• はてぶ
  • あとで
日本三名泉の一つ!下呂温泉に行ったらやりたい15のことをご紹介

下呂温泉は古くからある歴史ある温泉。また、草津温泉や有馬温泉と並んで日本三名泉の一つに挙げられる泉質を持っているんだとか!昔の人々も唸らせた、その名泉は現代にも受け継がれていく…そう思うだけで一度は行ってみたくなっちゃいますね。そこで今回は岐阜県の名泉、下呂温泉にいったらやりたい15のことをご紹介します。下呂温泉の楽しみ方や見どころなど人気のスポットを厳選。下呂温泉でやりたい15のことを参考に、下呂温泉旅行のプランをぜひ立ててみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

(1)下呂温泉を体感!噴泉池/下呂温泉

「噴泉池」は、下呂温泉の源泉100%を丸ごと堪能できる川沿いの無料露天風呂。あまりに開放的なのでちょっと恥ずかしい方もいるかもしれませんが、水着着用が義務づけられいますし、下呂で一番のお湯と評判。旅の恥は掻き捨て、訪れた際には入るべき名湯なのだそうですよ。

詳細情報

【住所】下呂市幸田
【営業時間】通年(清掃時、河川増水時は入浴不可)
【料金】無料

岐阜県下呂市幸田

3.50 84

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

(2)温泉街をお散歩と足湯めぐり/下呂温泉

下呂温泉には、足湯のスポットも充実!良い距離間で点在しているので、温泉街の散策ついでに足湯めぐりはおすすめですよ。一度入ると思わず続けたくなるのが足湯の魅力ではないですか?足から温めれば全身の血の巡りもよくなって、リフレッシュできるのではないでしょうか。

詳細情報

岐阜県下呂市湯之島

3.01 02

(3)下呂温泉博物館で温泉を多面的に知る!/下呂温泉

館内では、温泉を科学的な視点から見ることができるそうです。温泉の湧き出す仕組みや、泉質など、もっと詳しく温泉のことを知りたいという方には特におすすめ。また歴史からみた温泉や発見伝説など次の日にでも話したくなるような資料も置いてあるのだとか。新たな発見が待っているかもしれませんね。

詳細情報

【住所】下呂市湯ノ島543-2
【営業時間】9:00~17:00
【休】木曜日(但し祝祭日の場合は翌日)、12/29~31
【料金】大人(中学生以上)400円、小人(小学生)200円

(4)下呂温泉でも合掌村観光!/下呂温泉

下呂温泉にいながら、合掌家屋を楽しめる合掌村!まるで昔話の世界に入り込んだような場所です。イベントが開催されていたり、足湯などができたりと、お年寄りから子供まで楽しめる施設になっているのだとか。観光の醍醐味は景観にあり。そんな言葉が浮かんでくるおすすめのスポットです。

詳細情報

【住所】岐阜県下呂市森2369
【営業時間】8:30~17:00(12月31日~1月2日は9:00~16:00)
【休】年中無休
【料金】大人800円 小中学生400円

(5)人気のクアガーデン露天風呂で和む!/下呂温泉

※画像はイメージです

下呂駅から徒歩15分のところにある「クアガーデン露天風呂」。飛騨川のせせらぎを聞きながら入る温泉は情緒を感じれるのだとか。冷えた体を温めるにはうってつけのスポット。お風呂のほかにも、休憩室も備わっているそうなのでしばらくのんびりしていかれるのもおすすめですよ。

詳細情報

【住所】岐阜県下呂市湯之島894‐2
【営業時間】8:00AM-9:00PM(最終受付閉館45分前)
【休】毎週木曜日
【料金】大人700円  小学生400円 幼児200円

岐阜県下呂市湯之島894-2

写真を投稿する
3.34 10

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

(6)モダンな建物も注目!共同浴場白鷺の湯/下呂温泉

下呂温泉の「白鷺の湯」は、共同浴場。内湯のみですが、その窓からは山や河川を眺められるのだとか。地元の方からも人気なのだそうで、湯めぐりにはもってこいの施設です。ヒノキの浴槽は大きくゆったりとくつろいで浸かれるのだとか。お湯はやや熱めの無色透明なのだそうです。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する