現代からタイムスリップ!福井のノスタルジー旅をレポート!

北陸新幹線の延伸で大注目の福井県。美しい景色、美味しい食事、豊かな文化が詰まった福井の魅力を探求し、新しい冒険に出かけてみませんか?実際にいってみて感じた、福井のおすすめのスポット7選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

曹洞宗大本山永平寺

今回の旅でまず向かったのは『永平寺』。日本の禅の聖地として知られ、歴史と静けさが調和した場所です。禅の創始者、道元禅師によって1244年に建立され、70以上の神秘的な建物が山間に点在し、その美しさはまさに圧巻の一言。この神秘的な寺に足を踏み入れ、禅の精神と歴史に触れてきました。
中に一歩踏み入れると、そこは非日常を感じる空間。それもそのはず、法堂、仏殿、僧堂、庫院、山門、東司、浴室、それらすべてが禅の修行者たちにとって特別な場所だから。修行僧の経を唱える音、どこか落ち着く木々の香り、細部までこだわった美しい内観・・・歴史を五感で感じることができる魅惑の空間です。特に法堂では、座禅を行う修行僧たちの厳格な修行の一部を垣間見ることができ、これもまた一興です。
お寺の中だけでなくまわりも圧巻。山々にギュッと囲まれた自然が豊かな場所で、禅の精神に触れるには絶好のスポット。日頃の疲れは癒され、心は穏やかになること必至です。
拝観後には福井名物「越前おろしそば」を食してきました。たっぷりの大根おろしと削り節をのせた冷たい蕎麦で、その美味しさは一度食べるとクセになること間違いなし。福井では冷たいおろしそばが冬の寒い季節にも人気で、地元の人々にとっては定番の料理となっているそう。そのシンプルながらも風味豊かな蕎麦と、ピリッとした辛みのある大根おろしは、寒さを忘れるほど美味しい一杯です。
永平寺の近くにもお店がたくさんあるので、越前おろしそばの味わいをぜひ楽しんでみてくださいね。

蕎麦工房お仙

福井県坂井市丸岡町小黒73−6−6

3.47 03

東尋坊

福井の王道といったら外せないのが『東尋坊』。その正体は、海岸線に連なる巨大な柱状節理で、その断崖絶壁に立つと、まるでサスペンスドラマの世界に引き込まれるような臨場感が広がります。この景観は「世界三大奇勝」にも数えられるほどの稀さと美しさを誇り、国内外で高く評価されています。
東尋坊は「国の天然記念物」であり、「日本の地質百選」にも選ばれている、その名に恥じない福井を代表する絶景スポットといえます。夕方に訪れてみましたが、これが大正解。「日本の夕陽百選」にも選ばれているだけあって、この時間の東尋坊はまさに壮観。時間の都合がつくなら夕方がおすすめです。
さらに時間に余裕があるなら遊覧船に乗ってみてください。地上からは見られないこの断崖絶壁の新たな一面を拝めます。遊覧船に乗れば、断崖絶壁を下から見上げる大迫力の自然を存分に楽しめます。東尋坊、上から見るか、下から見るか。この自然の壮大さを全身で感じてみるのは、いかがでしょうか。

三国湊

続いて向かったのは、東尋坊からもほど近い『三国湊』。江戸から明治時代、北前船交易の拠点として栄えた場所です。今も残る伝統的な町家や豪商の面影が、まるでタイムスリップしたかのようなレトロな町並みを形成しています。
三国“湊”というだけあって、いまでも漁業が盛んなこの地域ではおいしいお魚を食べられますよ。近くの三国港市場では、朝市もやっているので早起きしていってみるのもおすすめです。
今回はお昼時に『魚志楼』にお邪魔してきました。夏から秋にかけてはエビが名産品ということもあってまさに美味、もう少し時期が遅ければカニもいただけます。さらに知る人ぞ知るウニの名産地でもある三国湊では、最高級のバフンウニを加工した塩ウニが人気を博しています。塩っけの中にあるうまみは、お酒のおつまみによし、ご飯のお供にもよし。おみやげにおすすめしたい一品です。

三国湊町

福井県坂井市三国町北本町4-4

3.00 04

料理茶屋 魚志楼

福井県坂井市三国町神明3-7-23

3.30 116
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

福井県立恐竜博物館

続いては説明不要の王道スポット『福井県立恐竜博物館』です。大人から子供まで楽しめる、まさにタイムトラベルのような非日常体験ができます。恐竜時代への扉が開かれ、広大な展示室には、50体もの恐竜骨格をはじめとして1000を超える標本の数々、大型復元ジオラマや映像など、1日があっという間に過ぎていくワクワクなコンテンツばかりです。
右を見ても、左を見ても、上を見ても、下を見ても恐竜。こんな経験は絶対にここでしかできません。幼少期の頃に感じた、恐竜に対するワクワクした気持ちを思い出させてくれます。童心に帰り、恐竜に対するワクワクした気持ちや面白い発見ができる場所です。王道スポット侮ることなかれ。

福井県立恐竜博物館

福井県勝山市村岡町寺尾51-11 福井県立恐竜博物館

3.81 36676
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

福井県立恐竜博物館 レストラン!シンのグルメ日記

比島駅より徒歩30〜40分の場所にある洋食屋さん 福井県立恐竜博物館 レストラン。 福井県を代表する観光地、福井県立恐竜博物館の中にあるレストラン。駅からかなり距離があるため、勝山駅からバスで向かうか、自家用車で向かうのが無難です。 福井県立恐竜博物館内はレストランがここしかなく大混雑するので、かなり早めの時間が狙い目。整理券を発行した後、館内を見て回って時間を待てるのは嬉しい配慮ですね。 今回いただいたメニューはこちら。 ----------------------------- ◾肉食ティラノバーガー 小ぶりで食べやすいサイズ感のミニバーガー。程よく肉汁が溢れるハンバーグはなかなかのクオリティで、トロトロチーズとふんわりとしたパンのバランスも絶妙です。 ◾スピノサウルスカレー スピノサウルスの見た目に盛り付けた、人気のカレーメニューは、かなり甘口のカレーなので、子どもでも食べやすい仕上がり。カリッと食感の良い手羽先の唐揚げが印象的でした! ----------------------------- 福井県立恐竜博物館を観光するついでに、ぜひ訪問してみてください。 ごちそう様でした! ※Instagram グルメアカウント https://www.instagram.com/shunsuke.naka/ (フォロワー1万人突破!) ※グルメブログ https://syn-gourmet.com ※総合リンク https://lit.link/syngourmet

丸岡城

姫路城や松本城などと並ぶ、現存12天守の一つ『丸岡城』。その天守は国の重要文化財に指定されています。市内からもほど近く、ふらっと立ち寄るのにもおすすめ。一足中に踏み入ると、まるでタイムスリップしたかのような当時を感じさせる造り。東尋坊を彷彿とさせる急な階段を上ると、城というだけあって城下町の全貌を眼下に望むことができ、過去の時代への想像力を掻き立てられます。
春夏秋冬で違った顔を覗かせる、城の麓の美しい庭園も見逃せません。
特に春になると、約400本ものソメイヨシノ桜が咲き誇り、城にさらなる美しさを添えています。城内外での散策は心地よく、訪れる価値アリですよ。

丸岡城(福井県)

福井県坂井市丸岡町霞町1-59

3.32 14204
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

谷口屋

福井の美食といえば、越前ガニ?越前蕎麦?いやいや、忘れちゃいけない『谷口屋』の油あげ。
100年以上続く、油揚げと豆腐の老舗「谷口屋」では、特別な一品「太白おあげ」が楽しめます。ここでしか食べられないこの油あげ、注文してそのボリュームに思わずびっくり。外はサクサク、中はジューシーで、秘伝のタレが絶妙に染み込んでいて、まさに美味。油あげがメイン料理になるなんて思いもしませんでした。
見た目はボリューム満点ですが、揚げ物でありつつ、大根おろしと一緒にいただくとペロリと食べられちゃいます。特に油あげづくしの「油あげ御膳」はがっつり食べたい人におすすめ。

竹田の油あげ 谷口屋

福井県坂井市丸岡町上竹田37-26-1

3.39 865
参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

あわら温泉

最後のスポットは『あわら温泉』。旅の疲れを癒すのはやはり温泉でしょう。
ここは福井の名湯で、リラックスと癒しの場として名高い温泉。あわら温泉は、山々や湖の近くに位置し、静寂と美しい風景が訪れる者を迎えてくれます。周辺には伝統的な旅館や宿が点在しており、地元の食材を使った美味しい料理も楽しみのひとつ。
「関西の奥座敷」とも呼ばれるあわら温泉は、明治時代以降たくさんの文人、詩人に愛されてきました。その風情と雰囲気は今でも感じることができます。温泉の泉質や効能が宿ごとに違うのが特徴で、源泉が74本もあるそう。あなたにあった唯一無二の温泉に出会えるかも。
予約する

あわら温泉

福井県あわら市

- 019

いかがでしたか?

北陸新幹線の延伸で益々便利になった福井へのアクセス。福井の数々のスポットを巡り、様々な体験をしてきました。禅の精神を感じる永平寺、恐竜時代へのタイムトラベルを楽しむ恐竜博物館、歴史と文化に触れる丸岡城、そして癒しとリラックスのあわら温泉。福井は本当に多彩な魅力を持つ場所です。福井を訪れることで、新たな発見と出会いが待っています。是非訪れてみては。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

RETRIP編集部旅行・おでかけまとめアプリRETRIP<リトリップ>のエディターズアカウントです。国内外の観光スポットや、話題のグルメから最新のイベントまで、あらゆる「旅行&おでかけの情報」を、厳選して毎日配信中♪

このまとめ記事に関して報告する