• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界でたったの3ヶ所!「世界一綺麗な星空」に選ばれた場所をご紹介

今回は世界でもたったの3ヶ所しか存在しない「星空保護区ゴールドティア」をご紹介していきます。どこも目を疑うほどの美しさを誇っており、死ぬまでに一度は行ってみたい場所です。(なお掲載されている情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

星空保護区ゴールドティアとは

国際ダークスカイ協会(IDA)が認定している、世界で最も美しい星空を見ることのできる場所、「星空保護区ゴールドティア」。世界にはこの星空保護区ゴールドティアに認定されている地区はたったの3ヶ所しかないのです。今回は名誉ある星空保護区ゴールドティアに選ばれている世界のスポット3ヶ所をご紹介していきます。

①ナミブ砂漠 / ナミビア

まずは昼の姿を

最初にご紹介するのは、アフリカ大陸の南西部、南北に約1300kmほど広がる「ナミブ砂漠」です。太陽に照らされた地平線は、まるで絵画と見間違えてしまうほどの光景。世界最古の砂漠ともいわれているこの地、どこまでいっても砂の世界は、地球上の場所じゃないみたいですね。

星空はこちら

こちらが星空保護区の1つであるナミビア砂漠の星空。日本だとこんなにも綺麗な星空は絶対に見ることができないですよね。遮るものが何一つない、完全な夜空があると言われているナミブ砂漠の星空には、一切の光害がない、完全な暗闇があたりを覆いつくしています。それゆえ夜空に浮かぶ星が一段と際立つのですね。
しかし開発が進むにつれて、徐々に郊外の脅威にさらされているんだとか。宝石のような星空だけでなく、生態系の保護も加味して、ナミブ砂漠の環境保護に日夜取り組まれています。星も美しいのですが、一緒にうつっている木もまたいい味が出ていますよね。アフリカ大陸ならではの力強い生命感を感じるとともに、どこか寂しげな表情をしているように見えます。

詳細情報

  • ナミビア D831, Namibia
  • + 264-61-224882

②テカポ湖 / ニュージーランド

まずは昼の姿を

次にご紹介するのは、ニュージーランド屈指の景勝地である「テカポ湖」。絵の具をそのまま湖に流し込んだような色をしており、とても癒やされます。これぞ大自然といった感じで、日々の疲れが一気に吹っ飛びそう。これだけでも十分絶景なんですが、本番は夜になってからです。

星空はこちら

夜空に幾千の星々が浮かぶ、テカポ湖の美しい星空はそのあまりにも美しさに世界遺産に登録しようという運動が起こるほどなのです。そのために街灯に傘をかぶせたり、なるべき公害を発生させない取り組みが実施されているのです。宇宙が作り出すこの超絶景、ぜひとも世界遺産の仲間入りをはたしてほしいですね。
澄んだ空気や、晴れた日が多いこの場所は星空観光にもうってつけの場所です。また南十字星やマゼラン雲など、なかなか北半球では見ることができない星が見れるのも貴重なポイント。さらには、湖畔にぽつりとたたずむ羊飼いの教会もどこか切ない雰囲気を演出しています。無限に広がる星空が慰めているかのようですね。

詳細情報

  • ニュージーランド カンタベリー テカポ湖

③アイベラ半島 / アイルランド

最後にご紹介するのは、ヨーロッパでも最高峰の美しさを誇っているアイルランドの「アイベラ半島」です。星空保護区ゴールドティアに認定されている中で唯一北半球に位置するこの場所は、雄大な山々と森、壮麗な湖など手つかずの自然が特徴の場所です。ヨーロッパでも人気な避暑地としても知られています。

肉眼で4000個の星空が見える

天体観測というと大掛かりな機材がないと上手く観察できないというイメージがありますよね。しかしここアイベラ半島ではなんと肉眼で4000個ほどの星を見ることができるのです!天然のプラネタリウムと厳かな自然とのコラボレーションは、一種のパワースポットのように感じられます。
なぜ肉眼で4000個も肉眼で見ることができるかといいますと、住民の方たち自らが空へと向かう光を制限しているのです。そのため光源がほとんどなく、古代の人たちが暮らしていた環境に限りなく近いため、彼らが見ていた星空と同じものを見ることができるのです。なんともロマンチックな星空スポットです。

詳細情報

  • kerry ireland

あなたはどこに見に行く?

いかがでしたか。世界にたった3ヶ所しか存在しない「星空保護区ゴールドティア」。あなたはこの3つのうち、どこで星空を見てみたいですか?(なお掲載されている情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する