• はてぶ
  • あとで
ブルキナファソのおすすめ観光スポット!アートであふれる国を堪能しよう!

ブルキナファソは、アフリカ西部の真ん中に位置し、西アフリカの心臓部分と言われています。暑い季節には日陰でも40度を越す時があり、日本では体感できない気温になる場合もありますので、十分注意の必要な国です。そんなブルキナファソの5選をお楽しみください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①Les Pics de Sindou(ピーク・サンドゥ)西部

バンフォラの中心部から車で小一時間行ったところにある有料公園。中には岩がボコボコ隆起しており、岩の間をぷらぷら散歩できる。

出典:www.tripadvisor.jp

アメリカやオーストラリアに似たような場所があり、そちらのほうが規模が圧倒的に大きいのだが、「ブルキナファソにもこういう場所がある」ということに感動した。

出典:www.tripadvisor.jp
とても暑い国ですので、水分補給などには十分気を配り、ツアーを楽しんでいただきたいです。多くの岩に圧倒され、その間を歩くことでより一層楽しむことが出来ます。
英語名:Les Pics de Sindou
日本語名:ピーク・サンドゥ
場所:ブルキナファソ西部

②Mosque of Bobo-Dioulasso(ボボ・デュラッソのモスク)西部

ボボドゥラッソの観光スポットといえば、中心市街地から徒歩3分のところにあるこのモスクです。西アフリカの伝統的な形状をしており、マリやニジェールにも同じようなモスクがあります。

出典:www.tripadvisor.jp

こちらは内観料を支払うと内部に入ることができます。内部は少々狭いですが、宗教的な雰囲気に包まれています。ぜひ一度中に入ってみることをお勧めします。

出典:www.tripadvisor.jp
モスクは外観もとても興味深いですが、中も相当気になりますね。教会の中に入る感覚で、内観してみましょう。その場所でしか味わえない空気感を楽しむことが出来るはずです。
英語名:Mosque of Bobo-Dioulasso
日本語名:ボボ・デュラッソのモスク
場所:ブルキナファソ西部

③The Ruins of Loropeni(ロロペニの遺跡群)南部

調査の結果、石垣が作られたのは、少なくとも1000年近く前であることがわかりました。しかし、誰が何のために作ったのか、詳しいことは明らかになっていません。

出典:www.nhk.or.jp

黄金の採掘と交易に関連して建てられた施設と推測されており、手がけたのはロロン人もしくはクランゴ人と考えられている。

出典:www.sekaspo.com
まだまだ謎多きロロペニの遺跡群。見つかっていない遺跡もある言われ、ぜひ現地で見てみたいものですね。また、世界遺産に登録されておりますので、観光名所と言ってもいいでしょう。
英語名:The Ruins of Loropeni
日本語名:ロロペニ遺跡群
場所:ブルキナファソ南部

④Laongo Sculpture Symposium(ラオンゴの花崗岩彫刻庭園)中部

露出された花崗岩に彫刻された作品が数多く展示されており、1998年から2年に一度海外からアーティストを庭園に招いて作品が作られ続けています。

出典:jbfa.org

才能豊かなアーティストたちによる花崗岩の彫刻を見るのには最適の場所です。 大きな岩に彫刻されている。モダンで、伝統的な彫刻は興味深い。

出典:www.tripadvisor.jp
さまざまなアーティストが作り上げる彫刻の数々は、この国でしか見られませんので、人気の観光スポットです。日本人アーティストの作品もありますので、ぜひ、足を運んでいただきたく思います。
ひとつひとつに個性があり、とても楽しめること間違いなしです。
英語名:Laongo Sculpture Symposium
日本語名:ラオンゴの花崗岩彫刻庭園
場所:ブルキナファソ中部

⑤TIEBELE(ティエベレ)南部

入口が狭いのは、ライオンなどの外敵が侵入しないようにとの生活の知恵です。昔の名残ですね。

出典:www.jbfa.org

外敵の侵入を困難にするために入口を狭め、穀物や家畜を守れるように、非常に堅固な要塞のような造りになっています。外壁や住居の外側は、幾何学模様が描かれており、これもティエベレ村の特徴です。

出典:www.palmtour.net
村の人々が生活している建物ですが、まるでアートのようで、とても楽しめる空間なのは間違いありません。ですが近年、幾何学模様が劣化してきているようです。出来る限り早く、美しい状態をみておきたいですよね。
英語名:TIEBELE
日本語名:ティエベレ
場所:ブルキナファソ中南部
いかがでしたでしょうか。自然もすばらしい国ですが、アートを楽しめる観光スポットが多いです。人気の定番観光スポットが決まっているように感じられますので、ツアーも多く組まれていると思われます。ぜひ、旅行先の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する