【シンガポール基本ガイド】楽しむ準備万端?シンガポール旅行でおさえておきたい基本情報まとめ

人気の海外旅行先・シンガポール。有名な観光地や開放的なアクティビティ、ショッピングや夜景など見どころ満載ですよね◎シンガポール旅行を楽しみつくすため、事前準備をしっかりしたいもの。今回は、シンガポール旅行を訪れる上でおさえておきたい基本情報をまとめてご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

シンガポール旅行の魅力とは?

人気の海外旅行先「シンガポール」。絶景を望む展望台や迫力満点の観光スポット、そして多民族国家でシンガポールでは、異国情緒あふれる街並みや多様な食や文化にふれることもできます。また、常夏のシンガポールでは、自然にかこまれながらアクティビティを楽しむことができます。事前準備を万全にして、魅力満載のシンガポール旅行を思い切り楽しみましょう♪

日本からのアクセス・時差

アクセス

日本からシンガポールまでは直行便でアクセス可能◎シンガポールのチャンギ国際空港までは、直行便で約6~8時間です。東京(成田・羽田)、大阪(関空)、名古屋(セントレア)、福岡から直行便があります。

時差

日本とシンガポールの時差は、わずか1時間。時差ボケに悩まされることなく、アクティブに行動できます◎

パスポート

シンガポール旅行をするなら、パスポートの準備は必須ですよね。シンガポールへの入国のためには、日本国籍であれば、残存有効期間が入国時6カ月以上のパスポートが必要になります。また、SG Arrival Cardの事前提出が必要です。早めに準備して、安心して旅の計画を立てましょう!

通貨

シンガポールの通貨は、シンガポール・ドルです。換算レートは、1.00シンガポールドル =111.86821円です。(2024年2月現在)
シンガポールでのクレジットカードの流通度は高く、キャッシュレス化が進んでいる国の一つです。多くのホテルやレストラン、スーパーやカフェなどでの支払いで利用可能です。

言語

多民族国家・シンガポールの国語はマレー語、公用語は英語、中国語、マレー語、タミール語です。旅行でシンガポールを訪れる際、レストランやホテルなど様々なシーンで英語がほぼ問題なく通じます。

治安

シンガポールは、比較的治安の良い国と言われています。女子旅や家族旅の行き先としてもぴったりですよ◎

電化製品・Wi-Fi

電化製品

シンガポールの電圧は、220~240Vで日本とは異なります。日本の電化製品を使用するには、変圧器が必要です。シンガポールでは、コンセントの形が三つ又になった、BFタイプが主に使われています。

Wi-Fi

シンガポールでは、フリーWi-Fiの普及が進んでいます。Wireless@SGは政府がシンガポール全域で提供している無料のWi-Fiサービスです。駅や空港、ショッピングモールだけでなく、リゾート地であるセントーサ島のビーチでも使え、様々な場所で利用できるのが特徴です。フリーWi-Fiの他、ポケットWi-FiのレンタルやシンガポールのSIMカードの使用などでもインターネットを利用することができます。

気候

気候

シンガポールは赤道近くに位置し、年間を通じて降水量が多く気温が高い熱帯気候です。年間降水日数の平均は171日と、雨が降る日が多く、激しい雨と雷が特徴です。シンガポールには明確な雨季と乾季はありませんが、月ごとの降水量には変動があります。最も降水量が多い時期は11月~1月、最も乾燥する月は2月です。
熱帯地域の国々と比べると、シンガポールの気温は月ごと・日ごとにほとんど変わりません。1日の気温は夜間の最低気温が23~25℃を下回ることはなく、日中の最高気温は31~33℃を超えない範囲にあります。月の平均気温は5月が最も高く、12月~1月が最も低い時期です。
服装はどの季節に訪れる場合も、日本の夏服がオススメ◎室内の冷房対策に、カーディガンなど羽織るものを準備しておくのが良いです。スコール対策の折りたたみ傘もお忘れなく!

ベストシーズン

シンガポール観光のベストシーズンは、比較的雨量の少ない3月~10月。気温は高いですが、晴天が続くこの時期が人気です。シンガポールで開催される年間のイベントをチェックして、イベントに合わせて訪れるのもオススメですよ。

交通機関

空港から中心地まで

シンガポールの主要空港・チャンギ空港は、市内中心部から約20km東部にあります。チャンギ空港から中心地まで交通手段は、MRT、タクシー、バスなどがあります。MRTでは約40分~50分、タクシーでは約30分、バスでは約60分です。

主な交通機関

MRTは、シンガポール市内のほぼ全域をカバーするシンガポールの地下鉄です。チケットは3種類あり、クレジットカードはVisa タッチペイが対応しています。乗り方は日本とほぼ同じ。地下鉄内での飲食は禁止で、違反には罰金が課せられるのでご注意ください。
タクシーは、日本に比べると料金が安く移動に便利です。料金体系は日本と同じメーター制で安心です。タクシースタンドから乗車する他、配車アプリも普及しています。
バスは、カバーするエリアが最も広範囲◎料金も安いです。乗車の際、MRTと同じEz-LinkカードというICカードが使えるため、とても便利です。

チップ

シンガポールでは、基本的にチップの習慣はありません。気持ちのいいサービスを受けた時は、渡してもOKです。またホテルやレストランでは、通常サービス税が10%かかります。

マナー

シンガポールを訪れるにあたり、知っておきたいマナーがあります。罰金対象となるものも多いため、出発前によく確認しておきましょう。

タバコ

喫煙所を除く公共の場での喫煙は、全面的に禁止されています。もちろんタバコのポイ捨ても禁止されています。また、シンガポールにタバコを持ち込むには、入国時に申告が必要になり課税されます。持ち込みができるタバコには、条件があります。電子タバコの持ち込みも禁止されています。(※日本国内で販売されているタバコは条件を満たしていないため、持ち込み不可です。)

チューインガム

シンガポールでは、チューインガムの持ち込むこと・国内で食べることが禁止されています。国内ではチューインガムの製造・販売はなされていません。

MRT・バスの乗車時

MRTやバス、駅構内でもドリアンの持ち込みは禁止されています。また、多くのホテルでも持ち込みできません。他にも喫煙や飲食は禁止、可燃物の持ち込みも禁止されています。(※ペットボトル等の持ち込み自体は可)

タクシーやリムジンの乗車時

乗車の際には、全席シートベルトの着用が義務付けられています。

その他禁止事項

・横断歩道以外での道路横断
・公共の場での泥酔
・ごみのポイ捨て
・つば、たんを吐く   など

キホンをおさえてシンガポール旅の計画を立てよう!

今回は、シンガポールを訪れる上で知りたい基本情報をご紹介しました。海外旅行をするにあたって事前に準備しておくものや、シンガポールを快適に過ごすための準備、日本とは違うマナーなどおさえておきたい基本のものばかりです。ぜひ参考にしてシンガポール旅行を思い切り楽しんでくださいね!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する