• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界中からダイバーが集まる!バリ島のおすすめダイビングスポット15選

インドネシアのリゾート地であるバリ島周辺の海はとても綺麗なため、こぞって訪れるダイバーおすすめのダイビングスポットが沢山あります!今回はそんなバリ島にあるおすすめダイビングスポットを15選にして紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次

1. シークレット・ベイ / バリ島

マクロ・お魚観察ダイバーにバリで最もおすすめのエリア。穏やかな海域なので一年中楽しめるが、特に雨期は水面の風もおさまり水温も上がリじっくり水中に長居が可能に。

出典:www.wtp.co.jp

藻場よりもさらに綺麗な緑色でなんとも美しい

出典:saridive.exblog.jp
バリ島の北東部に位置しているシークレット・ベイでは、マクロ系のダイビングが楽しめると有名で、雨季のシーズンになると産卵や出産の時期になり、海の中が非常に面白くなります。水中には魚礁がいくつか存在し、非常に落ち着いたダイビングを楽しむことが可能です!また、乾季は水温が低いためウエットスーツなどはしっかり準備しましょう!

2. ムンジャンガン島 / バリ島

一面に広がる白い砂地に数千とも言われるほどのガーデンイールがいたり、島の周りはドロップオフになっており、その壁側には多くのハードやソフトのサンゴあり、そこにたくさ んの生物が住みかにしています。

出典:www.baliocean.com

日本人にはたまらない!天然温泉が湧き出るリゾートです♪
また、日本人女性ダイビングスタッフが在沖しているので、
おひとりのお客様もご安心してダイビングをお楽しみいただけ
ます!!

出典:www.club-azul.com
バリ島でダイビングと言えば、ムンジャンガン島周辺でのダイビングに限ります!この小さな島のまわりは全てがダイビング可能で、とにかく綺麗なサンゴに住み着く魚達にはつい癒され、カメラのシャッターを押さざるを得ません。マクロでもワイドでもどちらも楽しめるダイビングスポットなのです。

3. プリジャテイ(PJ)/ バリ島

PJはバリ島の北部に位置し、マクロの宝庫のポイントです。遠浅のポイントで沖に100mほど浅瀬が続き、平均水深が10m前後というフォトグラファーには減圧などの心配をしなくてもゆっくり撮影の出来る環境です。

出典:www.baliocean.com

完全マクロポイント。砂地、泥地のみになりますが、他では見ることが出来ない生物を数多く見ることができます。カメラ派、本格的なフィッシュウォッチング派にはお勧めのポイントです。

出典:www.hotholiday.jp
バリ島北部にあるPJはまさにマクロの聖地で、100m沖までつづくフラットな黒砂の水底に
、水深は10m前後なので減圧などを気にする必要がないので、ゆっくりじっくり写真を撮ることができます!この辺りではミミクオクトパスやカエルアンコウ、シーホース、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、ウミウシカクレエビなどのレアな生物が見れますので、是非カメラを持って潜りましょう!

4. トランベン / バリ島

バリ島ダイビングの王道ポイントです。世界的に有名なレックダイビング(沈船)やウォール沿いを潜るドロップオフなどがあり、いつもダイバーで賑わっています。

出典:www.jellyfish-village.com

バリ島の東側のアグン山のふもとのビーチに1942年(第二次世界大戦中)日本軍によって撃沈されたアメリカの貨物船リバティ号(全長約120m)が横たわっている。

出典:www.mega-dive.com
トランベンもバリ島の北東部に位置しており、マクロ・ワイド共に楽しめるダイビングスポットになります。今でも第二次世界大戦で座礁した貨物船が海底に沈んでおり、これを目指すかのようにダイバーが続々と集まり、今では有名なスポットになりました。この船を沢山の魚達や海中生物が住処にしていますので、見てみる価値はあります!

5. アメッド / バリ島

アメッドのダイビングは、基本ボートダイブでポイントまで10分、ウエイト、マスク、フィンを装着しエントリー、そして水面でBCを装着し、一本ずつ港に戻るスタイルになっている。

出典:www.worldtrip-for-diving.com

黒砂のビーチからエントリーするポイント。
浅い砂地にはゼブラアナゴなどのガーデンイール。珊瑚にはチョウチョウウオやハナミノカサゴなどがついており、その先のドロップオフではカンムリブダイなどがお食事していたりと非常に面白いポイント。

出典:mega-dive.com
アメッドでのダイビングの最大の魅力は、素晴らしいサンゴ礁に隠れる無数の魚達です。また、カンムリブダイの群れに遭遇したり、ナポレオンやウミガメなどに出会う確率も結構高いのです!また、海が比較的穏やかですので、初心者の人もここから挑戦してみるのが良いかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する