• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【那須湯本温泉】日帰りで入る温泉の楽しみ方をまとめます

温泉好きの方・日帰りで温泉を楽しみたい方・温泉の楽しみ方があまりわからない方。今回は那須湯本温泉の日帰りの楽しみ方をご紹介いたします。まだ何も計画を立てていない方、この那須湯本温泉の記事を見て計画を立てましょう!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

那須温泉郷

現在では郭公、飯盛、旭は廃れ、那須湯本温泉、大丸温泉、弁天温泉、北温泉、八幡温泉、高雄温泉、三斗小屋温泉の7つを「那須七湯」、これに新那須温泉を加え那須八湯(なすはちゆ)としている。

出典:ja.wikipedia.org
たくさん温泉がある中のひとつが那須湯本温泉で、一番古い温泉となっています。場所ごとで温泉の効能が違ってくるので楽しみ方が豊富です。日帰りで温泉巡りの楽しみ方も出来ますね。

湯本温泉郷/鹿の湯

狩野三郎行広という者が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していました。そこで鹿によって発見された「鹿の湯」と名づけたと伝えられています。

出典:www.shikanoyu.jp
那須湯元温泉の元湯と言われており、ここで源泉が初めて見つかったと言われています。那須温泉郷の代名詞と言われ今でも人気の温泉です。日帰りでも楽しみましょう!

温泉

ひしゃくにて大人およそ200回、子供およそ100回、ひざを湯 のふちに近づけ、頭を下げ、お湯をはね出さぬよう静かにかぶって下さい。

出典:www.shikanoyu.jp
温泉につかる前にはまずここから!かぶりで体を流してから温泉に入りましょう。
ここは楽しみ方が6つあります。それぞれ違う温度が設定されており41・42・43・44・46・48とどんどん温度が上がってきます。ぬるめの湯から入ると効果が高まるそうです。
楽しみ方としては、腰まで1分・胸まで1分・足まで1分を繰り返し入るといいと言われています。
【詳細情報】
[住所]
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本181
[電話番号]
0287-76-3098
[営業時間]
8:00~18:00(最終受付17:30)
[料金]
大人 平日400円/土日祭日500円 小人(小学生)300円 幼児無料
[アクセス]

東北自動車道 那須ICより県道17号を那須岳方面へ12km
駐車場:50台(無料)

那須湯本温泉/松川屋 那須高原ホテル

開湯1380年以上の歴史を持つ鹿の湯と大丸温泉のさらに上から引湯する奥の沢源泉の2種類の温泉を引湯しています。

出典:www.matsukawaya.co.jp
ここの那須湯本温泉も長い歴史があり、日帰り温泉が楽しめます。

温泉

こちらは貸切温泉となっています。貸切なので自分の好きな楽しみ方が出来ます。貸切ごとにお湯を張り替えているので、日帰りでも安心してはいることが出来ます。
内湯・露天風呂どちらからでも自然豊かな景色を眺望出来ます。体を癒しながら景色でまた癒される良い楽しみ方です。

女性 露天風呂

女性の露天風呂は男性とほぼ変わらない大きさなのですが、内湯が少し男性より小さい感じがします。しかし、楽しみ方は女性も男性もかわりません。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する