• はてぶ
  • あとで
楽しめるスポット沢山!川崎でオススメのデートスポットのランキングTOP15

東京のデートスポットは一通り行ってしまった、なんか飽きてしまった…そんなお悩みを抱えているカップルの皆さん、せっかくなら川崎まで足を伸ばしてみませんか?都心からもアクセスが良い川崎にはたくさんのデートスポットが存在します。オススメのデートスポットをそれぞれ厳選しました。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

第15位:川崎マリエン

まず最初に紹介するのは「川崎マリエン」です。川崎マリエンとは川崎港と市民の交流を深めるために生まれた施設で、運動場や無料の展望台、レストランなどがあり、知る人ぞ知るデートスポットとなっています。
エレベーターで展望台のある上の階まで上がると、360度見渡せる展望台が広がっています。この展望台からは日本を支える京浜工業地帯のライトアップや、横浜ベイブリッジ、ランドマークタワー、アクアラインなど名だたる神奈川県を代表するスポットを眺めることができます。

詳細情報

神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1

3.44 427

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

第14位:等覚院

続いて紹介するのは天台宗のお寺「等覚院(とうがくいん)」です。等覚院はそんなに広くない小規模な境内をもつ寺院ですが、神奈川花の名所100選にも選ばれており、山の斜面を利用して数百株のつつじが見事に咲き乱れています。
そのつつじを最も美しく見ることができるのは、仁王門付近です。つつじが真っ赤に咲き誇る絶景はまるで、火が燃えさかっているかのような光景です。見ごろは4月~5月頃です。春のデートにぴったりです。

詳細情報

第13位:二ヶ領用水

続いて紹介するのは桜の時期に是非とも訪れたいスポットです。「二ヶ領用水(にかりょうようすい)」は徳川家康の命により開削された歴史的価値が高い用水です。時代が経つにつれて用水路としての役目はほとんどなくなりましたが、市民の憩いの場所として愛されています。
桜の時期になると多くの花見客でにぎわいます。用水路の両端で咲き乱れる桜の花はとても美しく、用水路のせせらぎを聴きながらお花見をすることができます。2人で手作り弁当を作ってお花見してみてはいかがでしょう?

詳細情報

神奈川県川崎市多摩区 二ヶ領用水

3.47 465

第12位:等々力陸上競技場

いつも通りのデートに飽きて、新しい刺激が欲しいという方は、スポーツ観戦デートをしてみてはいかがでしょう?「等々力陸上競技場」のメインとなるサッカー場は、Jリーグで活躍するサッカーチームのホームグラウンドとして、試合開催日は多くの観客で賑っています。
サッカー場だけでなく、等々力陸上競技場の周辺には、一般人も使えるテニスコートや球場などの運動施設が多く存在し、文化や芸術に触れられる市民ミュージアムなどもあるという幅広い施設です。試合がある日などはスタジアムの周りに限定グルメなどが出ていることもあるのでそちらも確認してみてください。

詳細情報

第11位:ちどり公園

川崎と言ったら工場夜景が有名ですね。続いては美しい工場夜景を見られるスポットをご紹介します。「ちどり公園」では夜になると、対岸にある東扇島に並ぶ美しい工場夜景を楽しむことができます。
京急運河の先に浮かぶ工場夜景はどこかセンチメンタルな雰囲気もあり、ロマンチックな雰囲気もあり…夕方は美しい夕日も見ることができます。オレンジ色に輝く空に工場のシルエット。素敵なひと時をお過ごしください。

詳細情報

第10位:味の素川崎工場

続いて紹介するのは「味の素川崎工場」です。食卓でも味の素の製品を使っている方も多いのではないのでしょうか?こちらの工場は味の素で最も歴史がある工場で、今年で105周年を迎えます。
こちらの工場見学では、90分間の間で「おいしい!」の秘密を知ることができます。普段使っている「味の素」や「ほんだし」の製造過程を体験を交えて見学することができます。見学には予約が必須なので、事前にHPで予約するようにしてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する