• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
佐倉市に行くなら絶対立ち寄らなきゃ!おすすめの観光スポット8選

千葉県の北部、印旛沼の南に広がる佐倉市。東京へ通勤する人が多く住む、ベッドタウンのイメージとともに、見どころ満載のおすすめ観光スポットもたくさんあるんです!その中でも、ぜひ立ち寄りたい名所をピックアップして8選ご紹介!

このまとめ記事の目次

➀印旛沼サンセットヒルズ(佐倉市・飯野)

高台から見渡す東京スカイツリーや富士山の眺めは、千葉眺望100景にも選出された、見事な景観を楽しむことができる、佐倉市のおすすめの名所です。
主に、キャンプで利用する人が多いですが、日数があまりとれなくても、もちろん日帰り利用も可。
テニスコートがあり、森林浴も楽しめる、人気のスポットです。

印旛沼サンセットヒルズ

住所:千葉県佐倉市飯野町27
電話番号:043-484-1011
交通アクセス:佐倉ICから車で
休業:宿泊キャンプは11月1日~3月31日まで休止。
(なお、2区画以上の利用があれば可) Dキャンプ 午前11時~午後6時 宿泊 午前11時~翌午前10時30分
  • 千葉県佐倉市飯野町27印旛沼サンセットヒルズ
  • 043-484-1011

➁旧堀田邸(佐倉市・鏑木町)

明治23年の竣工当時には、現在の3倍もの敷地があったと言われる、国の重要文化財にも指定されている佐倉市の名所です。
見どころは、自然の地形を活かして作られた「さくら庭園」。見事な景観が楽しめます。
ドラマのロケにも使用されたこともあり、多くの観光客が訪れる、歴史的建造物をじっくりと見学してみてはいかがでしょうか。
住所:千葉県佐倉市鏑木町274
TEL:043-484-6192 (佐倉市教育委員会文化課)
公共交通:JR佐倉駅から徒歩20分
車:東関東道佐倉ICから5km10分
駐車場:あり
料金:入館310円(武家屋敷、佐倉順天堂記念館との共通券540円)
時間:10時~16時30分(入館は~16時)
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
  • 千葉県佐倉市鏑木町274

➂佐倉城址公園(佐倉市・城内町)

江戸時代に、堀田氏の居城だった、佐倉城の跡地を整備して、現在は公園になっている名所です。地図上には、お城マークがぽつっとついているところが、当時の名残を感じさせます。
桜や、初夏の花菖蒲のシーズンには、観光客や地元の多くの人たちが、花見ついでに、のんびりと散策を楽しんだりする、憩いのスポットとして親しまれています。
住所:千葉県佐倉市城内町
TEL:043-484-6165 (佐倉市公園緑地課)
公共交通:京成京成佐倉駅から徒歩20分、またはJR佐倉駅から徒歩30分
車:東関東道佐倉ICから県道佐倉印西線経由6km20分
駐車場:あり
料金:入園自由
  • 千葉県佐倉市城内町
  • 043-484-4318

➃国立歴史民俗博物館(佐倉市・城内町)

古代から現代まで、日本の歴史の膨大な資料が展示されている博物館です。
定番の歴史資料のみでなく、出土土器やジオラマの展示などがされているほか、シーズンごとに、さまざまな企画展も開催されており、国内外から、観光や見学など、たくさんの人々が訪れる、佐倉市のおすすめスポットです。
佐倉城跡公園と隣接しているので、一日かけてじっくりと散策してみるのも良いのでは。
住所:千葉県佐倉市城内町117
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル 8~22時)
公共交通:京成京成佐倉駅から徒歩15分
車:東関東道佐倉ICから国道296号経由8km15分。または四街道ICから国道296号経由8km15分
駐車場:あり
料金:入館420円(企画展は別料金の場合あり)
時間:9時30分~17時(入館は~16時30分、10~2月は~16時30分、入館は~16時)
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
  • 千葉県佐倉市城内町117
  • 03-5777-8600

➄佐倉武家屋敷(佐倉市・宮小路)

城下町の面影を今に伝える、佐倉を代表する武家屋敷です。
なかでも、旧河原家住宅は、現存する武家住宅の中では、最も古いものとされています。
また、旧但馬家では、建物内での見学や休憩ができ、旧武居家では武家屋敷に関連する資料の展示があるので、当時の武家の暮らしなどを、存分に感じられる、おすすめの観光スポットです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する