• はてぶ
  • あとで
東洋のベニス蘇州~世界遺産の庭園がある街~

東洋のベニスと呼ばれる水郷の街蘇州は、上海から中国版新幹線で30分ほどで行くことができ日帰りが可能です。もし時間がゆるすなら一泊してのんびりと庭園を散策するのがおすすめです。中国四大庭園のうちの二つがここ蘇州にあり、“中国らしさ”をより感じられる観光スポットです。上海ほどの大都会ではないものの蘇州ならではの魅力を感じる楽しみ方を、あなた自身でプロデュースする旅をしてみてください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

15位同里古鎮トンリーグゥチェン

世界遺産にふさわしい品格

出典:i.4travel.jp

美しい古い建物がたくさん残っており、街自体が美術品のよう

出典:i.4travel.jp
同里は、蘇州から南東にある世界遺産の水郷でバスで行けます。後に紹介する退思園もここにあります。旅程に余裕がある方は同里に宿泊して満喫するのがおすすめです。
英名:Tongli Town
住所:呉江区同里鎮
営業期間:4~10月 7:30~17:30、11~3月 7:30~17:15
予算:100元
休業日なし

14位観前街カンチエンジエ

蘇州で一番栄えているストリート

出典:i.4travel.jp

蘇州料理の人気レストランもあるので、是非時間を作って立ち寄りたい場所です。

出典:i.4travel.jp
地下鉄1号線の臨頓路の駅からすぐの場所にあり、蘇州の街はこの観前街を中心に出来ています。蘇州料理のレストランや雑貨ストリートもあり、値段もリーズナブルです。蘇州土産に、グルメにここでまとめて済ませられるのでおすすめです。
英名:Guanqian Street
住所:蘇州市平江区観前街
営業期間:24時間
予算:無料
休業日なし

13位退思園トゥイスユエン

趣味で集められた書や木彫の椅子などの展示から優雅な生活がうかがえます。

出典:i.4travel.jp

素敵なお庭もありました

出典:i.4travel.jp
世界文化遺産に登録されています。任蘭生という清朝に勤めた役人が、造った個人の邸宅です。中国の庭園専門家は、退思園を「貼水園」(水に貼りつく庭園)と呼んでおり、実物を確かめるのも楽しみ方の一つです。
英名:Tuisiyuan
住所:江蘇省蘇州市呉江区同里鎮新鎮街234号

12位平江路歴史街区ピンジャンルーリーシジエチュ

古いながらも洒落たスポット

出典:i.4travel.jp

蘇州にはいくつか有名なストリートがありますが、私はここ平江路が一番好きです。

出典:i.4travel.jp
庭園は拙政園や獅子林から近い場所にあります。カフェやバー、雑貨屋さんなど木造の古い家屋や、白壁の建物が並んでおり、水路には船頭さんが漕ぐ小舟が見られます。庭園めぐりの合間にぜひ立ち寄ってみてください。
英名:Pingjianglu Lishi Jiequ
住所:蘇州市姑蘇区平江路
営業期間:24時間
予算:無料
休業日なし

11位滄浪亭ツァンランティン

個人的には蘇州、中国で好きな庭園のひとつです。

出典:i.4travel.jp

敷地内は昔の中国の世界が繰り広げられます。

出典:i.4travel.jp
蘇州の四大名園の一つで蘇州の中では最も古い庭園だと言われています。蘇州の主要なツアーコースには含まれていないことが多く、比較的人が少ない観光スポットで、庭園でのんびり過ごせておすすめです。
英名:Canglangting
住所:江蘇省蘇州市滄浪亭街3号
営業期間:4/21~10/20 7:30~17:30、10/21~4/20 7:30~17:00
予算:6月、11~3月 15元、4、5月、7~10月 20元休業日なし

10位太湖タイフー

まさに、太い湖!

出典:4travel.jp

三国志の船が見れる!

出典:4travel.jp
海の様な広い大きな湖です。蘇州と言えばこと湖です。三国志をイメージした船があり、三国志の戦を垣間見ることができ、中国史好きにはおすすめです。遊覧船に乗ることもできて、大きな太湖を遊覧するのも楽しみ方の一つです。
英名:Tai Hu Lake
住所:蘇州市太湖

9位盤門パンメン

水の都・蘇州ならではの雰囲気を満喫!

出典:4travel.jp

2500年前の春秋三国時代の呉の都にタイムスリップ

出典:4travel.jp
2500年前春秋三国時代の呉の策略家、伍仔胥が作った8つの門のうちの一つです。東洋のベニスと言われるだけあって水路の船を利用して行けるので、ぜひ水辺の見所を船の上から楽しんでみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する