• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
燃え続ける大地の穴!トルクメニスタンの「地獄の門」で野宿してみた

まるでSF映画のような不思議な絶景、トルクメニスタンの「地獄の門」。40年間も燃え続けるガスクレーターのこの絶景がみられるのは今だけかも!?ということで、実際に行ってみました。

このまとめ記事の目次

トルクメニスタンってどんな国

日本人にはあまり馴染みがありませんが、トルクメニスタン共和国は中央アジア南西にある国です。
天然資源が豊かであり、独自の文化も美しいトルクメニスタン。ビザ取得が煩雑なため、日本人の旅行先としてはあまりポピュラーではないかもしれません。
その独裁的な政治体制から「中央アジアの北朝鮮」と揶揄されることもありますが、永世中立国として「中央アジアのスイス」を目指し発展の道を歩んでいます。

40年間燃え続ける、トルクメニスタンの「地獄の門」とは

トルクメニスタンの首都、アシュガバットの北約250kmに位置するダルヴァザ、ここには地球上他のどこでもみられない驚愕の絶景があるとのこと。
それがこちら、通称「地獄の門」。CGのような光景ですが、大地に開いた直径50メートル以上の大穴のなかでガスが延々と燃え続けているんです。
この地獄の門ができたのは1970年代のこと。この地域の地下に眠る天然ガスの調査をしていたときに土地の陥没が起き、大きなクレーターができてしまいました。
ガス漏れによる事故を防ぐため、漏れ続けるガスには炎が放たれました。それ以降約40年ものあいだ、この大地の穴は延々と燃え続けてきたのです。
今回は筆者が実際に地獄の門を訪れた体験を元に、その絶景の美しさをご紹介します。

砂漠を歩くこと1時間半

荷物は集落のお店に置かせてもらい、砂漠に繰り出します。

地獄の門に行くには、ダルヴァザの集落を拠点にバイクや車、あるいは徒歩で砂漠を越える必要があります。今回は徒歩でダルヴァザを目指すことにしました。
コンパスとGPSを頼りに、砂漠のなかにある地獄の門を目指します。日が暮れ始めてから出発した場合、炎の光で見つけやすくなるようです。
途中にはトカゲちゃんがいたり、
ラクダの骨があったりと、驚くべき砂漠の世界...。
そんなこんなで歩くこと約1時間半、やっと地獄の門に到着です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

jiba-nyan2海と猫を愛する道産子ライター。旅した国はまだ18カ国、今はカミーノ巡礼が気になります...

このまとめ記事に関して報告する