• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
美しい地中海と古代遺跡!リビア世界遺産観光スポットおすすめ5選

リビアは地図で見ると、北アフリカに位置し、東はエジプト、北は地中海に面し、南にはサハラ砂漠が広がっています。 世界遺産が5つもあり、観光名所や見所がたくさんある場所ですが、現在は治安が悪化し、渡航禁止となっているのが現状です。 一日も早く平和に観光出来る日が来ることを願うばかりです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① レプティス・マグナの古代遺跡(首都トリポリの東方)

大浴場や門、円形劇場やバジリカといった、まさに街並み全てがそのまま残っている壮大な遺跡です。遺跡の向こう側には青い地中海が迫り、青空と相まって大変美しい場所でもあります。

出典:www.tripadvisor.jp

現在も発掘調査が細々ながら続いているレプティス・マグナは、その30%程度しか姿を現わしてはいないといわれている。

出典:yuuma7.com
リビアには5つの世界遺産があります。定番の観光スポットではありますが、レプティス・マグナは他国からの侵攻により長い間砂漠に埋もれていたところを発掘されたので、保存状態も良いそうです。北アフリカ最大級の遺跡なので、一度は訪れてみたい場所です。
名 称 : レプティス・マグナの古代遺跡
エリア: 首都トリポリの東方
国 名 :リビア
分 類 :文化遺産
登録年 :1982年
遺産名(英語):Archaeological Site of Leptis Magna

② キュレネの考古遺跡(リビア北東部)

実はキュレネは長い間、書物の中だけで語り継がれてきた伝説の都市でした。1300年以上、砂の下に埋もれていたのです。

出典:www.nhk.or.jp

キュレネとかつてのアポロニア港の間には、およそ10kmにも及ぶ、巨大なネクロポリス(共同墓地)もあります。 ローマ都市として再建されたギリシャ都市の優れた遺跡として、ユネスコの世界遺産に登録されました。

出典:worldheritage.travelxguide.com
キュレネ遺跡は現在も発掘が続いていますが、まだ全体の2割ほどしか発掘が終わっていないそうです。まだまだ謎に包まれた古代遺跡。いつか実際の目で確かめてみたいですね。
名 称 : キュレネの考古遺跡
エリア: リビア北東部
国 名 : リビア
分 類 :文化遺産
登録年 :1982年
遺産名(英語):Archaeological Site of Cyrene

③ タドラルト・アカクスの岩絵遺跡群(リビア西部)

岩絵には、ゾウ、キリン、ラクダなどや馬に乗った人が描かれ、タッシリ・ナジェールの岩絵と同じく、かつてこの地が緑の大地であったことを教えてくれています。

出典:joy555.blogspot.jp

紀元前12000年頃から西暦100年頃に至るまでに描かれた岩絵は、この地域の文化的・自然的変化を反映しています。

出典:worldheritagesite.xyz
サハラ砂漠がかつて緑の大地であったという証拠ともいえるタドラルト・アカクスの岩絵遺跡群。
とても長い歳月を経ても、こうして古代の歴史が刻まれていることにロマンを感じます。
名 称 : タドラルト・アカクスの岩絵遺跡群
エリア: リビア西部
国 名 :リビア
分 類 :文化遺産
登録年 :1985年
遺産名(英語):Rock-Art Sites of Tadrart Acacus

④ サブラータの古代遺跡(リビア北西端ザウィア市)

サブラタの遺跡で有名な3層構造を保っている雄大な劇場も必見です。

サブラータは、古代ローマの穀倉地帯であった北アフリカから、ローマ帝国の領土に物資を輸出する為の一大拠点として栄えました。

出典:www.nhk.or.jp

サブラータの古代遺跡の中でもとりわけほぼ完ぺきな姿で残るローマ劇場は本当にすごいと言える。紀元180年に建造され、5,000人を収容したと言う劇場は、今なお現役で、サマーコンサートなどに利用されているのだから驚き。

出典:4travel.jp
古代ローマの植民都市遺跡、サブラータは、紀元前4世紀から黄金、奴隷、象牙などの中継貿易で栄えました。城壁、公共広場、アントニウス・ピウス神殿、劇場などが残っていますが、なかでも3世紀初めに建てられた円形劇場は3層の楽屋を備え、北アフリカ最大の規模を誇っているそうです。
名 称 : サブラータの古代遺跡
エリア: リビア北西端ザウィア市
国 名 :リビア
分 類 :文化遺産
登録年 :1982年
遺産名(英語):Archaeological Site of Sabratha

⑤ ガダーミスの旧市街(首都トリポリ南西)

全長7kmの城壁で囲まれた旧市街には、日干しレンガに石灰を塗った、白い壁のイスラム風の住居が多く残っている。

出典:kotobank.jp

石灰が塗られた簡素な外壁に対し、室内は象嵌、石膏の浮き彫り、アラベスクなどの装飾で満たされ、北アフリカの伝統的なマグレブ美術の影響が見られます。

出典:www.mochi3.com
独特の美しい景観でリビア観光でもシーズンを通して人気のスポットです。
伝統的な造りの白い外壁や豪華な内装も是非見てみたいですね。
名 称 : ガダーミスの旧市街
エリア: 首都トリポリ南西
国 名 :リビア
分 類 :文化遺産
登録年 :1986年
遺産名(英語):Old Town of Ghadames
2015年10月現在も治安情勢悪化により、政府から渡航中止勧告が出されており、しばらく観光は楽しめそうにありません。また、平和が訪れて、渡航が許可された場合、リビアでは個人旅行が許可されていないため、旅行社主催のツアーをご利用下さい。観光査証の滞在可能日数は1ヵ月となります。ツアーにより予算も異なりますので事前にご確認下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する