• はてぶ
  • あとで
乗り換え時間を有効活用!盛岡駅周辺定番観光スポット5選

宮沢賢治や、盛岡冷麺で有名な盛岡市。県庁所在地で、ここから三陸等様々な岩手県内の観光地へ行く拠点となります。今回はバス等の乗り換え時間にも立ち寄ることのできるためやりたいこと盛りだくさんです。盛岡駅周辺でこれだけはやりたい観光スポットを5つご紹介いたします。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

盛岡市とは

盛岡市(もりおかし)は、岩手県の中部に位置する同県の県庁所在地である。

出典:ja.wikipedia.org
岩手県の中心地盛岡市、ここから様々な観光地へアクセスすることができます。しかし、バスの接続等で待つことも多々あります。そのような時のために1時間ほどで立ち寄ることのできる観光スポットを紹介いたします。ぜひ乗り換え時間の使い方に悩んでいる方はご参考にしてみてください。

石割桜/盛岡駅から徒歩10分

巨大な花崗岩の割れ目から育った直径 約1.35m、樹齢360年を越える桜です。盛岡地方裁判所構内に所在し、1923年に国の天然記念物に指定されました。寛永年間頃に南部藩主の分家にあたる北監物の庭園であったといわれ、明治初期には桜雲石と呼ばれていました。

出典:www.tripadvisor.jp

国の天然記念物という事なので寄ってみました。綺麗に立派に咲いていました。盛岡駅から歩いていける距離にあるので、とても観光しやすいです。早朝に行ったのですが、早い時間にも関わらず、結構人が集まっていました。

出典:www.jalan.net
岩の割れ目からそびえ立つ巨木、岩割桜。盛岡駅からも徒歩で立ち寄ることがでる観光スポットで、春シーズンは、生命力を感じさせるとてもきれいな桜を見ることができます。また、ほかのシーズンでも、その巨木を見るだけでも価値があります。
住所:岩手県盛岡市内丸9-1
電話:019-604-3305

岩手県盛岡市内丸9-1

3.43 920

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

盛岡城跡/盛岡駅から徒歩30分

南部藩の城下町として栄えた南部盛岡の不来方城を公園として今に至っています。 関東以北の石垣組の平城としては、最大の規模を誇っています。 紅葉も綺麗な状況で散策も楽しかったです。

出典:www.tripadvisor.jp

上へ上へと登っていくのでやや疲れましたが、登るほど盛岡市内の街並みが一望できます。ここに城があったんだなという痕跡がいくつもあって感動しました。ここだけ違う空気が流れているんじゃと思う場所もあり、いろいろ探索するのが楽しかったです。

出典:www.jalan.net
盛岡駅から少し、距離がありますが、その間に盛岡の町並みを楽しみながらアクセスができるのが、盛岡城址です。高台にあるため、上へ登ると盛岡市の街並を一望することのできる観光スポットです。また、紅葉がとてもきれいなので、秋シーズンなら、紅葉を見るのに立ち寄るのも良いかもしれませんね。また、循環バスもあるため時間のない方は、バスにのりさくっと見ることもできます。
住所:岩手県盛岡市内丸1-37
TEL:019-604-3305 ((公財)盛岡観光コンベンション協会)
公共交通:JR盛岡駅前バスターミナル→盛岡都心循環バスでんでんむし号左回りで6分、バス停盛岡城跡公園前下車
駐車場:あり
料金:入園無料
時間:入園自由
休み:無休

岩手県盛岡市内丸1

3.55 11100

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

啄木新婚の家/盛岡駅から徒歩15分

明治38年に新婚の石川啄木・節子夫婦、啄木の父母が約三週間暮らした家です。随筆「我が四畳半」の舞台です。近代日本文学や啄木に関心のある人にはお勧めの観光地ですが、そうでなければここだけを目的にわざわざ来る必要はないと思います。近くまで来ることがあれば立ち寄るといいでしょう。

出典:www.tripadvisor.jp

歌人である石川啄木が処女詩集あこがれを出版した明治38年に、新妻の節子さんと3週間過ごした家。当時の質素な生活が偲ばれます。

出典:www.jalan.net
歌人石川啄木が、新婚時代に少し過ごした家です。当時、処女作あこがれを出版した彼の、質素な生活や、彼の感性に少し、触れることのできる気がする観光スポットです。盛岡駅からもアクセスしやすいため、立ち寄るにも良いですし、明治期の生活をかいま見ることができます。
住所:岩手県盛岡市中央通3-17-18
TEL:019-624-2193
公共交通:JR盛岡駅前バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし号」右回りで5分、バス停啄木新婚の家口下車
料金:入館無料
時間:8時30分~18時(12~3月は9~16時)
休み:12~3月の火曜

岩手県盛岡中央通3-17-18

3.36 226

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

旧岩手銀行中ノ橋支店/盛岡駅より循環バスで約15分

明治の雰囲気漂う歴史的建造物ですが、現在は銀行ではないです。道路越しから写真を撮りやすいです。晴れた日は美しく夜もいい雰囲気です。角から見るので特に立派に見えます。

出典:www.tripadvisor.jp

東京駅や赤レンガ倉庫など東京近郊にもありますが、岩手銀行中ノ橋支店(確か、旧本店?)の趣きのある景色は中々です。 開発のため周りは新しくなっていますが、ここを起点に中ノ橋を渡って県立図書館、盛岡城址公園(岩手公園)、少しずれて地方裁判所前の石割桜まで、近場にノンビリ観光できる場所が集まっています。

出典:travel.biglobe.ne.jp
盛岡駅から少し、離れているためサクッと観光することは難しいかもしれませんが、明治期の赴きある雰囲気をそのまま残っている岩手銀行旧本店、周辺には古い街並も残っており、少し時間があるときは、ゆったり散策するのも良いかもしれません。
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20
TEL:019-604-3305 (盛岡観光コンベンション協会)
公共交通:JR盛岡駅バスターミナル→盛岡都心循環バス「でんでんむし」左回りで13分、バス停:盛岡バスセンター(ななっく前)下車、徒歩3分

もりおか歴史文化館/盛岡駅から徒歩15分

階は、盛岡所縁のお土産を売っている小さなショップだけど、2階は結構本格的な歴史資料館。300円だし、ぜひ入るべき。南部藩のお殿様って、結構派手好きだったんだなあと思わせる陣羽織が飾ってあったり、水戸徳川家から嫁いだ姫の見事なお嫁入り道具があったりと1時間位はじっくり見たいところです。

出典:www.tripadvisor.jp

チャグチャグ馬コの模型、 さんさ踊りの歴史を見られるVTRの上映、 山車などが展示されており 盛岡の歴史をしっかり学ぶことができる綺麗な施設です。 敷地内に咲くたくさんの花々も綺麗です。 有料ですが、時期によっては 体験教室や展覧会も開かれており、 有意義な時間が過ごせます。

出典:www.jalan.net
盛岡駅からも近く、盛岡の歴史や文化を知ることのできる、もりおか歴史文化館は、何部半時代のお殿様の甲冑や陣羽織や、さんさまつりのVTRも見ることもできるため、歴史好きの方や、三叉祭りを見たくてもなかなか見れない方にもおすすめです。また、少し休憩に立ち寄るにもおすすめです。
住所:岩手県盛岡市内丸1-50
TEL:019-681-2100
公共交通 :JR盛岡駅→岩手県交通バス、盛岡バスセンター行き、もしくは盛岡都心循環バス「でんでんむし」(左回り)で10分、バス停:県庁・市役所前下車
会館時間: 9~19時(4~10月)、9~18時(11~3月)※2階展示室の入場受付はそれぞれ閉館30分前まで
休み:第3火曜日(祝・休日の場合は翌日)、12月31日、1月1日
盛岡駅で、乗り換え等で待つ際、一時間以内で見れる観光スポットはたくさんあります。また、徒歩でなくとも循環バスが走っているため、あまり歩くこともなく、観光することが可能です。折角、観光に来ているなら駅でゆっくりも良いかもしれませんが、少しバスに乗ったり歩いたりして、やりたいこと盛りだくさんの盛岡駅周辺を観光してみるのはいかがでしょうか。

岩手県盛岡市内丸1-50もりおか歴史文化館

3.00 12

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する