• はてぶ
  • あとで
ベーカリー&“パンをおいしく食べる“ビストロ。日本橋兜町旧銀行跡にて「BANK」オープン

日本橋兜町のパティスリー【ease】 の世界観を表現するプレイフルで上質なライフスタイルを提案する複合ショップ 「BANK(バンク)」が、日本橋兜町旧銀行跡に、2022年12月15日(木)にオープンします。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「BANK(バンク)」オープン

オープン日:2022年12月15日(木)

日本橋兜町のパティスリー【ease】 の世界観を表現するプレイフルで上質なライフスタイルを提案する複合ショップ 「BANK(バンク)」が、日本橋兜町旧銀行跡に、2022年12月15日(木)にオープンします。銀行として使われていた場所をリノベーションした建物の内装は、古材やむき出しのコンクリート、れんがなどの素材を使うことで、質感のある温かみのある空間に。また館内には、銀行時代に使われていた金庫が残るなど、兜町らしい雰囲気も感じていただけます。

【1階】

Bakery bank

施設名と同じ名前が付けられたベーカリー「bank」で提供するパンは、水分量と粉の種類にこだわることで生み出される、独特の食後感が特徴です。これによって、【ease】と同じように、定番とも、流行りとも違う大山恵介ならではの味を作り出します。パン酵母は、【ease】で育ててきた天然酵母を使用。店舗の一角では、今後自家製チーズも製造する予定だそうです。

Bistro yen

大山恵介にとって初プロデュースとなるビストロ「yen」では、「パンをおいしく食べる」をテーマに、パンに合う料理が提供されます。クラシックなフレンチの技術をベースに、シェフと大山の個性が詰まった香りや食感・食材の組み合わせが新鮮な驚きを演出しています。

【地下1階】

Coffee bar & shop coin

こだわりの食器と雑貨に加え、オリジナル家具が並ぶショップ。長く使いたくなる実用性とデザイン性を兼ね備えたアイテムをセレクトしています。オリーブオイルを使った植物性のキャンドルや、バリスタ 小田政志氏と共同で開発したブレンドコーヒー豆など、ここでしか買えないオリジナルアイテムも販売されます。

Coffee bar & shop coin

ビストロとカフェで使用している食器・雑貨・家具のほとんどがcoinのもの。食事をした際に気になったものがあれば、同じ作家のものを購入できます。coinの一角には、カフェ&バーを併設。こだわりのインテリアやお花に囲まれた空間で、お昼はコーヒーやケーキを、夜はワインやおつまみをお楽しみいただけます。
フラワーデザイナーの細川萌が手がけるフローラルデザインショップ。店内では、ドライフラワーブーケやポプリ、アロマディフューザーなどオリジナルフラワープロダクトを販売するほか、植物を使った空間装飾の提案をします。今後は、ワークショップの開催も予定しているそうです。

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をご紹介します。ぜひフォローしてみてくださいね。

詳細情報

■BANK
オープン日:2022年12月15日(木)
所在地: 東京都中央区日本橋兜町6-7 兜町第7平和ビル1F・B1F
定休日:毎週火曜、水曜
営業時間:
Bakery bank:11:00-18:00
yen:lunch : 11:30-14:00、 dinner : 18:00-22:00
coin:11:00-22:00
fete:11:00-18:00
※営業時間・定休日は変更になる可能性があります。詳しくは店舗SNSでご確認ください。

東京都中央区日本橋兜町6-7 兜町第7平和ビル1階・B1階

3.53 123
おしゃれがすぎる複合ショップ❢

日本橋兜町旧銀行跡をリノベーションして2022年12月15日にオープンした、BANK。⁡ ⁡ まずお出迎えしてくれる、エントランスの雰囲気ある木は、人々の憩いの場になれるようにとの思いを込めて植えられた、推定樹齢1000年のオリーブの木。⁡ ⁡ 扉を開けると右手にベーカリー、左手にビストロ、地下一階にはカフェ・バー&雑貨店、フラワーショップが入ってます。 ⁡ もう、入るなりスタイリッシュそのもの🥺。⁡ ⁡ ベーカリーと迷ったけど、ビストロ「yen」でランチすることに。そしたら隣のベーカリー「bank」とはプロデューサーさんが同じで、パンがビストロのランチで食べられました🙌❤️⁡ ⁡ 次女がオーダーした生パスタには、サラダとパン、私がオーダーしたものにはスープとパンがついてきました。⁡ ⁡サラダはおしゃれな草がたくさん入っていたけど、味が美味しい、と、次女も絶賛。私のスープは泡がのったカボチャのスープに、具にはバナナが入っているという楽しいサプライズ❣ ⁡ 私は【ブルグールと自家製ハムのタブレ】ってものを頼んでみたけど、ブルグールとはアワみたいなもの。パスタの一種のようで、小麦と水から作られた、着色料や人工香料を一切含まない健康的な食品👍✨ そしてそのブルグルやクスクスなどを、野菜やハーブと共に食べるお料理が、タブレ。自家製ハムがこれまたジューシーでおいしくて😍♥️♥️ オリエンタルな味に、ライムがさっぱりアクセント。いろんな食感と味が楽しめるサラダ感覚のものでした。 ⁡ 次女の【オマール海老のビスクパスタ】は、エビの香りが豊かで、麺はもちもち。 ⁡ たまらずデザートにまで手を出して、リコッタチーズのバスクチーズケーキ(1200円)を頼んでみたけど、これがまためちゃんこ美味🤩。バニラビーンズが入って香りがよく、ソフトなチーズ感に舌触りが超なめらか。上はバスクを名乗るにふさわしく焦げてんのに、中のしっとりレア感には驚き❢😳❤️ そして、焼けてる部分とレアななめらかな部分とその境目がない絶妙なグラデーションな焼き加減、憧れる❣😍❤️❤️⁡ プリンとブリオッシュのフレンチトーストも気になったんだけど、隣の方々が食べてて巨大サイズだったので今回は断念😂。かなりおいしそうでした。 ⁡ 食後は地下一階へ。照明落とした空間がこれまたシックないいムード👍❤️ フラワーデザイナーさんが手掛けるフラワーショップ「fete」も空間がとっても素敵❣ 手のひらサイズの円形のガラスケースに丁寧にひとつひとつ乾燥させたというお花が詰め込まれたかわいい世界観のpetalというアイテム(2800円)をひとつ、なかのアロマストーンにたらす香りを3つのなかから選んで購入。 甘くフルーティな香りのオイルを次女チョイスで選びました。農家さんにオリジナルで染めてもらったというパンパスグラスもめちゃんこかわいくてほしかったんだけどうちに置くにはでかすぎた😂⁡ ⁡ ショップカードが紙幣デザインでおしゃれかわいい点にもトキメキました💵❤

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する