• はてぶ
  • あとで
旬野菜とフルーツの美味しさを伝えるレストラン。表参道にて『DEK 青山』オープン

旬野菜とフルーツの美味しさを伝えるレストラン『DEK 青山』が、2023年2月10日(金)、表参道駅近くの商業施設『グラッセリア青山』にてオープンしました。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

青果レストラン『DEK 青山』オープン

オープン日:2023年2月10日(金)

旬の青果を楽しめるレストラン『DEK 青山』が、2023年2月10日(金)、「グラッセリア青山」にオープンしました。当店は、確かな目利きで選び抜かれた青果をふんだんに使用したメニューを提供します。東洋一の青果物取扱量を誇る大田市場から毎日取り寄せる食材は、100年近い歴史をもつ老舗仲卸のバイヤーが厳選。本当に美味しい日本の旬の青果を最適な調理方法で提供できるよう、 青果のLABとして専属シェフやパティシエ、ソムリエ達が日夜研究を重ねているそうです。
店舗は2フロアの構成となっており、1階は家族や友人、また、お一人でも気軽に楽しめる「DEK KITCHEN」です。フルオープンで一体感のあるテラス席や、清潔感のあるタイルが印象的なアイランドキッチンが明るく開放的な空間を演出。提供する料理は、新鮮な食材ならではの素材の味を活かした「DEKサラダ」やスイーツ、パスタなど、カジュアルにお楽しみいただけるラインナップが提供されます。また、入り口には目からも旬を感じられる青果のディスプレイを設置するなど、魅せる工夫も複数に渡り施されています。
2階は、日本の青果の魅力を最大限に生かした料理をフルコースで味わえる、上質な空間の「DEK DINING」です。シェフやパティシエ、ソムリエ達が、旬の青果の美味しさを引き出すため日々研究した成果を、心がほっと温まるような一皿に仕上げて提供されます。ジャンルにはこだわらず、料理から四季が感じられることを大切にしています。クルーズダイニング=船卓をイメージした落ち着いた空間でゆったりとくつろぎながら、中央のシェフズキッチンを目でも楽しみつつ、そこで調理されたメニューやカクテル、ワインをお楽しみいただけます。

1階 DEK KITCHENおすすめメニュー

DEKサラダ 生ハム添え

レタスや3種の旬野菜のマリネ、自家製ピクルス、季節の果物など、一皿で様々な味が楽しめるサラダ。お好みの自家製ドレッシングで。

(フルサイズ)アサイーグラノーラ

アサイーに沖縄県産バナナと季節の果物、自家製メープルグラノーラをトッピング。

静岡県産クラウンメロンと生ハム

静岡県産クラウンメロンと切り立ての生ハムが合わせられています。

苺”とちあいか”とブラータチーズ

栃木県産「とちあいか」をたっぷりと使用し、新鮮なブラータチーズと組み合わせられています。

阿波牛のグリル

徳島県産阿波牛の希少部位いちぼ(元)を使った炭火焼グリル。自家製醤油オニオンソースでお召し上がりいただきます。

店舗デザイン

「DEK 青山」は旬の青果の魅力や、美味しさを伝える場所として設計されています。ぜひ足を運んで、料理とともにそのこだわりある空間を体感してみてくださいね!

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をご紹介します。ぜひフォローしてみてくださいね。

詳細情報

■DEK 青山
オープン日:2023年2月10日(金)
店舗住所 : 東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山1・2F
電話番号 : 03-6803-8507
営業時間. : 8:00~22:00(LO.21:30)
店休日 : なし
席数.  : 1階 52席(店内33席、テラス 15席、外カウンター4席)
2階 42席  計 94席
坪数 : 1階 38.0坪 、2階 35.57坪 計 73.57坪
URL. : https://dek.world
※2F「DEK DINING」は今春オープン予定です。

DEK 青山

東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山1・2階

3.30 644
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する