オンからオフに自分をゆるめる。心ほどける春の山形の魅力6つ

毎日、一生懸命にがんばっている皆さんへ。少しだけ日々の緊張から自分を解放して、ゆるゆると心ほどきの旅に出てみませんか。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ゆったりと心をほどく旅へ

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
おいしいものを食べて、温泉で温まり、大自然に囲まれて、知らない土地の文化に触れて、新たな出会いをして・・・など、さまざまな旅の楽しみ方があり、そして癒される場所があります。それは『山形』です。今回は、そんな山形で心も身体も「ほどける」楽しみ方をご紹介します。

<心ほどける山形の魅力①美食・美酒>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
心満たされ、ほどける旅には『美食・美酒』が欠かせません。さくらんぼやラ・フランスなどのフルーツをはじめ、お米、肉、海の幸、山の幸、さらにはラーメン・そばなど山形は多くの『美食』で溢れているんです。さらに山形は、“吟醸王国”と言われるほど吟醸酒が多く作られている『美酒』の土地でもあるんですよ♪

佐藤錦

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
国内生産量の7割以上を占める山形県の“さくらんぼ”は、訪れたら必ず食べてほしい美食のひとつ。その中でも『赤い宝石』と謳われる高級品種の『佐藤錦(さとうにしき)』は、みずみずしい甘さとプチっと弾ける食感がたまらないフルーツ王国・山形を代表するブランドです♪

やまがた紅王

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
さらにご紹介したいのが、2023年に本格デビューした『やまがた紅王(べにおう)』。糖度が高いのはもちろん、硬さがあるのでしっかりとした果肉の食感を楽しむことができます。1番の特徴はなんといっても500円硬貨よりも大きい“サイズ”。見た目にもインパクトのある期待の新人、ぜひご賞味あれ!

板そば

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
「ラーメン県そば王国やまがた」と銘打つほど山形はおいしい麺類であふれています。そば屋が軒を連ねる『そば街道』が県内あちこちにあり、山形はそばも有名なんです。山形名物『板そば』は、木で作られた長方形の浅い箱状の器に、均一にそばを盛り付けるのが特徴。それぞれで味や食感が異なるので、そば街道で食べ比べしてみては?

<心ほどける山形の魅力②温泉>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
癒やしの旅と言われてまず連想するのは、やっぱり『温泉』。山形は、35の市町村すべてに温泉が湧き出る温泉王国としても有名なんです!数ある温泉郷の中でも、特にこの春おすすめしたい温泉郷をご紹介していきます。

蔵王温泉大露天風呂

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
まず始めにご紹介するのは、日本屈指の古湯といわれる『蔵王(ざおう)温泉』。なかでも『蔵王温泉大露天風呂』は、大自然を感じながら体を癒やすのに最適!一度に200人は入れるという大きな露天風呂なので、伸び伸びと浸かることができる贅沢な温泉です!

肘折温泉

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
続いてご紹介するのは、ノスタルジックな雰囲気漂う『肘折(ひじおり)温泉』。レトロな街並みの中心にある旧郵便局舎は、人気のフォトジェニックスポット。ただ静かに流れる癒やしの時間を、肘折温泉で過ごしてみては?

天童温泉

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
続いてご紹介するのは、『天童温泉』。天童市は、将棋の駒の生産量日本一!将棋駒があちらこちらにデザインされているちょっとユニークな温泉郷で、将棋ファンがこぞって訪れる観光スポットなんです♪春には温泉郷の近くを流れる川としだれ桜が美しくライトアップされる期間限定の催しも。

赤湯温泉

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
続いてご紹介するのは、開湯930年の歴史を持つ『赤湯温泉』。赤湯の街には、6つの“ワイナリー”や濃厚な味噌スープがくせになる“赤湯ラーメン”、春には満開の桜が楽しめる“お花見スポット”などがあり、温泉と合わせて観光を楽しめる人気のエリアなんですよ。

あつみ温泉

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
最後にご紹介するのは、穏やかな川が流れる『あつみ温泉』です。温泉街を流れる温海川は、四季折々の美しい景色を見せてくれる人気の観光スポット。春になると川沿いに桜が咲き誇り、足湯やウッドデッキで、ちょっとしたお花見を楽しむことができます。

<心ほどける山形の魅力③自然>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
日頃の喧騒から離れてホッとする旅に欠かせないのは、『自然』。何も考えず、美しい自然を感じながら、ぼーっとするだけでじんわりと心がほぐれていく、そんな場所が山形にはたくさんあります。ご紹介する場所には、春の訪れを感じることのできるスポットが!

最上川舟下り

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
季節ごとに表情を変える最上川。雄大な自然をより近くに感じたいのなら『舟下り体験』がおすすめ。特に春には、青々とした最上川に山桜が赤く色を添えるなんとも美しい風景を楽しむことができます。事前に予約すれば、絶景を楽しみながら船内でお弁当をいただける贅沢な船旅を味わうことができますよ。

白川湖の水没林

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
3月下旬から5月上旬の限られた時期にしか見られない奇跡の絶景『白川湖の水没林』は必見です。雪解け水で水位が一時的に上昇することで木々が幹まで水に浸かり生まれるこの景色は、白川湖ならでは。天気が良い日には、湖面が空を反射してより幻想的な景色を見ることができます。

空気神社

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
自然が美しい山形だからこそ誕生した『空気神社』は、世界にたったひとつだけの“空気”を御神体にした珍しい神社なんです。地域の方々を中心に『空気に感謝し、自然の恵みを大切にしよう』という自然に対する想いから生まれたこの神社へ参拝に行けば、自然と心がほどけていくはず。

<心ほどける山形の魅力④歴史・文化>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
山形は、長い歴史を持つ寺社仏閣が多いだけではなく、古来より盛んである山岳信仰の聖地が点在しています。山に関するパワースポットが多いのも、山岳信仰の長い歴史があるからこそ。また、文化的な景観を残す街並みも一度山形へ足を運んでほしい理由のひとつです。

出羽三山

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
出羽三山(でわさんざん)は、羽黒山(はぐろさん)、月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称で古くから山岳信仰、修験道の場として大切にされてきました。修行の一端を体感することができる『山伏(やまぶし)体験』では、白装束を身にまとい、出羽三山の自然の中を歩き山のエネルギーを感じたり、精進料理をいただいたりと山伏の精神文化に触れる貴重な体験ができます。

金山町の街並み

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
レトロな景観が印象的な『金山町(かねやままち)の街並み』は、白壁を用いた金山住宅や石造りの大堰(おおぜき)とよばれる農業用水路など、どこを切り取っても絵になるフォトジェニックスポットの宝庫。街並みを少し外れると、そこは豊かな自然がいっぱい!

<心ほどける山形の魅力⑤祭り>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
その土地特有の文化や習慣などがわかりやすく出るのが『お祭り』ですよね。四季の移り変わりがはっきりしている山形では、シーズンごとにさまざまな伝統あるお祭りが開催されます。たくさんのお祭りが催される山形ですが、今回は春のお祭りをご紹介します。

米沢上杉まつり

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
まずご紹介するのは、米沢の礎を築いた上杉家とその初代当主の謙信を敬う『米沢上杉まつり』です。春の訪れとともに開催されるこちらのお祭りの見どころは、上杉軍と武田軍による「川中島の戦い」の再現。総勢約700名もの武者が入り乱れ戦う姿は迫力満点!

鶴岡天神祭

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
続いてご紹介するのは、学問の神様としても有名な菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭り『鶴岡天神祭』です。手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、無言で酒を振舞うという全国の天神祭では見ることのできない奇祭のひとつ。通称「化けものまつり」とも言われ、化けものの姿で、3年間誰にも知られずお参りができると、念願がかなうと言われています。

酒田まつり

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
最後にご紹介するのは、1609(慶長14)年から休むことなく続いている歴史あるお祭り『酒田まつり』です。酒田大火の復興のシンボルとして誕生した大獅子“獅子パックン”は、今では酒田を象徴する存在のひとつ。無病息災の願いを込め、大獅子の口の中に入り、噛んでもらうとご利益があるのだとか。

<心ほどける山形の魅力⑥田舎暮らし>

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
日常とは違った時間を楽しめるのが旅の醍醐味。山形では、山里での暮らしを疑似体験できるような農家民宿がたくさんあります。古き良き雰囲気が漂う古民家での暮らしをちょっぴり体験していきましょう。

農家民宿・農家茶屋いろり

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
農家の暮らしをそのまま体験できる『農家民宿・農家茶屋いろり』は、豊かな自然に囲まれて、のんびりとした時間を過ごすことができます。山菜と川魚をメインとした郷土料理をいただけるほか、山菜摘みや畑仕事など、農家の生活を体験することができます。

農家民宿レストラン 知憩軒

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
古民家をそのまま利用した『農家民宿レストラン 知憩軒(ちけいけん)』は、時計やテレビなど日常で目にするものはあえて置かず、自然体でありのままに過ごすことのできる場所。地域に根づいた食材を使った温かな料理たちは、一口食べるとすーっと心がほどけていくのを感じます。

だいちゃん農園 GUEST HOUSE

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
“田舎の飾らないおもてなし”をしてくれるのが、ここ『だいちゃん農園 GUEST HOUSE』。りんごやさくらんぼを作っている農家さんが営むゲストハウスで、ウェルカムドリンクには自家製のハーブティーやアップルジュースがいただけるのだとか。ピザ窯で作る焼きたてピザや、オーナー自家栽培のフルーツや野菜たちは絶品です♪

農家民宿はる風

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
1日1組限定で宿泊できる『農家民宿はる風』では、周りの目を気にすることなく、のんびりとした農家ライフを体験することができるのが最大の魅力!150本ものダリアの花々がゲストを優しく迎えてくれます。また、宿泊以外にも自家栽培の旬の野菜たちや、鮭川村名産のきのこ料理、手打蕎麦などボリューム満点のランチメニューをいただくことができます♪

“心ほどける旅”があなたを待っている

提供:やまがた観光キャンペーン推進協議会
今回は、心ほどける「山形」の魅力をご紹介してきました。たくさんの魅力に触れて自然と笑顔が増えていく、そんな旅があなたを待っています。ぜひ、山形へ旅に出てみませんか。
この記事の感想を教えてください
この記事の内容に興味がわきましたか?
その理由を教えてください

関連するリンクこの記事に関連するリンク