

3.18 07

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する