都内から1.5時間で透明度抜群の海に出会える♡千葉・勝浦を満喫できるリゾートホテルとは

穏やかで美しい海、ゆったりと流れる時間、誰しもが憧れる“南国リゾート”。実は関東にリゾート気分を味わえる穴場スポットがあるって皆様知っていますか?それが、千葉県の勝浦。東京から特急で約1.5時間とアクセスも良く、海沿いに面したエリアなので絶景ポイントが多いのも魅力のひとつ。今回は、そんな千葉県・勝浦のおすすめホテルとスポットを紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

勝浦でリゾート気分を味わって♪

RETRIP
千葉県・勝浦は、海と山に囲まれた自然豊かな場所。特に海は関東有数の透明度を誇り、エメラルドブルーに輝くその姿は、思わず息を呑むほど。また、夏は涼しく、冬は暖かいことでも知られ、一年中過ごしやすい気候であるのも特徴です。日々の忙しさを忘れ、リゾート気分を味わいたい人におすすめで、カップルや女子旅にもピッタリ。
今回は、そんな勝浦の中でもオーシャンビューでリゾート気分が味わえる勝浦のホテル『三日月シーパークホテル勝浦』の魅力と、おすすめ観光スポットをまとめてご紹介していきます♪

勝浦のおすすめのホテル▷三日月シーパークホテル勝浦

RETRIP
『三日月シーパークホテル勝浦』は、美しい海の目の前に建てられたホテルで、プチバカンスを楽しむのにぴったり♪海と一体化したような特別で贅沢な時間を過ごすことができるんです。そんな『三日月シーパークホテル勝浦』の魅力ポイントを一挙にご紹介していきます!

ホテルのおすすめポイント① オーシャンビューが楽しめる!

RETRIP
まず最初にお伝えしたいおすすめポイントは、オーシャンビューが楽しめるスポットがホテル内にとても多いこと。ホテルのロビーラウンジへ入った瞬間に広がるオーシャンビューで、一気にバカンス気分を味わえますよ♪
提供:三日月シーパークホテル勝浦
さらに、海を目の前に開放的な気分を堪能できる「舟唄テラス」も夏季限定でオープン◎色鮮やかなアイスドリンク、アルコールなどが販売されているので、エメラルドブルーに輝く海を背景にフォトジェニックな1枚を撮ってみて。
RETRIP
ホテルといえば、やっぱり気になるのが客室。こちらのホテルの客室は、なんと全室オーシャンビューなんです!2人の時間をゆったりと過ごせる和室や、大海原を一望できる広さを持つ特別室などがある中で、まずご紹介したいのは、100㎡以上と客室の中でも最大の「貴賓室」。

15畳の和室とフカフカの気品溢れるソファが置かれたリビング、ベッドルームが2室と家族3世代での旅行でも十分な広さが特徴なんです。特別な日の思い出に豪華客室で、なにもしない贅沢をしてみるのもおすすめです。
提供:三日月シーパークホテル勝浦
友人同士やご家族でのお泊まりにおすすめのお部屋は「和洋室」。座卓とツインベッドがあり、和室と洋室の要素を兼ね備えたお部屋は、ホッと一息つくのにぴったり◎明るい日差しの差し込む窓辺で、眼下に揺らめく波を眺めながら、日頃は体験できない緩やかな時の流れを満喫してみて。

ホテルのおすすめポイント② 広々とした展望大浴場

提供:三日月シーパークホテル勝浦
オーシャンビューを楽しめるスポットはラウンジやお部屋だけではありません。展望大浴場 「飛天の湯」からもきらめく太平洋の眺望が。この景色を見られるのは、宿泊者の特権!穏やかな勝浦の海を大浴場から臨むことができます。温泉が流れる音と、湯けむりの中、じんわりと心身がほぐれていく感覚をぜひ満喫してください。
提供:三日月シーパークホテル勝浦
大浴場の美しい眺めは海のみにならず。海と半島の先に、日が沈む様子は幻想的。湯船に浸かりながら、最上級の贅沢を体験することができちゃいますよ。日がゆっくりと落ちていくとだんだんと見えてくるのが、優しくぼんやりと空を照らす星々。無駄な明かりがないので、天気が良い日は多くの星を見ることもできるのだとか。さらに朝方には、だんだんとオレンジやピンク色に空が染まっていく美しい朝焼けを見ることもできます。

ホテルのおすすめポイント③ 絶景スパ

RETRIP
『三日月シーパークホテル勝浦』では、屋内外で雰囲気の異なるスパ体験ができるのもおすすめポイントのひとつ。屋外スパ 「スカイスパゾーン」では、青く広がる海と空の下、大自然を満喫できる絶景スパ体験ができます。
提供:三日月シーパークホテル勝浦
夏季限定でプールの開放もあるので、気温の高い日でもしっかりとクールダウンしつつスパを楽しむことができます◎夜の時間帯はライトアップも加わり、海沿いのナイトプールを贅沢に味わうことができますよ。
RETRIP
室内にもスパがあるので、天気が不安定な場合も心配ありません。トロピカルな花々が飾られる「アクションスパゾーン」では、季節・気温に左右されず1年中楽しめることが魅力のひとつ。1周100mもある温水プールなどスパの種類も豊富で、心身ともにリラックスすることができちゃいます♪アイスクリームやイルカなどのポップで可愛らしい浮き輪の貸出もあるので、リゾート気分で映えな写真も撮ってみて♡

ホテルのおすすめポイント④ 飲み放題付豪華バイキング

宿泊先の1番の楽しみは“グルメ”という方も多いのではないでしょうか?『三日月シーパークホテル勝浦』の夕食は、なんと"飲み食べ放題"のバイキング!新鮮なお寿司やお刺し身などの魚料理をはじめとした和洋中の料理をいただくことができます。
RETRIP
メニューの中には、食欲をそそる焼き立ての極上ステーキや、芳ばしい磯の香りが心地よい海鮮焼き、シェフが目の前で揚げてくれるサクサクの天ぷらなど、出来立てホヤホヤをいただけるメニューも豊富にあります。
RETRIP
自分で作って出来立てが食べられるグルメも味わって欲しいもののひとつ。麺の湯切りから、具材・スープなどをお好みで入れて作る、勝浦名物「勝浦タンタンメン」作りにも是非挑戦してみて!他にも、寿司ネタを自分で選んで作ることができますよ。普段なかなかできないような体験を楽しみながら食事をすることができます。
さらにアルコールドリンクバーが設置され、地酒の日本酒・焼酎・カクテルなどお好きにピックアップ。目玉は、専用のジョッキをセットすると自動で湧き出るようにビールが充填されていく「トルネードビール」!“飲んで美味しい&作って楽しい”が体験でき大人気。お酒好きな人はぜひ体験してみてくださいね◎

おすすめポイント⑤いくらかけ放題も!朝食バイキング

RETRIP
朝食も嬉しいバイキング形式!焼き魚やだし巻き卵といった和食から、焼きたてのパンが味わえる洋食まで種類が豊富にあります。特に朝食で注目なのは「いくらのかけ放題」。自分だけのオリジナルのいくら丼をつくるもよし、お茶漬けにアレンジしてもよし。朝から心満たされること間違いなしです。

三日月シーパークホテル勝浦に泊まったら行きたいスポットをご紹介

綺麗な海が広がる勝浦には、他にも夏を満喫できるスポットが満載。ホテル滞在と共に楽しみたいスポットをご紹介します。

勝浦のおすすめスポット① 勝浦ウォーターアイランド

提供:三日月シーパークホテル勝浦
まず始めにおすすめしたいスポットは、関東最大級のウォーターアクティビティが楽しめる「勝浦ウォーターアイランド」。例年人気のこちらのスポットは、今年も7月11日からオープンします!長さ48m×奥行25mの首都圏最大級と言われる海上遊具や、ビーチには大型の滑り台がついたプールなど子供だけでなく若者にも人気のアトラクションが勢ぞろい♪関東有数とも言われる透明度の高い美しい海で、全力でマリンアクティビティを楽しんでみて。
※詳しくは、勝浦市観光協会のHPをご確認ください
※撮影は2022年のもののため、一部アトラクションに変更が生じる場合がございます

勝浦のおすすめスポット② 勝浦朝市

RETRIP
地元の雰囲気を存分に楽しみたいと思う人におすすめなのが、430年以上もの長い歴史を持つ市場「勝浦朝市」です。6:30頃〜11:00頃、水曜日と元日を除き毎朝開催される勝浦朝市は、“ヒトとヒトとの触れ合い”が楽しめる憩いの場。

地元の人々で賑わっていますが、初めてでもご心配なく。出店者の方々が、温かく迎えてくれますよ。旬の農作物や手作りごはん、海で見つけた貝殻をアレンジしたアクセサリーなど、見ているだけでも十分楽しむことができます。
RETRIP
千葉県で漁獲量2位を誇る勝浦は、朝市にも新鮮な海産物を加工した干物が登場。それ以外にも、こだわりの出汁が優しい味わいを生み出しているラーメン店、移住をされてきたという若手オーナーが提供する“自転車屋台”のコーヒー店、おでん屋さんなどさまざまなお店が出店されています。

平日は20店舗ほど、土日だと40店舗ほど出店しているのだとか。出店しているお店は行ってからのお楽しみ◎きっと素敵な出会いが待っていますよ♪

勝浦のおすすめスポット③ 遠見岬神社(とみさきじんじゃ)

RETRIP
続いてご紹介するのは、勝浦市街地や太平洋を一望できる高台にある古社「遠見岬神社」です。境内に「梛(なぎ)」の木が植えられているのが特徴的なスポット。この神社が向いている先には、ご先祖様を祀っているという「安房神社」があるそうです。
遠見岬神社は、海岸沿いの小高い山の上にあります。「富咲階段」と呼ばれる60段もの石段や参道を抜け、絶景ポイントまで足を運んでみましょう。

登りきると見えてくるのが、勝浦の漁師町を一望できる美しい景観。懸命に上を目指した人のみ見ることのできる景色に、きっと感動すること間違いなし。勝浦の街から勝浦港や湾全体まで眼下に見おろすことができる穴場ポイントなので、ぜひチャレンジしてみて。

春の風物詩:かつうらビッグひな祭り

提供:遠見岬神社
勝浦では、ひな祭りシーズンになると「かつうらビッグひな祭り」を開催。全国から寄贈されたひな人形が勝浦市内に飾られ、人々を魅了します。遠見岬神社もひな人形が飾られるスポットとして参加しており、神社の石段60段に約1,800体のひな人形がずらっと並ぶ様子は圧巻。夜になるとライトアップも施され、また違った幻想的な雰囲気に。各地方で異なるひな人形たちを見れる貴重な機会なので、ぜひ春の勝浦にも遊びに行ってみてくださいね。

勝浦のおすすめスポット④ かつうら海中公園海中展望塔

RETRIP
続いてご紹介するのは、海底の世界を自然のまま観察できるスポット「かつうら海中公園海中展望塔」です。海の上に建てられた桟橋を渡ると見えてくるのが、自然美あふれる勝浦の景勝地。展望塔の入り口階(海上部分)は、マリンブルーに輝く壮大な海の景色や、手つかずの緑豊かな自然が残る景観地「鵜原理想郷(うばらりそうきょう)」などを一望することができる、まさに絶景スポットなんです。
RETRIP
螺旋階段を下っていくと、海中観察エリアへ突入。水深8mもある海中展望室からは、海の中を優雅に泳ぐ魚たちを観察することができます。季節やその日の海の透明度など見える景色が毎度異なるので、年中楽しむことができちゃいますよ。潜水艦を彷彿させるレトロな窓枠も、海中にいる雰囲気をより演出してくれています◎

窓の上には、実際に周辺の海を泳いでいる魚たちのイラストと説明があり、魚たちのミニ知識もつけることができちゃうんです♪

リゾート気分を味わうなら勝浦で決まり♡

RETRIP
いかがでしたか。今回は、都内から約1.5時間で行ける千葉県・勝浦のリゾート気分を味わえるおすすめスポットと、どこまでも広がる美しいオーシャンビューを満喫できるリゾートホテル『三日月シーパークホテル勝浦』の魅力をぎゅっとまとめてご紹介してきました。

近場だからと侮ってはいけません!ご紹介した以外にも魅力的なスポットが勝浦にはまだたくさんあります。ぜひ週末にサクッとバカンス体験をしに、勝浦へ行ってみてくださいね。
この記事の感想を教えてください
この記事の内容に興味がわきましたか?
その理由を教えてください

関連するリンクこの記事に関連するリンク