韓国旅行のススメ。コスパよく楽しむ3泊4日プランはこれだ!

コロナ禍の規制も次第に緩くなり、気軽に海外旅行にいけるようになりましたね。そんな中で日本に最も近い外国「韓国」は、日本人が選ぶ人気の海外旅行先の1つで、今すぐにでも行きたい方もたくさんいることでしょう。今回は筆者が実際に韓国旅行に行ってきたので、そちらの様子をご紹介したいと思います!(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【12:40】成田国際空港から出発

出発は成田国際空港から。チェックインを2時間前までに済ませ、搭乗までの間ラウンジでゆったりしたり、空港内の飲食店で軽食をとったり時間を潰しましょう。出国審査などでバタバタしたくない方は、チェックインが済んだら早めに搭乗口に向かうのも良いかもしれません。

詳細情報

千葉県成田市古込1-1

3.38 15390
空港の非公開エリアを巡る飛行機好きさんにはたまらないワクワクドキドキなツアー

成田空港第二ターミナル、バス乗り場からオープントップスカイバス(屋根なし2階建てバス)に乗車しますが、ツアー自体がいつでもやっている訳ではなく、限られた日のみしか催行しない上(次回は夏)、毎回同じ内容でもないので、プレミアムなツアーでした。   私が参加したツアーでは、日本では成田空港にしかない空港職員がターミナル周辺の航空機や車両の動きを管理するランプセントラルタワーへ入場し、上空から360°成田空港を見学! (安全管理上、実際の業務見学はできません) その後、専用通路からターミナルへ侵入し、飛行機や車両をバスで走りながら間近で見れます。 世界各国の飛行機や貨物地区、整備地区が見られるのは国際空港ならでは。 走行中、運良くユナイテッド航空がバスの真上を飛んだのは感無量。迫力満点でした。 他にも飛行機の燃油タンクを見たり、元々は広大な牧場だった頃の名残りある場所で、降車し、離着陸する飛行機を写真撮影見たり…   ただしバスはフライングホヌ等、目に焼き付けておきたい飛行機の離着陸時間に合わせて移動するので、ドライバーさんは大慌て! 記憶に残る思い出の1ページになりました✨ 🚨注意事項🚨 ①飛散・落下防止のため、持ち込可能手荷物は貴重品やカメラなど必要最小限のみ ハンカチ等飛散の可能性がある物の走行中の使用は不可 ②雨天時も屋根は空いたまま運行します 傘の使用はNG。雨天時はカッパの用意があります ③走行中カメラやスマートフォンで撮影する場合は、首から下げられるストラップの装着厳守 ④自撮り棒や三脚、ゴープロ等撮影用補助機材の持ち込み、使用不可

【16:00】仁川国際空港に到着

16:00頃に仁川国際空港に到着。仁川国際空港は、オープン以来幾度となく世界ベスト空港に選ばれているアジア最大のハブ空港です。空港内には様々な飲食店やスパ施設があるので、フライトの疲れをそちらで癒すのもアリかもですね!
今回は滞在先が空港から少し離れていたので、入国審査を済ませたら仁川国際空港第1ターミナル駅に向かい、滞在先の最寄駅に向かいました。韓国内の鉄道は交通系ICカードを必ず買って、チャージする必要があります。そちらをお忘れなく!

詳細情報

Unseo-dong, インチョン広域市 大韓民国

3.27 326

【18:00】東大門エリア(宿泊&散策)

今回は東大門エリアに宿泊をしました。東大門は卸売りビルや屋台などが立ち並ぶ眠らない街として知られています。ソウル市内の観光地へのアクセスも良く、宿泊にオススメの地域です!
ホテルにチェックインをして荷物を置いたら、東大門の街へと繰り出します。お腹が空いていたのでまずは腹ごしらえ。ガッツリ食べたかったので、サムギョプサルと牛焼肉をいただきました!お酒との相性も抜群です。東大門エリアには美味しそうなお店がたくさんあります。

詳細情報

【22:00】汗蒸房(チムジルバン)でリフレッシュ

ご飯や買い物を済ませたら、韓国式スーパー銭湯「汗蒸房(チムジルバン)」へ。ほとんどの施設が24時間営業で、今回訪れた「スパレックス東大門」も24時間営業でした。こちらには、大浴場の他にサウナなどリフレッシュできる施設が兼ね備えられています。
スパレックス東大門の休憩空間は、伝統韓屋スタイルで統一されており、韓国特有の情緒も体験することができますよ。一通りリフレッシュできたら、明日の観光の体力をつけるために、ホテルに戻って就寝しましょう。

詳細情報

Jangchungdan-ro,Gwanghui-dong,Jung-gu,Seoul,大韓民国

3.35 321

2日目

【11:00】The Hyundai Seoul(ザ・ヒュンダイ ソウル)

2日目は韓国のトレンドスポットへ!まずは、「The Hyundai Seoul(ザ・ヒュンダイ ソウル)」へ向かいました。汝矣島駅が最寄りです。こちらは2021年にオープンし、既存の百貨店のイメージを覆す全く新しい百貨店です。広い室内空間の約半分が、庭園やベンチといった休憩場所になっているのが特徴的です。
最先端のファッションブランドから、国内外で人気のレストランまで様々に揃います。今回は一通り買い物を済ませたら、昼食をこちらで済ませました。食堂街、フードトラック、マーケットが揃った地下一階でのお食事がおすすめですよ!下の写真は、そちらでいただいたプルコギチゲ定食です。

詳細情報

【16:00】弘大(ホンデ)散策

The Hyundai Seoulでお買い物・昼食を済ませたら、弘大(ホンデ)へ。汝矣島駅から弘大駅までは、電車で20分くらいでした。弘大は、若者たちが集まるサブカルチャーの発信地です。個性的なショップやカフェが立ち並び、街は活気で溢れています。
買い物に加え、夜ご飯も弘大でいただきました。今回は「Noonaholdak Hongdae」でチキン料理をいただきました!外はカリカリ食感、中はジューシーでビールとの相性抜群で最高!弘大にはクラブ通りと呼ばれるクラブが立ち並ぶストリートもあるので、深夜まで楽しみたい方にもぴったりの街ですよ。今回は食事を済ませたら、ゲームセンターで遊んだりして、そのあとは東大門に向かいました。

詳細情報

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する