2023年注目の静岡は絶品グルメが集結!ウマいと噂の「しずめしオールスターズ」7選

2023年は静岡に注目!今年の大河ドラマの主人公である徳川家康とのゆかりが深いスポットなど、話題であふれています。さらに、静岡にはウマいグルメも集結していることを知っていますか?巷でウワサになっている、あの味を食べられる大チャンスが到来◎静岡発のアイドルグループ、fishbowl(フィッシュボウル)のメンバーと一緒に静岡を象徴するグルメ、通称「しずめしオールスターズ」を食べてきました!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

静岡には「美味い!」と噂のグルメが大集結

提供:JR東海
静岡と聞いて思い浮かぶのは、富士山!雄大な富士山の美しい景色と共に忘れてはいけないのが…そう美味しい静岡のご飯、通称"しずめし”です◎自然豊かな静岡には、海の幸はもちろん山の幸も楽しめる絶品グルメがいっぱいあります。

今回は静岡の西部・中部・東部それぞれで人気の7店舗「しずめしオールスターズ」をご紹介。しかも今なら、JR東海とのコラボ特別メニューが味わえちゃいます。さらに、徳川家の家紋「三つ葉葵(みつばあおい)」がプリントされた、オリジナル湯呑みのプレゼント付き♪そんなことを聞いたら、静岡を訪れない理由が見つかりませんよね。この記事を読んだら、すぐに静岡へ向けて出発しましょう!

今回一緒に旅するのは…

提供:JR東海
今回一緒に旅をするのは「しずめしオールスターズ宣伝大使」として活躍中の『fishbowl(フィッシュボウル)』の皆さんです。こちらは2021年にスタートした静岡発のアイドルグループ。グループ名は金魚鉢という意味で、金魚の形に似ているといわれる静岡を「すべて包み込めるアイドルになれるように!」という意味を込めて名付けられたのだそうです。

活動当初からテレビ静岡での冠番組が開始。楽曲ではゲストボーカルを迎えたモーショングラフィックによるMV(ミュージックビデオ)をリリースするなど、静岡県内はもちろん県外からも多くの注目を集める、話題のアイドルグループです。

①▷浜名湖うなぎ丸浜

最初にご紹介するのは「浜名湖うなぎ丸浜」です。豊富な水と温暖な気候に恵まれた浜名湖周辺は、国内でも指折りのうなぎの養殖地として知られています。こちらでいただけるうなぎは、地元・浜名湖の漁協直営なので鮮度が抜群!肉厚なうなぎに、お店秘伝の甘塩っぱいタレをたっぷりと絡めて、ふっくらと焼き上げました。

上質な浜名湖うなぎをお腹いっぱい!コスパも◎

うなぎと言えば、高級食材。でも丸浜なら上質な浜名湖うなぎを、お手頃価格でお腹いっぱい食べられちゃうんです♪もちろん味も絶品!醤油よりの関東と甘みのある関西の味を、ちょうどよくブレンドした秘伝のタレは、ご飯にタレだけかけて食べる人もいるほど常連客からも人気を集めています。タレとの相性を考えて少し硬めに炊き上げた秋田こまちも、お店自慢の1つです。

平日限定のメニューとなる、まぶし茶漬けもおすすめ。最初はうな重のように楽しみ、次は薬味と出汁を加えてお茶漬けのようにいただきます。「うな重を食べるか、まぶし茶漬けにするか…」と、悩んでしまいそうですね!

【浜名湖うなぎ丸浜】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
丸浜では「うな重 竹」をご用意しました。脂がのったうなぎは食べ応えが十分!テイクアウト可能なうなぎ弁当や、お土産にぴったりな冷蔵された長蒲焼や長白焼などもそろっています。

お店の場所は、JR浜松駅 新幹線改札口から徒歩1分と好立地。新幹線で到着後すぐでも、帰る直前でも立ち寄りやすいことが嬉しいポイントですね◎

②▷五味八珍

RETRIP
続いてご紹介するのは「五味八珍(ごみはっちん)」です。こちらでは、浜松のソウルフード・餃子を思う存分堪能できます。浜松は栃木の宇都宮と並んで有名な餃子の聖地。浜松餃子は円形に並べて焼き上げて、もやしを添えるのが特徴です。五味八珍では、浜松餃子はもちろんのこと、らーめんやチャーハンにつけ麺も味わえます。エビチリや春巻といった一品料理も充実しているので、ビールと一緒にいただくのもおすすめです◎

浜松餃子とつけ麺のボリューミーなセットをペロリ♪

提供:JR東海
五味八珍には、家族でランチを食べにいくことが多いという「木村 日音(きむら はるね)」さん。麺類が大好きな日音さんが、選べる3セットの中からチョイスしたのは、浜松餃子+つけ麺セットです。名物の餃子は食べやすい一口サイズで、五味八珍特製の専用タレでいただきます。つけ麺はスープと麺の温度が、それぞれ選べるのがポイント。猫舌の日音さんは、冷たい麺と温かいスープで食べるのがお気に入りだそうです。

麺には薬味を入れず、ツルッとした喉越しを楽しむため噛み切らずに、すすって食べるのが日音流!魚介をベースとした優しい味わいの特製スープに麺を浸すと「そうそう、この味」と満足そうでした。

340gもある中太麺に餃子とご飯というボリューミーなセットですが、もちろんペロリと完食◎「小さい頃から家族で来ているので、今度は1人デビューしてみたい!」と楽しそうに話してくれました。

【五味八珍】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
五味八珍では、浜松餃子を味わえる豪華なセットをご用意しました。浜松餃子(12個)と一緒にいただくのは、らーめん・五目チャーハン・つけ麺の中から1つお好きなものが選べます。さらに、ソフトドリンクも付いてくるという大満足の内容です。浜松を訪れたら絶対に外すことができない浜松餃子で、お腹を満たしてみてはいかがでしょうか。お子様らーめんや、お子様ランチもあるので、ファミリーで訪れるのもおすすめですよ◎

(※該当店舗は、浜松駅ビルメイワン店・静岡パルシェ店・ラスカ熱海店の3店舗となります。ご了承ください。)

③▷沼津魚がし鮨

続いてご紹介するのは「沼津魚がし鮨」。駿河湾が広がる静岡では、もちろん美味しい海の幸もいただけます!沼津魚がし鮨は、沼津市場でのセリ権を持った寿司屋です。日本一深い漁場である駿河湾は、約1,200種もの魚類が生息しているそう。駿河湾の中でも、質の高い魚があがる沼津市場で毎朝競り落とされた新鮮な魚が、種類豊富にそろっています。

沼津魚がし鮨名物の「でかネタ」をパクり!

提供:JR東海
沼津魚がし鮨へは、多い時は週に何回も家族で訪れることがあるという「久松 由依(ひさまつ ゆい)」さん。魚がし鮨ではシャリの量が選ぶことができますが、ご飯好きの由依さんは少なめではなく…「当然普通で!」と笑顔でオーダーしていました。

「ネタが本当に大きくて大満足、いつもお腹いっぱい♪」と、終始ご満悦な由依さん。大好物の桜エビとエンガワがある時は、必ず注文するそうです。カニ汁は、あともう1品だけ食べたい時にぴったりだと教えてくれました。今回初めて食べた茶碗蒸しがとても気に入った様子で、これから魚がし鮨に行った時の定番メニューに加わったみたいです◎

【沼津魚がし鮨】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
『沼津魚がし鮨』では、カニ汁お椀と茶碗蒸しが付いた豪華な近海握りのセットが食べられます◎(EX旅のコンテンツポータルのプランの場合。)軍艦巻きを含む10貫のネタは、もちろんどれもビックサイズ!海の幸を思う存分堪能しちゃいましょう。

※ずらし旅プランの場合は、お味噌汁付きの近海握りセットとなります(茶碗蒸しは付きません)。

④▷静岡おでん 海ぼうず

続いてご紹介するのは、静岡のご当地グルメとして名高い静岡おでんをいただける「静岡おでん 海ぼうず」です。黒いスープに黒いはんぺんは、初めて見る人は思わず驚いてしまうかも!?静岡おでんの特徴である真っ黒なスープは、濃口醤油や味噌で味付けされています。見た目ほど濃い味ではなく、食べた人からは「意外とあっさりしている!」という声も上がっているそう。ぜひ、実際に食べてその味を確かめてください。

海ぼうずでは、おでんの他に生しらすや富士宮焼きそばといった静岡グルメや地酒がリーズナブルに味わえます。

前からずっと気になっていたお店!

提供:JR東海
静岡おでんは、よく食べるという「新間 いずみ(にいま いずみ)」さん。以前ファンの方から海ぼうずを、おすすめされたことがあったので、ずっと気になっていたそうです。「やっと来ることができて嬉しい!」と笑顔で言っていました。一般的には、辛子・削り粉・青のりをかけて食べる静岡おでんですが、シンプルな食べ方が好きないずみさんは、あえて何もかけないのがお気に入りとのこと。おでんの具には味が染み込んでいるので「白いご飯が食べたくなる〜」と、美味しそうに食べていました。

学校の給食にも出てきたという、黒はんぺんフライを見ると「懐かしい!」の一言。揚げたてでサクサク食感のフライには、ソースをかけても美味しく食べられるそうです。また、よく煮込まれた清水もつカレーは今回が初体験◎初めて食べてみた感想は「辛味が控えめなので、食べやすい!」と話してくれました。

【静岡おでん 海ぼうず】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
海ぼうずでは、静岡おでん5本の盛り合わせに、黒はんぺんフライ2本と清水もつカレー、そしてお好きなドリンクが1杯選べるセットをご用意しました。11時から営業しているのでランチにサクッと食べたり、夜ご飯でお酒と一緒に食べたりしても楽しめます。夜は平日が22時・土日祝は21時まで営業していますよ。

※該当店舗はアスティ静岡店となります。ご了承ください。
※テイクアウトの場合は、 「ドリンク1杯」が「富士宮やきそば」に代わります。

⑤▷とろろ汁の丁子屋

続いてご紹介するのは「とろろ汁の丁子屋(ちょうじや)」です。創業は、なんと慶長元年(1596年)!戦国時代より400年以上も東海道の宿場町である丸子(まりこ)宿で、場所を変えることなく営業を続けています。歴史あるお店でいただくのは、名物とろろ汁。まるで江戸時代にタイムスリップしたような風情ある古民家で、絶品のとろろ汁を食べてみませんか。

ザーザーと音を立てながら流し込むように食べる!

お店1番の人気定食は丸子!江戸時代の旅人も、数ある東海道の名物として丸子のとろろ汁をあげるほど、長年親しまれています。

とろろ汁の美味しい食べ方は、まず麦めしをお茶碗の半分程度に盛ったら、米粒が泳ぐぐらいたっぷりとろろ汁をかけます。さらに、好みの薬味をふりかけたら完成!あとはザーザーと音を立てて流し込むように食べましょう♪とろろ汁と麦めしは、空気を混ぜながら泡立てるのがポイントです。普段は混ぜたり、音を立てて食べたりするのはマナー違反とも言われていますが、この2つをすると、とろろ汁がより美味しく食べられるんですよ◎

【丁子屋】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
丁子屋でご用意したのは、とろろ汁・麦めし・味噌汁・香物のセットです。(EX旅のコンテンツポータルのプランの場合。)地元の提携農家が大切に育てた自然薯をすりおろして、風味豊かな出汁と味噌汁でのばして作るとろろ汁は、麦めしとの相性がぴったり!ご飯を何杯もおかわりしたくなる美味しさです◎

※ずらし旅プランの場合は、上記セット内容に加えて珍味(2種)+とろろ羊羹1個が付きます。

店内には、江戸時代の旅人たちが実際に使用した道具や、丁子屋に馴染みのある歌人たちの作品が展示された資料館が併設されています。とろろ汁をお腹いっぱい食べた後は、東海道の歴史にも触れてみてくださいね。

⑥▷石松餃子

RETRIP
続いてご紹介するのは創業が昭和28年、元祖浜松餃子の店「石松餃子」です。浜松は餃子の激戦区。その中で常に最高の味を提供するためには、素材を厳選するなどの努力を惜しまないそう。60年以上変わらないお店自慢の味を堪能してみては?

石松餃子の要となるのがキャベツ!季節により産地を変えて仕入れる甘いキャベツを使用することで、あっさりしているのにジューシーで、いくつでも食べられる餃子に仕上がります。

小さい頃から慣れ親しんだ安定の味◎

提供:JR東海
「休日のランチといえば…石松!」小さい頃から家族でよく訪れていたという「大白 桃子(おおしろ ももこ)」さん。好きな食べ物TOP5に入るほどの餃子好きで、特に石松は慣れ親しんだ安定の味だそうです。

石松餃子は野菜が多めで、あっさりとした味わい◎ひとつ食べると「やっぱり美味しい!」と、食べる手が止まりません。最初10個は多いかも!?と、思っていたみたいですがパクパクと食べられるので気づくと完食でした♪添えられた、もやしがいい仕事をしてくれるそうです。

3個目まではそのまま食べて、途中からラー油とコショウで味変しながら食べるのが桃子さんのスタイル。ニンニクのアクセントが軽めなので、「食後のニオイが気になる人でも食べやすいですよ」と、おすすめしてくれました。

【石松餃子】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
石松餃子では浜松餃子10個と、お好きなドリンクが1杯楽しめるセットをご用意しました。なめらかでモチモチとした食感の薄皮で包んだ餃子を、最高の火加減で焼き上げます。餃子につけるタレは、お店特製の酢醤油です。こちらは、石松餃子との相性を考えて少し甘めに味付けされています。具材・皮・特製の酢醤油が一体となった、ほかでは食べられない絶妙な味わいの餃子を食べてみませんか。

(※該当店舗は、JR浜松駅店アスティ静岡店の2店舗となります。ご了承ください。)

⑦▷東海軒

最後にご紹介するのは老舗の駅弁屋「東海軒」です。こちらは、静岡に鉄道が開業した明治22年に創業して以来120年余り、数々の美味しい駅弁を作り続けています。「駅弁と言えば東海軒!」と言うほど、静岡の鉄道旅には無くてはならない存在です。

明治29年より販売している幕の内弁当や鯛めしの他に、期間限定の駅弁などバラエティー豊富にそろっています。

長年、不動の1番人気は…定番の幕の内弁当!

提供:JR東海
東海軒の数ある駅弁の中でも不動の人気を誇っているのは、幕の内弁当です!焼き鯖やチキンカツにエビフライまで入った、まさに人気のおかずオールスターが勢揃い◎そんなおかずと合わせるのが、国内で収穫されたお米の中から厳選した独自のブレンド米です。ふっくらと炊き上げた白米は、リピーターからも「東海軒はご飯が美味しい!」と高い評価を集めています。

【東海軒】JR東海コラボの特別セットは・・・

提供:JR東海
東海軒では幕の内弁当とペットボトルの緑茶500mlのセット、または特製鯛めしの2種類をご用意しました。鯛めしは幕の内弁当と並ぶ、東海軒の定番弁当です。醤油で炊いたご飯に、甘く煮つけた鯛のそぼろを敷き詰めた素朴な味は、明治時代より変わっていません。特製鯛めしは、鯛めしの上に鯛の煮付けがのっています。香の物や煮物も添えらているので、鯛めしよりもちょっと豪華な内容です♪

"しずめし"の締めとして、帰りの新幹線に乗る前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「しずめし」を心ゆくまでご賞味あれ!

提供:JR東海
「しずめしオールスターズ」7選をご紹介しましたが、いかがでしたか?ご当地グルメの浜松餃子や静岡おでん、新鮮な魚に脂がのったうなぎ、江戸時代の旅人たちが愛したとろろ汁に、老舗の駅弁と、静岡には美味しいものがいっぱい◎2023年の大河ドラマでも話題の静岡で、人気の”しずめし”を心ゆくまでご賞味あれ!
出典:www.youtube.com

fishbowl「完食」しずめしオールスターズVer

しずめしオールスターズ宣伝大使の就任を記念して「完食」特別verを公開。 2022年10月、JR東海が応援企業に就任。ホテル ...

この記事に登場した方:fishbowl

静岡発、2021年にスタートしたアイドルグループ。fishbowl(フィッシュボウル)とは「金魚鉢」という意味で、「金魚」のような形に見えるといわれる静岡県すべてを包み込めるアイドルになれるようにということで名付けられた。2022年10月、JR東海が応援企業に就任、ホテルアソシア静岡でのプレミアムファンミーティングの開催など、JR東海とのコラボ企画「推し旅アップデート」キャンペーンを行う。アイドル楽曲大賞2022(インディーズ/地方アイドル楽曲部門)では、楽曲「熱波」が1位に選ばれるなど、今後の活躍に期待が高まる。 提供:JR東海

静岡発、2021年にスタートしたアイドルグループ。fishbowl(フィッシュボウル)とは「金魚鉢」という意味で、「金魚」のような形に見えるといわれる静岡県すべてを包み込めるアイドルになれるようにということで名付けられた。2022年10月、JR東海が応援企業に就任、ホテルアソシア静岡でのプレミアムファンミーティングの開催など、JR東海とのコラボ企画「推し旅アップデート」キャンペーンを行う。アイドル楽曲大賞2022(インディーズ/地方アイドル楽曲部門)では、楽曲「熱波」が1位に選ばれるなど、今後の活躍に期待が高まる。

この記事の感想を教えてください
この記事の内容に興味がわきましたか?
その理由を教えてください