• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
まるでラピュタの世界みたい!思わず見入ってしまう「国内雲海スポット」9選

ラピュタの世界のような雲海に憧れたことがある人も少なくないのでは?世界中には雲海を楽しめるスポットってたくさんありますよね。実は日本国内でも、雲海を楽しむことができる場所はあったのです。今回は、思わず二度見してしまうほど美しい国内の雲海スポットをまとめてみました。

このまとめ記事の目次

1.雲海テラス 《北海道》

北海道の雲海といえば、この「雲海テラス」星野リゾートトマム内にある「雲海テラス」は、雲海を見る事のできる場所までゴンドラが連れて行ってくれます。ゴンドラで登った先の絶景には息を飲むこと間違いなし。雲海は天候によって見えないことがありますが、雲海テラスなら景色も十分に楽しむことができます。

詳細情報

「詳細」
・名称:雲海テラス
・住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム
・アクセス:◎車 道東自動車道 トマムICより約5分
・営業期間: 2015年5月16日(土)~10月13日(火)
・営業時間:◎ 5月16日~8月31日 5:00~8:00(上り最終乗車) ※下り最終9:00 ◎9月1日~9月30日 5:00~7:00(上り最終乗車) ※下り最終8:00 ◎ 10月1日~10月13日 5:00~7:00(上り最終乗車)※下り最終8:00
・電話番号:0167-58-1111
・料金:雲海ゴンドラ往復(税込) 大人1,900円/小学生1,200円 雲海ゴンドラシーズン券(税込) 大人5,000円/小学生3,000円※未就学児は無料
・オススメの時期:5~10月ごろ 季節により時間帯は異なる
hotelsCombinedで見る
  • 北海道勇払郡占冠村中トマム 雲海テラス
  • 0167581111

2.津別峠展望台 《北海道》

6~10月、気象条件が合えば、屈斜路湖を覆うように壮大な雲海を見ることができます。日の出の時間には、真っ白な雲の中から赤く染まる朝日がゆっくりと顔を出すので、真っ青な空を楽しむことができます。広大な自然だからこそ、一層感動が深まる雲海を津別峠展望台で見てみませんか?

詳細情報

「詳細」
・名称:津別峠展望台
・住所:北海道網走郡津別町字上里
・アクセス:◎電車 JR摩周駅から車で45分 交通 ◎車 女満別空港から国道39・240号、道道588号経由で53km/1時間10分
・電話番号:津別町観光協会/0152-76-2151
・オススメの時期:6月上旬~10月下旬
・時間帯:早朝3:40~5:40頃の日の出の時間帯
  • 北海道網走郡津別町上里
  • 0152-76-3333

3.まつだい芝峠温泉 雲海 《新潟》

まさしく「日本一の絶景」を楽しむことができる露天風呂。お湯に浸かりながら、視界いっぱいにひろがる雲海を堪能することができます。

詳細情報

「詳細」
・名称:まつだい芝峠温泉雲海
・住所:新潟県十日町市蓬平11の1
・アクセス: ほくほく線まつだい駅から車で7分 東京: 車以外/上越線新幹線越後湯沢経由ほくほく線松代駅下車、タクシーで7分 車/関越道~六日町~国道253号線経由50分
・チェックイン15:00 チェックアウト10:00
・電話番号:02559-7-3939

4.渋峠 《群馬》

長野県と群馬県の県境に位置する渋峠。国道の標高はなんと日本一。ドライブの休憩に車から降りて見る雲海は格別です。特に日の出の時間の雲海の幻想的な様子は言葉では言い表せません。

詳細情報

「詳細」
・名称: 渋峠
・住所: 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原渋峠
・アクセス: 関越道経由上信越道、上越方面へ~信州中野IC~志賀中野有料道路志賀高原、草津方面国道292車で50分
・電話番号:0269-34-2404 志賀高原観光協会
・オススメの時期: 5月 10-11月
  • 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7148

5.富士山 《山梨》

富士山といえば御来光ですよね。実は富士山でも五合目から八合目にかけて、雲海を見ることができるのです。過酷な登山の疲れも飛んでしまうほどの絶景です。もし登山するならば、ちゃんと登山の恰好をして万全の体調で臨んでくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

pekorojy人と旅と音楽が好き!

このまとめ記事に関して報告する