• はてぶ
  • あとで
バルセロナから日帰りで行ける!伝説の聖地モンセラットの魅力とは?

大人気都市バルセロナより日帰りでいけるモンセラット。修道院や伝説の洞窟がある不思議な形の岩山は、まさに「聖地」。今回は、古くよりカタルーニャの人々に崇められきたモンセラットの魅力をご紹介します。バルセロナ在住者の筆者のイチオシおすすめスポットです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

モンセラットって?

バルセロナの北西にある聖地モンセラット。電車やケーブルカーを乗り継いで約1時間30分で行くことができます。ニョキニョキとそびえたつ不思議な岩の中には、1000年以上の歴史を誇る修道院付き大聖堂が。伝説のマリア像が見つかったという洞窟や美術館など、見所いっぱいです。ハイキングコースも大人気。

修道院付き大聖堂

モンセラットに来たら絶対見逃せないのがこちら。1000年以上もカタルーニャの人々に崇められてきた崇高な修道院付き大聖堂です。厳かな雰囲気が漂う中、美しいステンドグラスや彫刻などが見られます。

ムラネータ(黒いマリア像)

本当に顔が黒いのには、驚きでした。信仰のシンボルです。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
はるか昔12世紀、モンセラットの洞窟にて発見されたといわれている黒いマリア像が、大聖堂内にまつられています。世界中より人々が訪れ、近くで拝むためには1~2時間待つことも。

アトゥリオのパティオ

ゴシック様式とルネサンス様式の折衷の聖堂前のパティオは、パワースポットと知られ、腕を広げて瞑想するとと不思議な力が蘇ると言われています。

出典:kamimura.com
大聖堂の門をくぐったところにあるこちら「アトゥリオのパティオ(パティオはスペイン語で「中庭」の意)」。厳かな雰囲気に包まれています。中心部にある幾何学模様の円は、パワースポットとして知られています。

エスコラニア(少年聖歌隊)

14世紀より続く、ヨーロッパ最古の少年合唱団のひとつ。その透き通った美しい歌声は、ミサの時間に聞くことができます。多くの人がその声を聞こうと集まるので、早めに行くことをおすすめします。
【スケジュール】
月~木 11:00~、18:45~
金   13:00~
日・祝 11:00~、18:45~
※時間は変更することがあるので、下記リンクより確認してください。

美術館

ピカソ、ダリ、ミロなどスペインを代表する巨匠の作品を見ることができます。絵画のほかにも古代ギリシャやローマの遺品が展示されており、さまざまなアートを楽しめるのが魅力です。
【営業時間】10:00~17:45
 ※夏季、4月5日、10月26日は10:00~18:45
         12月25日は13:00~18:45
【料金】7ユーロ

サンタ・コバ

言い伝えで黒いマリア像が見つかったとされている洞窟、サンタ・コバ。ケーブルカーをサンタ・コバにて下車した後、15個あるモニュメント沿いに40分ほど歩いていくと、礼拝堂のある洞窟にたどりつきます。ひっそりとした何とも神秘的な雰囲気が漂っています。

15のモニュメント

フニクラ乗車時間が5分程度、ゆっくり歩いて15分程でガウディ作のモニュメントに着きます。

出典:barcelona.s28.xrea.com
ケーブルカーのサンタ・コバ駅より礼拝堂へ向かう道には、15のモニュメントが点在しています。その中の一つは、サグラダ・ファミリアを設計したガウディが手がけたもの。ここでも見られる巨匠の作品、ぜひ探してみてください!

サン・ジュアン展望台

ケーブルカーにて行けるサン・ジュアン展望台。標高972mより、修道院とモンセラットの絶景が見られます。眼下に広がる大パノラマを楽しみましょう。トレッキング・コースもあります。

サン・ミゲル展望台

修道院より20分ほど登るとたどり着くこちらの展望台。大きな十字架が目印です。ここからは、美しいモンセラットの山々と修道院を見下ろすことができます。軽いトレッキングコースにもおすすめ。

スイーツ【マト】

マトはそのままで蜂蜜をかけて食べるのもシンプルでおいしいですよ。

出典:www.tripadvisor.jp
カタルーニャの名物、マト。ここモンセラットのものは特に有名です。主にデザートとして食べられるフレッシュチーズです。チーズ自体は甘くないので、ハチミツをかけて食べるのがおすすめ。

カフェ・レストラン【ラ・カフェテリア】

周辺には食べられる場所が少ないモンセラット。こちらは、観光案内所のすぐ近くにあり、アクセス抜群のカフェ・レストランです。セルフサービスなので、実物を見ながら自分でメニューを選ぶことができます。ちょっとコーヒーを飲んで休憩したり、しっかりランチを食べるのにもおすすめです。
【営業時間】9:00~17:45
 ※土・日は8:45~18:45
         夏季は9:00~19:45
【住所】Placa de la Creu

お土産屋【ラ・ボティガ】

旅行の思い出に買いたいお土産。観光案内所の隣にある広いこちらのお土産屋さんでは、モンセラットならではのグッズを買うことができます。黒いマリア像のグッズも…ご利益がありそうですね!
【営業時間】9:00~17:45
 ※土・日は9:00~18:45
         夏季は9:00~18:45(土・日は9~19:45)
【住所】Placa de la Creu

アクセス

公共交通機関を使った行き方には2種類あります。
① Plaza de Espanya(スペイン広場)よりカタルーニャ鉄道R5【Manreza行き】に乗車→Monistrol de Montserrat駅にてCremallera(登山鉄道)に乗り換え、終点にて下車
② Plaza de Espanya(スペイン広場)よりカタルーニャ鉄道R5【Manreza行き】に乗車→Montserrat-Aeri駅にてAeri de Montserrat(ケーブルカー)に乗り換え。

・所要時間は両方ともかわりません。ケーブルカーは断崖を登って行くため眺めがいいのですが、ハイシーズンには混雑することも。運行間隔は、登山鉄道よりケーブルカーの方が多いです。
・カタルーニャ鉄道と登山鉄道もしくはケーブルカー、サン・ジュアンとサンタ・コバへのケーブルカー、地下鉄の1回分のチケットがついたお得な割引セットも発売されています。

寄り道しよう!コロニアル・グエル教会

私たちが訪れた日は快晴でしたので差し込む光はとても優しく、二人掛けの曲線美の椅子に座りぼーっと流れる時間はとても贅沢なものでした。

出典:www.tripadvisor.jp

やっぱりガウディ建築は見る価値があります。

出典:www.veltra.com
サグラダ・ファミリアを設計したガウディが手がけた教会。サグラダ・ファミリアの建設に専念するため、着工6年でコロニア・グエル教会の建設は中断されてしまいましたが、完成されていた地下の部分が聖堂として使われています。モンセラットへ行くまでのルートにあるので、立ち寄ることができます。
【営業時間】5月~10月 平日10:00~19:00 土・日・祝10:00~15:00
 11月~4月  平日10:00~17:00 土・日・祝10:00~15:00
【休業日】1月1日、1月6日、3月29日、4月3日、12月25日、12月26日
【料金】7ユーロ
いかがでしたか?バルセロナ周辺のおすすめスポット、モンセラットの魅力でした!大人にも子供にも大人気の名所なので、ぜひお越しください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

kanita旅行、グルメ、読書好き。横浜育ち、現在バルセロナ在住。

このまとめ記事に関して報告する