広島・世羅&尾道の魅力をいいとこ取り!道の駅近接ホテルを拠点に巡る絶景・食・街歩きクエスト旅

道の駅に近接するホテルを拠点とし、まだ見ぬ地域の魅力を自ら探求する「フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト」。ただの観光にとどまらず、そこでしか味わえない体験が待っています。今回は、広島県世羅町の豊かな自然と文化に囲まれたエリアの魅力と、合わせて行きたい尾道エリアを紹介します。ぜひ、自分だけの「世羅」「尾道」の魅力を発見してみてくださいね!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

広島「世羅」ってどんなところ?

広島県世羅町は、お花、グルメ、街歩きと、さまざまな楽しみが盛りだくさん!年間を通じて四季折々の花畑や、寺社仏閣、レトロ感あふれる古い街並みを楽しむことができ、訪れるたびに新たな魅力を見つけることができる素敵なエリアです。
フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト
「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」は、世羅町はもちろん、尾道や福山、しまなみ街道といった広島県内の観光地へのアクセスもとっても良好!地域の魅力を存分に楽しみながら快適な滞在をすることができます。

「未知なるニッポンをクエストしよう」がキーワード。“道の駅近接ホテル”とは

ホテルを拠点とし、旅行者自身でまだ見ぬ地域を開拓しながら、魅力を探求できる「フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト」。「未知なるニッポンをクエストしよう」がキーワードになっています。
その地域の飲食店を楽しんでもらえるようにと、館内にはレストランがないことも特徴の一つ。「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」の周辺には果たしてどんな魅力が詰まっているのか。おすすめのエリアと “道の駅近接ホテル” の魅力をご紹介します。

<1日目・世羅エリアをクエスト!>

【午前中】JR三原駅からスタート→まずはお花畑へ

世羅高原農場
旅のはじめは広島にある、新幹線停車駅・JR三原駅からスタート。世羅町は花の名所として知られ、四季折々の花々が楽しめる農園がたくさんあります!年間を通して異なる花の美しさに出会うことができ、訪れる人の心を魅了しているお花畑へ、まずは出発です!

世羅高原農場

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト
園内総面積15万㎡という広大な敷地を有する「世羅高原農場」。春に開催されるチューリップ祭では、200品種75万本のチューリップを楽しむことができます。
フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト
夏には110万本のひまわり、秋は550品種7500株のダリアとガーデンマムと1年を通してフラワーフェスタを開催!全国最大級の広さと美しさを持ち、世羅観光では欠かすことのできないスポットとなっています。

<アクセス情報>
・JR三原駅から車で約50分
・「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」まで車で約15分

そらの花畑 世羅高原花の森

世羅高原農場
「そらの花畑 世羅高原花の森」は、世羅高原農場グループの観光農園のひとつ。中四国初のイングリッシュローズ専門のローズガーデンです。
世羅高原農場
初夏にはたくさんのイングリッシュローズが咲き誇り、秋には薫り高いばらと宿根草が一面を彩ります。家族連れやカップル、友人など幅広い年齢層に人気のあるお花畑です。

<アクセス情報>
・JR三原駅から車で約50分
・「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」まで車で約20分

花の駅せら

RETRIP
自然と人を結ぶ丘「花の駅せら」は、7haもの広さを持つ全天候型の花農園です!140種類ものユリや季節の花々が美しく咲き乱れ、日本最大級の巨大フラワーアートや花々が人々の心を魅了します。
園内には「フラワーソフト」や「ゆり根ケーキ」、「ユリソーダ」などの名物メニューも。エディブルフラワーをちりばめた「フラワーソフト」の可愛さは、SNSでも話題になっています!

<アクセス情報>
・JR三原駅から車で約45分
・「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」まで車で約20分

【お昼】せらバーガーは外せない!ランチで「道の駅世羅」へ

世羅町の名物「せらバーガー」は、地元の食材を使うことで、世羅町の食と農を盛り上げることを目指したプロジェクト。町内にある11の事業者が加盟しています。「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」に隣接する「道の駅世羅」では、プロジェクトに加盟する店舗の「せらバーガー」を食べることができますよ。
「世羅みのり牛」や「猪肉」、「瀬戸内六穀豚」を使ったパテに、大葉を挟んだバーガーなど種類も豊富!曜日によって出会えるせらバーガーの種類や数は様々なので、訪れる度に新たな出会いがありそう。「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」から徒歩1分の場所にあります。

【午後①】ホテルで楽しむワインを手に入れにワイナリーへ!

果物の栽培が盛んな世羅町には、ぶどう農園も多く、そのためワインを販売するワイナリーも有名です。今回は広大な丘に位置し、美しい景観も楽しめる「せらワイナリー」を紹介します!
「せらワイナリー」では、町内にある約30戸の農家からハニービーナスなど、6品種のぶどうが持ち込まれ、ワインが醸造・販売されています。毎年9月から11月上旬にかけて仕込みが行われます。醸造見学では、実際のタンクや瓶詰めラインを見学し、ワインづくりのプロセスを学ぶこともできますよ!購入してホテルで楽しむのもおすすめです。

【午後②】SNSで話題!出世の神様「大成龍神社」でお参り

「出世の神様」としてSNSで話題となった「大成龍神社」。「鳥居をくぐると別世界」と話題を呼び、ここ数年で観光客も急増。全国からたくさんの参拝客が訪れています。
無人の小さな神社にも関わらず、絵馬掛所が5つ以上あり、どれもびっしりと絵馬が掛かっています。訪れた人しか味わえない、神聖な気持ちを味わえそうです。「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」から「大成龍神社」へは車で9分!ホテルの滞在中にふらっと訪れるのにぴったりの場所です!

【夕方】「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」にチェックイン

フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト
自然や神社、ワイナリーを楽しんだ後は、さっそく「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」へチェックイン!「世羅町」の魅力がたっぷり詰まった「道の駅世羅」とも隣接しています。
木のぬくもりを感じる25㎡の客室は、コンパクトながら機能的な空間を実現。無料高速Wi-fiや厳選されたアメニティはもちろん、超快適なシモンズベッドは旅先での疲れをほっと癒してくれます。

【夜】地元のあたたかさを感じる夕食へ

ホテルから車で9分の場所にある「べじたぶる四季」。世羅町のジビエ肉専門店『いわた屋』から仕入れる地元産の猪肉と鹿肉を使った料理が味わえます。肉の臭みが少なく、美味しいと評判のお店なんですよ。
「ぼたん鍋」セットは、猪肉と野菜、小鉢3種におかわり自由の世羅米ご飯とお吸い物、コーヒーが付いてくるボリュームたっぷりのセットです。3種の味噌をブレンドした濃いめのスープが猪肉とよく絡み合い、一口食べると猪肉のうまみが口の中にぶわっと広がります!

【夜】ホテルに戻り地のワインと夜食を堪能

RETRIP
ホテルのロビーラウンジで1日の疲れを癒しましょう。地元のワインや夜食を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすのもおすすめ。コーヒーマシンもあるので、コーヒーを飲みながら外を眺めたり、レンジやトースターを使って、道の駅で買ったものを温めることもできます!
今回ご紹介する夜食は、ランチで立ち寄った際に「道の駅世羅」で購入した地のグルメの数々。天然鹿の燻製をスライスした「鹿の肉」や、柔らかくクリーミーな食感と爽やかな風味が特徴のチーズ「フロマージュ・ブラン」は、購入したワインのおつまみにピッタリ。
甘い物も充実しており、世羅で採れた卵の「卵黄」だけを贅沢に使用した「せらっぷりん」や、世羅産の梨で作られた「世羅なしサイダー」などお酒が飲めない人も夜食を楽しめます。

道の駅や周辺のお店で買った食べ物やワインを満喫しながら、ロビーラウンジでのんびりと過ごす素敵な時間。次の日の予定を考えながら楽しむのもいいですね。

<2日目・尾道エリアをクエスト!>

【朝】地域ならではの味が味わえる!本格的な冷凍食品で朝食

ホテル内にはドリンク、軽食、その地域のお土産を販売しているマーケットプレイスがあるので、朝食はそちらで購入♪パン類は東京自由が丘で人気のパン屋「アルチザン・ブーランジェ・クピド!」、お惣菜類はフレンチ惣菜&食のセレクトショップ「ル・トレトゥール 024」とそれぞれ共同開発した冷凍食品を買うことができます。
「播州白味噌と蒜山ジャージー牛のバターソース」は、蒸し焼きにされたもも肉がとってもジューシーで、淡路島産の玉ねぎに瀬戸内レモンがアクセント!「津山産れんげ米のきのこリゾット」は、モチモチ食感の玄米にきのこの旨味たっぷりの出汁と広島産の牡蠣が加わった絶品リゾットです。
共用のキッチンにはおかわり自由のお味噌汁も!ぜひ、地元の味と共に楽しんでみてくださいね。

【午前中】尾道エリアを探索!まずは招き猫絵付体験に挑戦!

午前中は尾道エリアへGO!「猫の街」として知られる尾道は、路地や階段の散策中に、至るところで猫たちの姿を見かけることができますよ。「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」からは車で約30分で尾道エリアに到着することができます。
尾道ならではのお土産作りを楽しめる「おのみち小物招き猫工房」。真っ白な招き猫の張り子に自由に絵付けをして、世界で一つだけの、自分だけの招き猫を作れます。尾道水道を見渡せるお堂の中で、ゆったりと絵付けを楽しむことができます。

【お昼】広島に来たら絶対食べたい!お好み焼きをいただく

広島と言えばやっぱり、「お好み焼き」。広島のお好み焼きは、薄いクレープ状の生地をまず焼き、その上に具材を重ねて層を作っていく「重ね焼き」が特徴ですが、尾道のお好み焼きは、豚肉の代わりに砂ズリが使われます!

【午後①】歩いてるだけで楽しい!尾道本通り商店街を探索

三世代続く「ぽっぽ家」のお好み焼きは、秘伝のタレに1日以上じっくりと漬け込んだ砂ズリがおいしい、本場のお好み焼きが楽しめるお店です。冷めたときに油特有の変な匂いがしないようにと、お好み焼きを焼くための油は引かずに作られます。
牛脂のパリパリとした食感が楽しめるのも「ぽっぽ家」のお好み焼きならでは。手間ひまかけて丁寧に作られたお好み焼きをぜひ堪能してみてくださいね。
「尾道本通り商店街」は地元の特産品を扱うお店や、おしゃれな雑貨店、個性的なカフェなどが数多く点在しています。歩くだけで新たな発見があり、どの世代の方でも楽しめる魅力あふれるスポットです。
「工房おのみち帆布」では、尾道の伝統産業である帆布を小物やバッグにつくり変えて製造販売しており、バッグやポーチなど、実用的でおしゃれなアイテムが豊富に揃っています。職人の手仕事が光る商品は、お土産にもぴったりです。
元々は銭湯だった建物をリノベーションし、小籠包酒場として生まれ変わった「大和湯」。古き良き昭和の雰囲気が残るノスタルジックな空間で、蒸し立ての小籠包や点心を楽しむことができます。レトロな雰囲気が写真映えすると、話題のスポットでもあります。
見た目がまるで花束のように美しい、「エタニティ」の花束クレープには、新鮮なフルーツやクリームがたっぷりと詰め込まれています。味も見た目も大満足の一品で、SNSでも人気のスイーツとなっています。

【午後①】千光寺で日本遺産を望みながら空中散歩!

商店街から車で7分、千光寺公園と尾道市街を結ぶ、「千光寺山ロープウェイ」からは日本遺産にも認定された尾道水道沿いの街並みや瀬戸内海の美しい景色を一望できます。四季折々の景色を楽しむことができ、桜や紅葉のシーズンには多くの観光客が訪れます。
千光寺で外せないのが、千光寺公園内の参道にある「鼓岩」。叩くとポンポンと音がすることから、別名 “ポンポン岩” と呼ばれ、参拝客で賑わっています。

【午後②】千光寺近くの“猫の細道”で猫アートに出会う

千光寺近くの「猫の細道」は、思わず写真を撮りたくなるような猫のオブジェがたくさん!尾道の風情ある町並みやアートを散策しながら、可愛い猫の置物と尾道の美しい景色に癒されます。
RETRIP
猫の細道には、レトロな雰囲気が素敵な「梟の館」というカフェも。緑に囲まれた空間で、散策の途中休憩にはぴったりです。月に一度、満月の夜にだけ完全予約制のワインバーが開催されるそうですよ。

【時間があったらここも行きたい!】神勝寺で風光明媚な日本庭園と修行体験を堪能

画像提供:神勝寺/Photo:Nobutada OMOTE
「神勝寺 禅と庭のミュージアム」は、復元された千利休の茶室や建築史家・建築家の藤森照信が設計した寺務所、アートパビリオン《洸庭》、風光明媚な日本庭園を楽しめるスポットです。
画像提供:神勝寺
境内では坐禅やお経を書き写す写経もでき、体と呼吸を整え、濁っていた自分の心に向き合う体験が楽しめます。日帰りと宿泊のプランがあり、「フェアフィールド・バイ・マリオット・広島世羅」からは車でおよそ40分でアクセスできます。

絶景・美食を世羅&尾道でクエストしよう!

広島・世羅エリアでのクエスト旅では、絶景・美食を存分に楽しむことができます。今回紹介したスポットへ、岡山駅方面から訪れる場合は、「フェアフィールド・バイ・マリオット・岡山蒜山高原」や「フェアフィールド・バイ・マリオット・岡山津山」の利用もおすすめです。ぜひ、自分だけの素敵な旅を見つけてみてくださいね!
この記事の感想を教えてください
この記事の内容に興味がわきましたか?
その理由を教えてください