• はてぶ
  • あとで
温泉三昧の宿、群馬県四万温泉、老舗旅館「四万たむら」の魅力と楽しみ方15選

群馬県四万温泉の旅館「四万たむら」は室町時代から湯治場として栄え、五百年もの長い間、人々に愛され続けている老舗旅館の一つです。昭和29年全国で初めて国民保養温泉の指定を受けた自家源泉によるかけ流しの7つの湯は「日本三大胃腸の名湯」とも言われています。本格懐石料理や様々な種類の客室など、旅館「四万たむら」の魅力と楽しみ方についてお話しします。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

その1 群馬県四万温泉のロケーション

四万たむらは群馬県吾妻郡中之島町にあります。東京からは関越自動車道練馬インターから約70分で渋川伊香保インターへ、そこから国道353号で走ること約1時間で到着します。

上信越国立公園内に位置し、昭和29年には国民保養温泉地の指定を受けた四万温泉は、歓楽的な場所はなく、見所は自然となります。

出典:shimaonsen.com

四万川沿いに温泉街が広がる。温泉街は5つの地区に分かれる。それぞれ日向見、ゆずり葉、新湯、山口、温泉口地区である。日向見地区は四万温泉の発祥の地である。

出典:ja.wikipedia.org

その2 電車でのアクセス

東京の上野駅から新特急草津号で2時間10分、JR中之条駅下車し、そこから関越交通の路線バスで40分、もしくはタクシーで25分です。

上野駅から中之条駅までの乗車時間は、およそ2時間。途中、赤羽、浦和、大宮、熊谷、高崎などに停まるので、そこからの乗車も可能です。

出典:news-blog.jp

駅前から発車する四万温泉行きのバスは、JRの電車の到着時刻に合わせた発車を原則とする運行設定としています。

出典:www.shima-net.jp

その3 東京駅発直行バス「四万温泉号」

東京駅八重洲通りからの直行バスが往復で出ていますし、それと四万たむらの宿泊がセットになったプランもおすすめです。時間は約4時間、片道3100円、往復が5100円となります。
四万温泉号案内センター (関越交通吾妻営業所内)
電話 0120-12-8805
営業時間  9時~18時

バス乗り場は、東京駅の八重洲口を出て、八重洲地下1番通りを歩き、22番出口から階段で地上へ。階段を上がると、目の前にバス停があります。セブンイレブン日本橋3丁目店の前です。

出典:news-blog.jp

その4 源泉かけ流し7つの湯

四万たむらの源泉は旅館の敷地内7箇所の鉱泉地にあり、天然温泉を24時間源泉かけ流しで利用しています。系列のホテル四万グランドホテルと合わせるとお風呂は10箇所あり、特別な設備によって約2.5キロを回しながら、2時間半かけて湯加減を調節しているということです。
露天風呂「森のこだま」はこの旅館を代表する人気のお風呂です。浴槽の後ろにはおよそ15メートルの幅で流れ落ちる弁天の滝を眺めることができ、森林浴と水の音とマイナスイオンを浴びながら、極上のひとときを過ごせます。

四万たむらの泉質はナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸温泉。塩化物泉は塩の成分が塩皮膜となって薄いベールのようにお肌を包み、保湿・保温効果を高めます。

出典:www.shima-tamura.co.jp

少し古めだった棟にあった「岩根の湯」はすっかりリニューアルされ、打たせ湯やミストサウナ(蒸し風呂)もあり、お湯や館内が和モダンのいい感じになっていました。

出典:www.ikyu.com

汚れ穢れを洗い流して 四万(4万個ものたくさん)の病を癒してくれる、とのことで、四万たむら旅館で 温泉三昧してきました。何と言ってもお湯がすごくいいです。我が家の肌に合ってます。

出典:www.ikyu.com

その5 様々なタイプの客室

この旅館は茅葺屋根の玄関を入ると、中は思ったよりもずっと奥が深い建物です。山々を眺め、贅沢なひと時を楽しむ「プレミアム木涌館」と、広い窓から四万の山々を眺められ、純和風で落ち着いた「水涌館」と四万たむらの前身「田村旅館」の歴史と伝統を残す「金涌館」の3つの館からできています。

四万たむらには何度も宿泊しています。温泉街の一番奥まったところにあり、坂を上りながら見えてくる母屋の茅葺屋根をみるといつもホッとします。

出典:www.tripadvisor.jp

お部屋はこじんまりとした和室から、大家族でも余裕のメゾネットタイプなどいろいろありますので、いろんなグループの旅行に対応できると思います。

出典:www.tripadvisor.jp

その6 プレミアム木涌館

プレミアム木涌館は檜風呂付き特別室とメゾネット特別室、16畳準特別室が用意されています。

①檜風呂付き特別室

2間続きの広々としたお部屋で、美しい緑と、眼下に流れる新湯川の清流とせせらぎの音が聞こえます。部屋のお風呂は浴槽や壁に檜を使った贅沢な造りで、いつでも源泉かけ流しの入浴を楽しむことができます。

木涌館に宿泊しましたが部屋はきれいで玄関も広く次の間もあり、檜風呂もあって感動でした。

出典:www.tripadvisor.jp

②メゾネット特別室

1階に和室、2階にセミダブルのベッド2台の洋室がある、メゾネットタイプの客室です。落ち着きある部屋の窓辺には椅子がご用意されています。

今回はオヤジ仲間7名で1部屋の宿泊でしたので、15帖だけでは少し狭さを感じたかも知れませんが、上階にベットが2つあったので、窮屈を感じる事もなく利用することができました。

出典:travel.rakuten.co.jp

その7 水涌館

①メゾネット特別室

水涌館は四万の山並みが美しい客室です。メゾネット特別室、檜風呂付き客室と標準の客室があります。標準と言っても、窓が大きく、開放感ある和室はゆったりと15畳以上で、美しい山々の景色を楽しめるお部屋です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Ukemuアメリカ在住歴あり。家族で海外や国内旅行に出かけるのを生きがいにして、毎日の家事と育児に頑張っています。最近は娘と3人で行くスキー旅行、お泊りディズニー、温泉巡りにハマっています。

このまとめ記事に関して報告する