これぞ日本の冬!RETRIP日本の1月のいいね数ランキング

みなさん、RETRIPがインスタグラムをやっていることはご存じですか?「@retrip_nippon」というアカウントでは、注目の日本国内の観光スポットをご紹介しています。今回はその「RETRIP日本」のアカウントで1月に投稿された写真の中からいいね!数が多かったものを、TOP5のランキング形式でご紹介します。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。お出かけの際は必ず事前に情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【第1位】銀山温泉 / 山形

いいね!16,108件

山形県の「銀山温泉」。銀山温泉は、かつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」に由来しています。大正末期から昭和初期に建てられた旅館が、銀山川の両岸に沿って軒を並べ、昔ながらのレトロな景観を味わうことができます。

詳細情報

予約する

銀山温泉

山形県尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

4.28 421411
能登屋旅館さんに宿泊しました

大正時代の雰囲気が味わえる銀山温泉。 町が観光スポットという、散歩だけで楽しい場所でした。 見て回るところはそんなにたくさんないですが、奥の方には滝もあり、ゆっくり山登りもしました。 工事中であったので、奥の方は諦めたのですが、ゆっくりゆっくり回って2時間ほど楽しめました。 山登りとかしない方には観光の時間は1時間もいらないかなという感じですが、お土産屋さんやお酒屋さん、喫茶店のようなところもあり、ゆっくり過ごすにはとても最適なところでした。 昼と夜では雰囲気も全く異なり、1日で2度美味しい場所でした。 冬には雪が積もるようで、また一味違う雰囲気を味わうことができると聞いて、また冬にも行きたいなと思いました。 旅館の浴衣、下駄を履いて散歩するのもとても趣があり楽しかったです。 私は体験していませんが、大正時代の衣装の貸し出しをしているところもあるそうですよ。 能登屋旅館さんはとてもアットホームな雰囲気で、チェックインからチェックアウトまで良い対応をして頂きました。お食事も大変美味しかったです。 温泉は予約制で貸切のところや、空いてたら貸切ができて入れるという温泉、大浴場と3種類もあり、部屋食もできるのに20000円程の宿泊料でした。とてもリーズナブルで大変貴重な体験ができたと思います。

【第2位】メタセコイア並木 / 滋賀

いいね!11,188件

滋賀県の「メタセコイア並木」。マキノ高原へのアプローチ道として、全長2.4kmの道に約500本のメタセコイアが植えられています。季節によって異なる趣が魅力なこちらのスポット、冬には雪化粧した美しい姿を見ることもできます。雨上がりは幻想的なリフレクションに出会えるかもしれません。

詳細情報

【第3位】会津東山温泉 向瀧 / 福島

いいね!9,382件

福島県の「会津東山温泉 向瀧」。国の登録有形文化財に指定されており、明治時代の創業以降、令和の今も変わらず歴史の湯を引き継いでいます。静寂な雪景色の中で輝く竹灯籠の灯りが、幻想的な雰囲気を演出しています。

詳細情報

会津東山温泉 向瀧 (MUKAITAKI)

福島県会津若松市東山町大字湯本川向200

- 06

【第4位】新倉山浅間公園 / 山梨

いいね!7,725件

山梨県の「新倉山浅間公園」。展望デッキから望む富士吉田の街並みと五重塔「忠霊塔」、そしてその先に広がる富士山はまさに絶景の一言で、日本の冬ならではの趣を味わえます。またこの忠霊塔では、毎日夕刻から22時までライトアップが行われおり、日没後は富士と市街地の夜景が織り成す幻想的な夜の風景を堪能することもできます。

詳細情報

新倉山浅間公園

山梨県富士吉田市新倉浅間2ー3353

3.49 32711

お出かけ前に「RETRIP日本」をチェック!

いかがでしたか?皆さんの気になるお出かけスポットや旅行先はありましたか?「RETRIP日本」のインスタグラムアカウントでは、注目の日本の観光場所や絶景スポットをたくさん発信していますので、ぜひフォローしてみてくださいね。(こちらの情報は記事更新時点のものです。事前に最新情報をご確認ください。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する