• はてぶ
  • あとで
一日では回れない!浅草観光スポットのおすすめ7選

浅草で絶対外せない観光スポットはどこだかご存じですか?有名すぎる雷門?それと仲見世でしょうか。浅草に行くのならおすすめの名所や定番の人気スポットは忘れずに回りたいものです。浅草は外国人の間でも有名なので、観光シーズンには穴場と言われるところでさえ混むもの。絶対外せないおすすめ観光スポットは抑えて置いて、「あそこに行かなかった!」ということが無い様にしたいですね。浅草で『絶対外せない』観光スポットのおすすめ7選。しっかりチェックしてからお出かけください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 雷門&仲見世

雷門はたくさんの観光客で溢れかえっています。海外からの観光客も多く、ワイワイガヤガヤ、人力車の威勢の良い客の呼び込みはこれぞ観光地という感じです。雷門から浅草寺までの仲見世にはたくさんのお土産屋さんがあり、たった数100mですが何時間でも楽しめるスポットです。
雷門のところで写真を撮ると「浅草に来た」という感じがしますよね。あの提灯はパナソニックが毎年寄付しているものだそうで、下に名前が入っています。そこから真っ直ぐ続く仲見世通りには、定番の日本土産になりそうなものや浅草名物のすき焼き、ラーメン、もんじゃ焼きのお店などが並んでいます。
【名称】 風神雷神門(ふうじんらいじんもん)、仲見世通り
【住所】 東京都台東区浅草一丁目2番-3番地
【アクセス】 浅草線または銀座線浅草駅から約100m
【営業時間】 仲見世のお店は8:00~9:30くらいの間に開いて夕方17:00~20:30くらい
【定休日】 お店による

2. 浅草寺

日本の情緒がたっぷりの浅草寺からは日本の最先端でもあるスカイツリーが眺められます。日本の伝統と最先端技術のコラボは圧巻です。
平日に訪れても多くの人であふれている浅草寺、ほかの人に流されるのではなく、よく管理されている境内をのんびり散歩するのもいいですよ。お線香を買って、煙を浴びさせてもらうのもおすすめ。
浅草に行ったらやはり浅草寺には一度行きたいですね。おみくじを引いてじっくりお参りしましょう。
【名称】 あさくさかんのん 浅草寺(せんそうじ)
【住所】 〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
【連絡先】 03-3842-0181
【アクセス】 各線浅草駅より徒歩5分 
【営業時間】 夏季(4月~9月)6:00~17:00 冬季(10月~3月)6:30~17:00
【定休日】 無休

3. 浅草花やしき

浅草という雰囲気を壊さないような遊園地で、つくりが昔ながらというかローテクな感じです。なのでいつ止まってもおかしくないような感じもスリリングでいいかも。Beeタワーは、浅草が一望でき、大人でも楽しめます。
花やしきのローラーコースターは日本最古だそうです。細いビルの間を低速でガタピシと通るので、壊れそうで怖いと評判です。お昼は花やしきのBBQガーデンというのも良いですね。
【名称】 浅草花やしき
【住所】 〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1
【連絡先】 03-3842-8780
【アクセス】 つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
        地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分
【営業時間】 10:00~18:00(営業時間は季節・天候により異なります)
【定休日】 不定期

4. 人形焼

人形焼はお土産として非常に人気ですが、出来立てのアツアツの人形焼はその場で食べるのが一番おいしい食べ方です。浅草寺の手前、仲見世通りにある「元祖木村家人形焼本舗」の人形焼がおすすめ。
浅草で土産と言えば真っ先に思い浮かぶのがこの人形焼、そして雷おこしです。焼きたてのせんべいも良いですが、やはり一度はお店の中を覗いてみないと通り過ぎることができません。人形焼を売っているお店は何軒かありますので、比べて見て自分の好みのものを選びましょう。
【名称】 人形焼
【住所】 仲見世通りで買える
【アクセス】 浅草仲見世通り内
【営業時間】 10:00ごろから17:00位のお店が多い
【定休日】 お店ごとに違います

5. 人力車

愛嬌が素晴らしい人力車の方はたくさんいますが、「この人に案内されたい!」という人に付いて行きましょう。それが一番楽しめるはずです。
浅草は歩き回るのが楽しいので、雨が降ったときはなかなか少しがっかりですが人力車に乗れば万事解決です。毛布や懐炉もしてもらい寒さはないし、乗り心地もびっくりするほどよく、ポイントの観光案内ととても楽しめます。一度は乗ってみたいのがこの「人力車」です。古い日本を思い出させる町・浅草で、情緒に浸れます。
【名称】 人力車
【住所】 東京都台東区 浅草1丁目、2丁目辺り
【営業時間】 9:00、9:30~日没、18:00頃まで
【定休日】 人力車によります
asoviewで見る

東京都台東区浅草1-20-4イーストビル

写真を投稿する
3.43 10

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 演芸ホール

昼の部に行きました。11時30分から始まる昼の部ですが朝の9時から整理券を配るので、その前から並んでおけば整理券を獲得できます。すでに早い人は7時から並んでるという人気ぶりです。
平日の観客は招待券での入場が多いので、有効期限が近づく月末近くは平日も立ち見になるほど混み合っています。都内に4軒の落語定席の一つです。落語、漫談、紙切りなど色々な演芸が一日を通して見られます。
【名称】 浅草演芸ホール
【住所】 〒111-0032東京都台東区浅草1-43-12 (六区ブロードウエイ 商店街中央)
【連絡先】 03-3841-6545/03-3841-8126
【アクセス】 つくばエクスプレス浅草駅徒歩すぐ、都営バス浅草公園六区停留所徒歩1分
【営業時間】 11:30~21:00 プログラムによります
【定休日】 無し
【その他】 全席自由

7. 大衆演劇・木馬座

大衆演劇では、一般的な演劇で配られるような「当日パンフレット」というものは存在しないため、劇団員の顔と名前は何度も通いながら見て覚えていくものなんです。月替わりで公演演劇が行われます。狂言やゲスト等のお知らせは公式ホームページに乗っています。
一日では回れない!浅草観光スポットのおすすめ7選、いかがでしたか?定番の観光スポットは忘れず押さえておきたいですよね。そうそう、浅草からはスカイツリーがきれいに見えます。浅草の観光スポットとスカイツリーのツーショットを狙うのもお忘れなく!
【名称】 浅草木馬館大衆劇場
【住所】 〒111-0032 東京都台東区浅草2-7-5
【連絡先】 03-3842-0709
【アクセス】 つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分
【営業時間】 昼の部 12:00~15:30 夜の部 17:00~20:30

東京都台東区浅草2-7−5

3.34 18

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する