• はてぶ
  • あとで
ちょっと変わった京都の魅力!京都観光でハズせない面白珍スポット6選

日本の定番の観光地である「京都」。京都には有名な観光スポットがあり、修学旅行などで一度は行ったことがあるって人が多いのではないでしょうか?有名観光地に行くのもいいですが、他の人が行ったことがないような京都のおもしろ珍スポットにも足を運んでみませんか!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①宝くじが当たっちゃうかも!「御金神社(みかねじんじゃ)」

金属全般にご利益が!

「御金神社」は全国でも唯一と言える、金属全般にご利益を授ける神様が奉られています。現在では大型農耕具や印刷機、工場の機会まで幅広くご利益を授け、通貨に用いられる金・銀・銅にもご利益があると言われています。そのことから、資産運用や不動産、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全を護る大神として、広く崇められているんです!
「御金神社」は京都市のほぼど真ん中、マンションや企業に囲まれた町中にあります。こじんまりした神社ですが、参拝の列が途切れないことも多い、人気の神社なのだとか!
金の鳥居をライトアップし、夜間も参拝者を迎え入れています!働いた後にご利益をお願いしに行くことができるのは嬉しいですよね。ライトアップされた鳥居はキラキラ輝いて非常に綺麗です。
お礼の絵馬もちらほらある事からご利益がありそうですよね!「御金神社」を参拝して一攫千金目指しましょう!
《住所》京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618
《アクセス》京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分
市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分
《拝観時間》自由
《拝観料》無料

②これが建物!?ユニークすぎる「顔の家」

建築家としても有名な山下和正氏による、珍建築の顔の家です。こんな珍建築見たことないですし、通行人はきっと誰もがじっと見つめがら通り過ぎていることでしょう。
口は1階で入り口になっています。鼻は2階。目は3階で窓になっています。
耳はベランダです。きちんと顔のパーツに欠けがない!デザイン性・機能性は抜群です。現在は住宅兼スタジオになっているそうですよ。是非一度中に入ってみたいものです。
《住所》京都府京都市中京区衣の棚通二条上ル

福岡県北九州市八幡西区藤原2-15-18

写真を投稿する
3.01 00

③挑戦者来たれ!「京都激辛商店街」

京都向日市の町おこしのため、「ないものはない、ないなら作ればいいやん」という考えから、『激辛』をキーワードに始めたのが「激辛商店街」だそうです!ユニークですよね!話を聞いただけでも思わず行きたくなっちゃいます。
辛さをどこまでも表現するような、深紅の京都激辛商店街案内所!案内してくれる方もいらっしゃるようなので、お店のジャンルや好みの相談をしてみてくださいね。
とにかくあらゆるジャンルの激辛グルメが揃っています。激辛好きなら絶対にたまらない!アイスさえも激辛なんです。怖いもの知りたさで行ってみるのもいいですね!
《住所》京都府向日市 JR向日町駅商店街一帯
《アクセス》JR向日町駅まで京都駅より9分 / 大阪駅より35分 阪急東向日駅まで京都河原町から17分 / 大阪梅田から40分
《営業時間》月曜日〜金曜日 9:00〜18:00

京都府向日市寺戸町小佃19

写真を投稿する
3.00 00

④全部が手作り、個性的!「愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)」

無数の写真に写っているのは羅漢像です。昭和54年から10年間に、寺の復興を祈念して作られたものなんです。
1200鉢もの石像の羅漢像。この羅漢像、なんと全て参拝者によって彫られたものなんです!一体一体が違う顔。不思議な感じですよね。全てに個性があって、気持ちが和みます。
秋には紅葉も色鮮やかに輝きますよ!京都の紅葉、穴場スポットです!
《住所》右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
《アクセス》JR嵯峨嵐山駅下車、バス停「野々宮」より京都バス・清滝行「おたぎ寺前」下車(阪急嵐山駅前より・同上バス)
《営業時間》8:00~17:00
《定休日》無休
《拝観料》300円

⑤らくがきすると願いが叶う!「らくがき寺(単伝庵)」

書いちゃいけないと言われると書きたくなる。小さい頃なら特にらくがきって思わずやっちゃうものですよね。お寺にらくがきしようものなら怒られるだけじゃすまない…。
ですが、らくがき寺は特殊!願いをらくがきすることでお願いが叶っちゃうかも!?そんなユニークで楽しいお寺なんです。子供と参拝するのもいいかも!
ルールをきちんと守って、大切なお願い事を叶えましょう!
《住所》京都府八幡市八幡吉野33
《アクセス》京阪八幡市駅→徒歩10分
《拝観時間》土曜日、日曜日と正月三箇日 9:00~15:00(元旦は深夜0時から)
《定休日》月曜日~金曜日(正月三箇日を除く)
※予約していただければ対応可
《拝観料》参拝100円 落書き祈願300円

京都府八幡市八幡吉野垣内33

3.56 25

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥圧巻の眺めがそこに!「伏見稲荷大社」

珍スポットというよりは、日本を代表する観光地スポットの一つと言える「伏見稲荷大社」ですが、とてもユニークなのでご紹介します。
無数に並ぶ朱色の鳥居のトンネル「千本鳥居」はご存知の方も多いかもしれません。これらは1300年の時を経て、多くの信者が奉納していったものなんです。その数は一万基にのぼるのだとか!
あらゆるところに鳥居があり、あらゆるものが鳥居がモチーフになっています。ミニチュアの鳥居、可愛いですよね…!
《住所》京都府京都市伏見区深草藪之内町68
《アクセス》JR奈良線「稲荷」駅からすぐ
京阪電鉄京阪本線「伏見稲荷」駅から徒歩で約5分
《拝観時間》7:00~18:00

京都府京都市伏見区深草藪之内町68 伏見稲荷大社

4.53 2585266

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

そうだ、京都の珍スポットに行こう。

いかがでしたか?何度だって行きたくなる京都、観光スポットが沢山ある京都。だからこそ、旅行の計画に珍スポットを混ぜたりして、京都をどこまでも堪能してみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

くえんさんひと味違うことが好き

このまとめ記事に関して報告する