電車旅で絶景に出会える♡この冬押さえたい滋賀のフォトジェニックスポット6選!

日本最大の湖・琵琶湖が県土の6分の1を占める滋賀県。「琵琶湖八景」や「近江八景」など豊かな自然や景色が楽しめる滋賀県には、冬の時期に思わず写真を撮りたくなるようなフォトジェニックスポットがたくさんあります。今回はそんな滋賀県の魅力を、車の免許を持っていない方でもアクセスできるスポットに絞って6つご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

滋賀は京都・大阪・名古屋からのアクセス抜群!

提供:琵琶湖環状線利用促進協議会(事務局:滋賀県)
滋賀県は、関西、中京、北陸、それぞれのエリアに囲まれ、実は電車を使えばとてもアクセスしやすいのが魅力のひとつ!大津駅までは京都から9分、大阪駅から39分でアクセスすることができ、米原駅までは名古屋から新幹線を使わずに、約1時間10分でアクセスすることができますよ。

アクセス時間目安

※アプリでご覧の方:画像はタップすると拡大できます。

【冬の滋賀魅力スポット①】 ローザンベリー多和田 / 米原駅

提供:ローザンベリー多和田
米原駅からバスで約30分でアクセスできる「ローザンベリー多和田」。バラと宿根草の英国式庭園や「ひつじのショーン」のリアルワールドが楽しめる「ひつじのショーン ファームガーデン」など、大人も子どもも一緒になって楽しめる体験やグルメがたっぷりと詰まっている庭園で、関西最大級とも言われるイルミネーションは冬ならではの見どころ!
提供:ローザンベリー多和田
“まるで絵画の中にはいったような” 体験没入型イルミネーション「ひかり奏でる丘〜ローザンイルミファイナル〜」が、2024年2月12日(月・祝)まで開催中。コロナ禍の観光事業復興を目的にスタートしたイルミネーションですが、コロナの終息に伴いなんと今年がラストの開催に!
提供:ローザンベリー多和田
時を刻む “白銀の森” では、100本ものツリーに囲まれた森を進み、白銀に輝く時計塔と宝石のようにきらきらと輝くショーを楽しむことができます。その他にも、2023年夏に登場した可愛いお菓子のエリア「キャンディガーデン」がカラフルに演出され、世界唯一の「ひつじのショーン」のイルミネーションが楽しめますよ。
提供:ローザンベリー多和田
イルミネーションの時期限定で、こたつで温まりながら鍋を楽しめる「こたつ鍋プラン」が登場。女性に大人気な「れもん鍋コース」や、麺と雑炊のWシメで大満足の「もつ鍋コース」など、心惹かれるメニューが勢揃いです。

【冬の滋賀魅力スポット②】 メタセコイア並木 / マキノ駅

提供: (公社)びわこビジターズビューロー
滋賀県を代表する絶景スポット「メタセコイア並木」。農業公園「マキノピックランド」を南北に走る約2.4kmの県道に約500本のメタセコイアが植えられており、人々の心を魅了します。近江今津駅から最寄りのマキノ駅まで約8分、そこからバスで約6分ほどでアクセスすることができます。
提供:(公社)びわ湖高島観光協会
冬の時期、「メタセコイア並木」はロマンチックな雪景色に様変わり。風がそこまで強くない日には、雪化粧したメタセコイアが見れることも。まるでドラマのワンシーンかのような息をのむ美しさに、心奪われること間違いナシです!
提供: グランピング&カフェMUKU
メタセコイア並木は「グランピング&カフェMUKU」から眺めるのもおすすめ。こちらの施設では、ドーム型テントやトレーラーハウス、愛犬と泊まれるお部屋もあり、グランピングが楽しめます。
提供:グランピング&カフェMUKU
併設されたカフェでは、日帰りの方も気軽に利用することができます。カフェのイチオシは「ローストビーフ」や「エビ&アボカド」をぎゅぎゅっと詰めた自慢のクロワッサンサンド。メタセコイアを眺めながらカフェでほっと一息。そんな贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

【冬の滋賀魅力スポット③】 余呉湖 / 余呉駅

提供: (公社)びわこビジターズビューロー
日本最古とつたわる “羽衣伝説” がのこる神秘の湖「余呉湖」では、水面に空や景色が全て映り込み、はっとするような美しい世界が広がります。写真を撮る際は、風の少ない朝方が◎。米原駅から約30分でアクセスすることができ、最寄りの余呉駅からは徒歩5分で湖畔へ到着することができますよ。
提供: (公社)びわこビジターズビューロー
1年を通して四季折々の姿が楽しめる余呉湖。一面銀世界となる冬の余呉湖は、まさにボリビアの「ウユニ塩湖」に負けず劣らずの絶景フォトジェニックスポットです!

【冬の滋賀魅力スポット④】 びわ湖バレイ/びわ湖テラス / 志賀駅

提供:びわ湖バレイ/びわ湖テラス
標高1,100mに位置する眺望豊かな「びわ湖バレイ」と「びわ湖テラス」。近江今津駅から志賀駅へは約30分、志賀駅からはバスで約10分ほどでロープウェイの乗り場に到着します。ロープウェイでの空中散歩や目の前に広がる山頂からの圧倒的なスケールに心打たれます。
提供:びわ湖バレイ/びわ湖テラス
冬の時期には、琵琶湖が創り出す幻想的な銀世界を楽しむことも。グランドテラスからは、琵琶湖の北から南までの写真が撮れます。湖岸まで山が迫る雄大な北湖を写しても良し、琵琶湖大橋を含めた南湖の景色を写しても良し。
提供:びわ湖バレイ/びわ湖テラス
「テラスカフェ」では、ウッディなインテリアに囲まれながらゆったりと寛ぐことができます。白パンの付いたビーフシチューやハンバーグのトマト煮、アルペンマカロニなどからだが温まるランチでほっと一息。
提供:びわ湖バレイ/びわ湖テラス
カラフルでインスタ映え間違いなしのジェラートは、マンゴーやアドベリーミルクなど、全7種類のフレーバーからチョイスすることができます!琵琶湖をお好みのアングルで眺めながら、ぽかぽかの店内で楽しんでくださいね。

【冬の滋賀魅力スポット⑤】 ラ コリーナ近江八幡 / 近江八幡駅

提供: ラ コリーナ近江八幡
SNSでも話題のフォトジェニックスポットで、お菓子と自然が楽しめる「ラ コリーナ近江八幡」。米原駅から電車で約40分、最寄りの近江八幡駅からはバスで約10分程度で到着することができますよ。
提供: ラ コリーナ近江八幡
建築家・建築史家である藤森照信さんご設計の「メインショップ」は屋根一面が芝に覆われた “草屋根” が特徴。冬の時期になると “草屋根” が雪化粧して、辺り一面真っ白な世界に!「ラ コリーナ近江八幡」は八幡山を借景に、まるで山の一部になったかのような景色が見られますよ。
提供: ラ コリーナ近江八幡
「ラ コリーナ近江八幡」は、老舗和菓子店「たねや」とバームクーヘンで有名な洋菓子店「クラブハリエ」のフラッグシップショップです!ラ コリーナ限定の「オールスターバームパフェ」は、バームクーヘンとヨーグルトクリームの上にミルクアイスとバームクーヘンの生地を使った商品を全部のせ!

【冬の滋賀魅力スポット⑥】 白鬚神社 / 近江高島駅

提供: (公社)びわこビジターズビューロー
延命長寿・長生きの神様として知られる「白鬚神社」は、湖中に朱塗りの大鳥居があり、国道を挟んで社殿が鎮座しています。白鬚神社へは大津駅から最寄りの近江高島駅まで約40分、そこからタクシーもしくはレンタサイクルでアクセスすることができますよ。
提供:(公社)びわこビジターズビューロー
1月から2月にかけて雪が降る冬の琵琶湖では、白鬚神社の鳥居に雪が積もり、朱塗りの大鳥居がよく映えます。創建以来2000年以上の歴史を誇る、近江最古の神社であり、地元の方からは「白鬚さん」「明神さん」の名で広く親しまれています。

▷せっかくならホテルもフォトジェなところを♡

提供:セトレマリーナびわ湖
絶景電車旅を楽しんだ後は、おしゃれなホテルに泊まってみてはいかがでしょうか。ここでは電車&バスで行ける2つのホテルを紹介します!

セトレマリーナびわ湖 / 守山駅(1月14日(日)~2月9日(金)まで設備メンテナンスのため休館)

提供:セトレマリーナびわ湖
「セトレマリーナびわ湖」は、守山駅(大津駅から電車で約15分、米原駅から電車で約40分)から路線バスで約20分の場所に位置するホテル。客室14室のプライベートリゾートで、ホテルのどこからでも琵琶湖の眺望を見渡すことができます。
提供:セトレマリーナびわ湖
琵琶湖を眺めながら過ごせるラウンジはオールインクルーシブ。2月までのディナーメニューは、琵琶湖一周を "巡る" 旅をイメージしたもので、シェフやスタッフが生産者を訪れ出会った、山・大地・湖が育む四季折々の食材が使われています。

琵琶湖ホテル / 大津駅

提供:琵琶湖ホテル
「琵琶湖ホテル」は京都駅から電車で約15分で行くことができる、琵琶湖を一望できるリゾートホテル。大津駅から無料のシャトルバスが運行していますよ。「琵琶湖ホテル」にある、自慢の天然温泉「瑠璃温泉 るりの湯」では、さらっとした、くせのない湯触りの温泉と大パノラマの琵琶湖の眺望が楽しめます。
提供:琵琶湖ホテル
クラブラウンジではウェルカムスイーツや、滋賀県産の食材も使用したシェフこだわりのスイーツが楽しめるティータイムも!お酒が進むセイボリーとともに味わうカクテルタイムも素敵ですよ。

▷時間があったら寄りたい!電車で行ける映えcafe

提供: 96CAFE
滋賀県にはおいしいスイーツや居心地の良いカフェがたくさん!そこで今回は、絶景電車旅で立ち寄りたい、SNS映えのするおしゃれカフェもご紹介します。

96CAFE / 長浜駅

提供:96CAFE
「96CAFE(クロカフェ)」には、長浜市にある観光スポット「黒壁」にちなんだ「黒壁ロール」や「黒壁ソフト」など個性豊かなスイーツが勢揃い。こちらのお店は長浜駅から北東方向へ徒歩5分からのところにありますよ。
提供:96CAFE
人気No,1の「黒壁ソフト」は真っ黒なチョコ味の他に、真っ赤なイチゴ味やバニラ、それぞれのミックスが販売されています。真っ黒な黒壁ソフト(チョコ味)には、“黒五“と呼ばれる5種類の黒い穀物や竹炭、ココアパウダーが調合されたソフトクリームでインスタ映えすること間違いナシのスイーツです。

カフェ叶 匠壽庵 長浜黒壁店 / 長浜駅

提供:カフェ叶 匠壽庵 長浜黒壁店
こちらも最寄りが長浜駅の「カフェ叶 匠壽庵(かのう しょうじゅあん) 長浜黒壁店」。黒漆喰の和風建築を生かした、黒壁スクエアの一角にあるカフェです。築100年の古民家を改装した店内ではゆったりとしたくつろぎの時間が流れています。
提供:カフェ叶 匠壽庵 長浜黒壁店
人気スイーツの「ふわもちどら焼き<大人のモンブラン>」は、リコッタチーズといちご、クランベリーのドライフルーツをふわもちの生地ではさみ、上から熊本県産の栗ペーストをたっぷりとかけています。お好みでホイップとラム酒のシロップを合わせる、大人のスイーツです。

電車旅で冬のフォトジェニック滋賀に出会える♪

提供: 琵琶湖バレイ/琵琶湖テラス
「ローザンベリー多和田」や「メタセコイア並木」、「びわ湖テラス」など、冬の滋賀県には絶景スポットがいっぱい!ぜひ今年の冬は、滋賀県に足を運んでみてはいかがでしょうか。駅からレンタサイクルを使って周遊出来る観光コースを紹介しているサイトも是非参考にしてみてくださいね♪
この記事の感想を教えてください
この記事の内容に興味がわきましたか?
その理由を教えてください

関連するリンクこの記事に関連するリンク