• はてぶ
  • あとで
【終了】年越しそばで終わらない!讃岐うどんが絶品すぎる東京都内のお店5選

年末の風物詩といえば、大晦日に食べる「年越しそば」ですよね。しかし今、「年明けうどん」というものが広まりつつあるのをご存知ですか?その「年明けうどん」と、東京都内で食べられる讃岐うどんのお店をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「年越しそば」は年末の定番!

年末の風物詩となっている「年越しそば」。
その風習は江戸時代から広まったとされ、その由来は諸説ありますが、長寿や健康、厄落としなどにご利益があるといいます。

みなさんも大みそかには年越しそばを食べているのではないでしょうか。
しかし、今「年越しそば」だけではないことはご存知ですか?

年の初めの新定番!「年明けうどん」

うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました。
「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

出典:www.toshiakeudon.jp
大晦日の年越しそば以外に全国的に麺類を食する行事がないことから、香川県のさぬきうどん振興協議会によって2009年から普及活動が行われてきました。
近年ではコンビニやカップ麺などにも使用が広がり、全国的に広まり始めています。

年明けうどんの定義:①期間

「年明けうどん」の期間は元旦から1月15日まで。
「年越しそば」は大晦日だけですが、「年明けうどん」は期間が長いようですね。

年明けうどんの定義:②具材

メニューに紅いトッピングを添えるのが年明けうどん。かまぼこや梅干し、明太子など、紅いものなら何でもいいそうです。
うどんとトッピングの紅白の色合いが新年らしさを表しています。

「年明けうどん」を食べに行こう!

年明けうどんが食べたい!…けど、まだ大々的には浸透していない年明けうどん。
年明けうどんはさぬきうどん振興協議会が発案したとのことなので、ここで東京都内の讃岐うどんのお店をご紹介します。

1. うどん本陣 山田家 東京ソラマチ店 / 押上

香川県の本店では1日4000人が行列を作るという讃岐うどんの老舗。
県外初出店というのが、東京ソラマチにあるお店です。
山田家こだわりの麺は、つるっとした舌触りでコシの強い食感。
定番は釜ぶっかけうどんですが、年明けうどんということで紅白の梅わかめうどんをぜひ。

詳細情報

◆電話番号:03-5809-7023
◆住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
◆営業時間:11:00 〜 23:00 (LO 22:00)
◆定休日:不定休

2. たも屋 有楽町店 / 有楽町

こちらの「たも屋」も、本場・香川県を中心に四国に11店舗あるお店です。
本州にあるのはこの「たも屋 有楽町店」だけとのこと。
こちらのお店は本場同様、完全なセルフ方式。うどんの温め具合やだしの量、薬味の種類など自分好みのうどんを作ることができます。

薬味はネギ、しょうが、天かす、梅干し、レモンなど、なんとこれらすべて無料!
この写真のような豪華なトッピングでも、270円というのが驚きです。

詳細情報

◆電話番号:03-6269-9864
◆住所:東京都千代田区有楽町1丁目7-1 有楽町電気ビルヂング地下1F
◆営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00
◆定休日:日曜

3. 手打うどん すみた / 赤羽

「手打うどん すみた」のご主人は、高松の名店「はりや」で修業された方だそう。
行列のできる讃岐うどんの人気店として知られています。
絶妙なゆで具合の麺は、もっちりとした強い弾力のある食感。
本場讃岐うどんの「コシ」を味わうならここ!

詳細情報

◆電話番号:03-3903-0099
◆住所:東京都北区志茂2-52-8
◆営業時間:
[火・第2・4水・木・金]11:00~14:00 、18:00~21:30
[第1・3水・土・日・祝]11:00~15:00
◆定休日:月曜、第1・3日曜

4. 谷や / 人形町

讃岐うどん「もり家」で修業されたご主人が営むこちらの「谷や」。26歳という若さのご主人は、素材や製法、器にまでこだわっているとのこと。
こちらは一昨年の写真ですが、毎年年明けうどんのメニューを出しているそうです。本場の年明けうどんを食べるならここ!

詳細情報

◆電話番号:03-5695-3060
◆住所:東京都中央区日本橋人形町2-15-17
◆営業時間:11:00~15:00、18:00~22:30
◆定休日:不定休

5. 讃岐うどん 蔵乃介 / 高田馬場

最初にご紹介した「うどん本陣 山田家」の本店で修業されたご主人が東京でかまえたお店がこちらの「讃岐うどん 蔵乃介」。
かけやぶっかけなどの定番メニューはもちろん、季節限定のメニューも豊富なのが魅力。
毎週金曜日限定で食べられるのがこの「カレー饂飩」。
さらりとしたつゆのカレーうどんにはファンも多いんだとか。

詳細情報

◆電話番号:03-3987-9945
◆住所:東京都豊島区高田3-7-15
◆営業時間:
[月] 11:00~14:00
[火~金]11:00~14:00、17:00~21:00
[土]11:30~15:00、17:00~20:00
◆定休日:日曜

年明けうどんで一年のスタートを!

いかがでしたか?
年明けうどんを知らなかったという方も、来年はぜひ楽しんでみてください。
今回は、年明けうどんと東京都内の讃岐うどんのお店をご紹介しました。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

がるちゃん食べることと寝ることが好きです

このまとめ記事に関して報告する