• はてぶ
  • あとで
パリジェンヌが愛してやまない!パン屋"リチュエル"が青山にオープン

多くのパリジャン、パリジェンヌを魅了しているヴィエノワズリー専門店「リチュエル」の自由が丘に続く日本2号店が東京・青山に2015年11月18日(水)にオープンします!オープンを記念して"パリでも食べられない"日本限定「エスカルゴ カフェ・ノワゼット」の先行販売もあるんだとか。パンを愛するそこのあなた、要チェックですよ!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ヴィエノワズリーって知ってる?

日本ではあまり聞き慣れない「ヴィエノワズリー」。その言葉の意味は、酵母発酵させたパン生地や様々なペイストリー生地を焼いた菓子パンの総称です。クロワッサンがその代表です。

"リチュエル"が日本2号店を東京・青山にオープン

そんなヴィエノワズリー専門店"リチュエル パー クリストフ・ヴァスール"の日本2号店が2015年11月18日(水)、東京・青山にオープンします!

オープンを記念して日本限定「エスカルゴ カフェ・ノワゼット」の先行販売もあるんだとか。「エスカルゴ カフェ・ノワゼット」は自家製カスタードクリームを使用したコーヒークリームを、香ばしいヘーゼルナッツとともに、クロワッサン生地で巻き上げたは本場"パリでも食べられない"レアなヴィエノワズリーです。
"リチュエル"のヴィエノワズリーは数々の賞を受賞してきたフランス・パリ随一のブーランジェリーデュ・パン・エ・デジデのオーナー、クリストフ・ヴァスールがてがけています。

一般的な生地の約2倍の時間をかけて長時間発酵させた生地を使用したヴィエノワズリーはひとつひとつ手で丁寧に成型され、希少となった石床式のオーブンでゆっくりと焼き上げられるんだとか。美味しそうですね!

1号店の評判は?

1つ700円ほどする高級なパンではありますが、甘さが控えめで繊細な上品なヴィエノワズリーは毎日でも食べたいほど美味しいと評判です。1番人気はサクサクした食感とバターの香りがよいクロワッサン。オシャレで開放的な店内の雰囲気やヴィエノワズリーが焼き上がるまでの製造工程を見ることができるのも人気の秘密なんだとか。

絶品ヴィエノワズリーを食べに行こう

パリから東京にやってきた絶品ヴィエノワズリー、本当に美味しそうですよね。
疲れた体には甘いものも必要ですよ。頑張った自分へのご褒美に買ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

[オープン日]2015年11月18日(水)
[営業時間]月〜金 8:00〜19:00(土日祝 9:00〜)
[住所]東京都港区北青山3-6-23 1・2F
[電話番号]03-5778-9569

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

muto-zero写真を撮ることと食べることが好きです!

このまとめ記事に関して報告する