• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
道産子が教える!冬こそ楽しめる北海道おすすめ観光スポット13選

北海道旅行といえば、過ごしやすい夏でしょうか?いえいえ、冬こそ北海道の本当の魅力がいっぱいなんです!今回は冬の北海道だからこそ満喫できる13の観光スポットをご紹介します。厳しい寒さに引き換えて、素敵な体験が叶いますよ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

寒いから良い!冬の北海道!

北の大地、北海道。「試される大地」がキャッチフレーズとして掲げられているように、冬にはとても厳しい気温になるのも事実。しかしそんな厳しい冬だからこそ、北海道限定の素敵な体験をより一層楽しめる観光スポットがあるのです!今回は冬にこそ生きたい北海道の観光スポットをご紹介します。

【1】さっぽろ雪まつり《札幌市》

冬の北海道と聞いて皆さんがまず思い浮かべるのは、北の大地のメインイベント、「さっぽろ雪まつり」じゃないでしょうか?世界最大級の雪像が札幌の大通公園に数々と立ち並ぶ姿は、まるで絵本の中の世界のよう!ぜひ人生の中で一度は見ておきたい、世界を代表する絶景の一つです。
世界の有名建築や人気キャラクターを、真っ白で大迫力の雪像で体感することができますよ。この雪まつりには国内だけでなく国外からの観光客も多く足を運ぶので、この時期の札幌は、ホテルが取りにくくなります。各宿舎の予約や旅程は早めに計画することをおすすめしますよ!

詳細情報

  • 北海道札幌市中央区大通西3
  • 011-251-0438

【2】真駒内滝野霊園の頭大仏《札幌市》

なんでも桁違いのスケールを誇る北海道では、大仏様も超巨大。札幌ドーム約32個分の広さの「真駒内滝野霊園(まこまないたきのれいえん)」には、開けた参道やトンネルを抜けた先に鎮座する頭大仏が。鎌倉大仏と同じ大きさの大仏様は、冷ややかなコンクリートに囲まれたピリついた雰囲気の中に居座っています。
コンクリートの冷ややかな印象と、大仏の頭上にのぞく快晴の空には、浄土へとひらかれている道のような印象を受けます。世界的にも有名な建築家の安藤忠雄に設計されたこの大仏からは、まさに宗教的な畏怖と懐の大きさが感じられます。荘厳で厳しい寒さをものともしない、冬の白い雪をかぶった大仏様は、いつもと変わらない顔で訪れるものを待ちわびています。

詳細情報

  • 北海道札幌市南区滝野2
  • 011-592-1223

【3】日本一の寒さに挑戦!《陸別町》

※画像はイメージです

※画像はイメージです

言わずもがなですが、北海道の冬はとっても寒い。熱々のカップラーメンですら早く食べないと箸ごと凍りついてしまうほどです!こんな寒さを体験できるのも、冬の北海道の魅力のひとつですね。そして、そんな北海道の中でも一番の寒さを体感できるのが、北海道東部の「陸別町」です。
※画像はイメージです

※画像はイメージです

「日本一寒いまち」として知られる陸別町では、真冬に「しばれフェスティバル」なるイベントが開催されます。夜になると零下20度を下回る陸別町の極寒を体験出来る「しばれフェスティバル」では。かまくらで一夜を過ごす道産子でも勇気のいるイベントも行われます。参加する場合は防寒対策をしっかりしてからお越しくださいね。

詳細情報

  • 足寄郡陸別町字陸別原野69-1

【4】氷上でワカサギ釣り《網走市》

冬の北海道は「なまらしばれっから(ものすごく凍りつくほど寒いから)」、湖だってこの通り!まるで天然のスケートリンク状態です。そんなカチカチに凍った網走湖で楽しめるのが「ワカサギ釣り」です。厚い氷に穴を開けたら小さな釣り竿を使ってワカサギがかかるのをじっと待ちます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

irankarapteイランカラプテ(こんにちは)!北海道生まれ北海道育ちの生粋の道産子が、北の大地の魅力をお伝えします!

このまとめ記事に関して報告する