ついに大阪初進出!「ダブルツリーbyヒルトン」が大阪城最寄駅にオープン

沖縄や京都、富山など、現在国内で7軒展開する「ダブルツリーbyヒルトン」ブランドが、ついに大阪に初進出。大阪城最寄りの天満橋駅から徒歩約5分のリバーサイドに2024年5月1日、「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」が開業しました。観光やビジネスに大活躍しそうな予感!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

世界中で愛されるヒルトン

pr times
「ダブルツリーbyヒルトン」は、世界56の国と地域で680軒以上のホテルを展開している、ヒルトンの中でも急成長中のホテルブランドです。今回ご紹介する「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」は、大阪駅から車で約10分、さらに神戸や京都といった関西の他府県からのアクセスにも大変便利な場所にあります。おもてなしの心あふれるホテルの魅力に迫りましょう!

デザインのテーマは「水の都」

pr times
ゲストを出迎えてくれるロビーエリアはシックなブルーとベージュを基調に、海運業で栄えたこの土地ならではの風景や人々をイメージしてデザインされています。かつて大阪と江戸を結んだ「商船」や「港」をモチーフにしており、波を模した床のカーペットが特徴的。「水の都」と呼ばれる大阪の歴史が垣間見られる、趣のある空間です。
pr times
客室は「水の都」をイメージしてブルーを多く取り入れた、落ち着きのある雰囲気。ホテルの前を流れる大川や大阪の街並みが楽しめるゲストルーム、大阪城の天守閣が見渡せるデラックスルーム、17階から20階までのエグゼクティブルーム、そしてスイートルームの4タイプで、全373室からなります。

写真は大阪城を見渡せるデラックスルームの一例。高いところから見る大阪城もまた、格別です。
pr times
上品なカラーで統一された、スタンダードなバスルーム。歯ブラシやパジャマ、スリッパといったアメニティが充実しているのも嬉しいところ!また55インチ液晶テレビや冷蔵庫、湯沸かしポットやコーヒー・紅茶といった客室設備も整っているから、思わず部屋から出たくなくなるほど、居心地のいい空間です。

ダイニングのコンセプトは「OMOROI × FUZEI」

pr times
関西固有のユニークな価値観「おもろい(OMOROI)」と、大阪城築城を機に民衆のなかで育まれた美意識としての「風情(FUZEI)」をテーマにした、明るい雰囲気のダイニングエリア。一面ガラス張りの「レストラン SEN(千)」では、大阪城を眺めながらビュッフェスタイルの料理やアラカルトを楽しむことができます。
pr times
そして「ラウンジ&バー SEN(舟)」は、デイタイムにはスイーツをはじめバリスタがいれるコーヒーやアフタヌーンティーを、ナイトタイムにはシグネチャーカクテルやクラフトビールなどが楽しめる大人の空間に。街の中心の喧噪から少し離れて、ゆっくりとリラックスした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

充実の設備でワンランク上のステイを

pr times
ゲストが無料で使える室内プールも完備しています。全長約11m・幅5mの室内プールに、窓からは大阪城を見渡せる、なんとも贅沢な空間。ほかにも24時間アクセス可能なフィットネスセンターがあり、アメリカ・プリコー社の最新マシンで汗を流すこともできるんです!
pr times
エグゼクティブルーム、またはスイートルームに泊まるゲストだけが利用できる、最上階にあるエグゼクティブラウンジ。100席を超える広々とした空間が自慢です。時間帯によりスナックやスイーツ、イブニングカクテルのサービスも!大阪城を眺めながら、ゆったりとした優雅な時間に身を委ねましょう。

大阪観光の宿はココに決まり!

pr times
日本三大名城のひとつ、大阪城。そんな大阪城が建つ大阪城公園と「水の都」大阪を象徴する大川に隣接した最高のロケーションにある「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」。

今後ますます国内外から観光客・ビジネス客が訪れることが期待されるエリアだけに、いま一番注目したいホテルの一つです。きっと楽しい思い出と感動を与えてくれるはず!

詳細情報

rakutenで見る

大阪府大阪市中央区大手前1-1-1

写真を投稿する
3.13 00

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する