春爛漫!花咲ける聖地“高野山”で、心ときめく旅を。

1200年以上の歴史と信仰が育んだ世界遺産、高野山。その山内には金剛峯寺や奥之院、また、117もの寺院が建ち並ぶ、日本仏教の一大聖地となっています。そんな高野山には歴史や伝統、自然が織りなす神秘的な体験ができるスポットが盛りだくさん!今年の春は、花咲ける聖地“高野山”で心ときめく旅をしませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

今春こそ訪れたい、高野山

▷壇上伽藍(中門)

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
「壇上伽藍」は、高野山を開山した弘法大師・空海が最初に建設に取り組んだ場所であり、奥之院とともに高野山の主要な聖地の一つです。例年4月中旬になると、中門前の「対面桜」や三昧堂前の「西行桜」をはじめ、境内各地にある桜が見頃を迎えますよ。高野山の春の訪れを感じてみては?

▷根本大塔

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立された「根本大塔」。鮮やかな朱色が特徴的なこちらの建築物。周辺では春になると桜が咲き、見事なコントラストを楽しむことができますよ。今年のゴールデンウイークは仏教の聖地で満開の桜を楽しんでみては?

まずは、高野山の麓の世界遺産寺社を訪れる

▷丹生官省符神社

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
高台に位置する「丹生官省符神社」。正面参道にある119段の石段を登りきると、ピンク色の桜に包まれた境内が現れます。朱色の境内と桜のコントラストはとっても美しいです。桜の見頃に合わせて開催されるのが、「花盛祭」です。神前に玉串ではなく桜の花が供えられ、子どもたちが神楽「浦安の舞」を奉納します。2024年は、4月14日(日)に開催予定です。

▷慈尊院

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
弘法大師の母公が滞在した女人高野のお寺、「慈尊院」。春になると、山門を飾る桜や境内のシダレザクラが見頃を迎えます。また、5月上旬には紅白の鮮やかな「石楠花」が咲き誇り、桜の見頃を終えたあとでも美しい景色を楽しむことができますよ。

▷丹生都比売神社

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
天野盆地に鎮座する「丹生都比売神社」は1700年以上前に創建された神社で、真言密教の守護神となった丹生都比売大神を祀っています。一間社春日造りで日本最大規模の本殿四殿と楼門は、国の重要文化財にも指定されているんです。4月には、祭神に花を供えて春の訪れを祝う「花盛祭」が開催されます!子供たちの神楽舞奉納や浜降りの神事を起源とする渡御の儀が行われます。鎌倉時代から続く歴史あるお祭りに参加してみてはいかが?

▷こうや花鉄道 天空

「こうや花鉄道 天空」は、南海鉄道「橋本」駅から「極楽橋」駅までの山岳区間を走る鉄道です。レトロな緑色が特徴的なこちらの車内は木目調で統一されており、落ち着いた雰囲気となっています。絶景を楽しめるワンビュー座席や展望デッキからは、四季折々の花々や渓谷美を堪能することができますよ。

▷うぇすとこーすと

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
伊都郡かつらぎ町にある「うぇすとこーすと」では、地元の野菜や旬の食材を使用したランチや豊富な種類のスイーツを楽しむことができます。なかでもおすすめなのが、ロールケーキやシフォンケーキ、ガトーショコラなどのスイーツを独り占めできる「ケーキパフェ」。“遊園地”がイメージされた盛り付けがかわいらしく、写真映えも抜群ですよ!

▷山荘 天の里

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
伊都郡かつらぎ町にある「山荘 天の里」は、高野山麓の広大な敷地に佇む4棟8室の隠れ家ホテルです。紀州杉の温もりに包まれる空間や貸し切りで楽しめる天然温泉で、贅沢なひとときを過ごせます。夕食には地元の四季の恵みを活かした、“創作和フレンチ”をいただくことができます。種類豊富な日本酒やワインとのマリアージュを堪能してみては?

春の締めくくりは、遅咲きの花が咲き誇る高野山へ

▷高野山別格本山 総持院

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
「高野山別格本山 総持院」は、大庭園を望む宿坊に宿泊できる寺院なんです。山門をくぐってすぐの前庭には樹齢1000年以上の白藤の古木があります。5月上旬になると見頃を迎え、可憐な白い花を咲かせます。爽やかな新緑と甘い香り漂う白藤が織りなす光景は、春の締めくくりにぴったりの美しさ。

▷金剛三昧院

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
北条政子が源頼朝の菩提を祀るために創建した「金剛三昧院」は、国宝・多宝塔や国の重要文化財に登録されている経蔵、庫裏、鎮守社など文化財の宝庫となっています。また、境内にある大石楠花群は天然記念物に指定されており、最も古いものは樹齢約450年なんだとか。5月になると艶やかなピンク色の花が咲き誇り、境内を彩ります。

▷中央食堂さんぼう

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
総本山金剛峯寺のほど近くにある「中央食堂さんぼう」は、高野山の多くの寺院に仕出しを提供しています。高野山特産のごま豆腐や湯葉、山菜、地場野菜などがふんだんに盛り込まれた精進花籠弁当(写真)を気軽に楽しむことができますよ!

▷天風てらす

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
「天風てらす」は、2023年に誕生した複合施設です。1階は和歌山の名産品などが集結するセレクトショップ、2階は地元の食材を味わえるカフェとなっています。お土産探しと休憩にもぴったりのスポットです。高野山の歴史と文化を体感できる多彩なワークショップも開催されているので、気になる方はチェックしてみてください!

春色の聖地“高野山”で、心躍る旅を。

提供:公益社団法人和歌山県観光連盟
桜や白藤、シャクナゲなどの花々に彩られる高野山は、「春色の聖地」です!今年の春は、高野山でお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか?