• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
たった2万でアジアを周遊!裏技級のアセアン・パスが最強すぎる

たった2万円で東南アジアが周遊できる!?聞いただけでは到底信じられないことですが、本当なんです。それがアジアNo.1LCC のエア・アジアが打ち出したアセアン・パス。最安で1万8000円で東南アジアが周遊できるという過去例に見ない最強の航空券。あまり日本でも知名度の少ないこの夢のような航空券の実態を紹介します!

このまとめ記事の目次

史上最強の航空券が誕生

たった2万円で東南アジアが周遊できるそんな夢のような航空券があったことを皆さんご存知でしたか?それが世界No.1LCCのエア・アジアが打ち出した回数券型の航空券「アセアン・パス」。過去最強の航空券といっても過言ではありません。
そんな「アセアン・パス」具体的にはどんな航空券なんでしょうか?

そもそも、アセアンとは?

まず「アセアン・パス」を説明する前に、そもそもアセアンとは何なのでしょうか。
アセアンとは東南アジア10か国から成る東南アジア連合のことです。国際連合の東南アジア版だと思っていただけたら大丈夫です。
アセアンを構成するのは上の地図に書かれた10の国々。現在旅行客から大きな注目を浴びている国が多数所属しています。

使い方

上で紹介したアセアン諸国を周遊することできる回数券型の航空券がアセアン・パス。ここからはより詳しくその使い方等を紹介していきます。最安で1万8000円で周遊できるので必見です!

選べる二種類

まず、アセアン・パスは二種類のプランが存在します。
一つが10クレジットを有効期限30日で使える18,000円のプラン。もう一つが20クレジットを有効期限60日で使える32,000円のプランです。

クレジット数とは?

では、上で書いたクレジットとは何なのでしょうか。
クレジットとは分かりやすく説明すると、パスモやスイカなどの電子マネーのチャージ額のようなもの。アセアンパスを買うと10クレジットまたは20クレジットがもらえるわけです。
そして、アセアン内の各移動区間にはそれぞれ必要なクレジット数が決まっています。
例えば上の画像はバンコクから"1”クレジットで行ける都市、場所を一覧にしたものです。もちろんバンコク発以外にもこのように、様々な区間を1クレジットで移動することができます。バンコクからアンコール・ワットを見にシェムリアップまでというような移動をたった1クレジットでできるわけです。
もちろん全区間1クレジットではなく、3クレジットが必要な場合もあります。それでも18000円で10 クレジットもらえるのですから、非常にお得です。

こっちが大事!注意点

使い方だけを読むと非常に便利にも思えますが、意外と制約も多いので気を付けなければいけません!

使えるのは”アセアン地域内”だけ!

アセアンパスで一番大事なのが、パスがアセアン諸国内のみでしか使えないということ。これはつまり、日本-アセアン間の移動では別に航空券を準備する必要があります。日本からアセアンパスを使いたい場合には必ず別に航空券が必要なわけです。

同一区間は”一度”まで!

もう一つ大事のなのが、同一区間を二度通れないというルール。例えばバンコク-クアラルンプール、クアラルンプール-バンコクも同一区間となるので、アセアンパスで往復便をとったりすることもできません。
そのため、東南アジアをアセアンパスで周遊する場合はルートが非常に重要になります。
上手な周り方は上の画像の左側の「周遊型」と右側の「一都市拠点型」。これだと一区間一度までのルールにはかかりません。
この他にも途中でバスや列車での陸路移動を組み込むのも賢いですね。

パスの座席制限がある!

飛行機でパスの人が乗ることのできる座席の数はもともと決まっているので、人気路線だとなかなか予約が取れないという場合があります。人が乗らなさそうな路線、時間を見極めるのが肝心です。

土日祝、学校休暇期間は使えない可能性も

またアセアン・パスは土日祝、学校休暇時期には使うことができません。これが一番ネックな問題かもしれません。せっかく学校の長期休暇で使おうと思っていても使えないとなると正直不便ですね。ただこの学校休暇期間がいつにあたるのか厳密に書かれていないので注意が必要です。もしかしたら、学校が休みでも使える期間があるかもしれません。

アジア周遊のすすめ

ここからは、せっかくアセアン・パスがあるわけですから、東南アジアを周遊するときに是非とも行きたい都市やそのほかおすすめ情報を紹介していきます。

東南アジアの拠点 バンコク

東南アジアを周遊する場合、必ず訪れるべきがバンコク。東南アジアを代表する都市であり、東東アジアの良さが凝縮しています。

アンコールワット! シェムリアップ

周遊する際に全員が訪れるといってもおかしくないのが、古代遺跡アンコールワット。その玄関口となるのがシェムリアップです。

美しい海 バリ

誰しもが憧れる楽園バリ。この楽園もアセアン・パスを使って、行くことができます。航空券は安く、宿泊ホテルは高級にといった旅行の仕方もアセアン・パスでならできます。

観光大国 シンガポール

資源もない、土地もない、そんな国が今では世界屈指の観光大国に。最先端の国シンガポールは一つ一つの建物、施設が驚愕的です。

アセアンパスでアジアを制覇せよ

確かに制約が多いアセアン・パスですが、上手に使えば間違えなく「最強」の航空券です。今世界で最も注目されている東南アジアを訪れる際の一つの選択肢としてアセアン・パスも考えてみてはどうでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Brokeniphoneきっと新しい発見がある。そう、Brokeniphoneとならね。

このまとめ記事に関して報告する