• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
コロンボはスリランカ随一の人気都市!おすすめ定番観光スポット5選

「シーギリヤロック」「キャンディ」といえば世界遺産で有名なスリランカの観光スポットですが、大企業が本部を置くのはココというぐらい栄えた都市コロンボは自然、名所どれをとってもスリランカ随一。そんなコロンボのおすすめ観光スポット5選です。

このまとめ記事の目次

コロンボとは

スリランカの最大都市である。同国の経済的な中心都市であり、かつての首都でもある。

出典:ja.wikipedia.org

コロンボは現代的な生活と植民地風の建築物、それに旧跡が入り混じった、忙しく活気のある都市である

出典:ja.wikipedia.org
大都市でありながら、自然をうまく残したコロンボの街はとてもキレイです。インド洋に面したコロンボは海鮮もおいしくグルメの人にも人気があります。
 そんなコロンボで快適に旅行するために、いくつか気を付けなければいけないことを守れば大丈夫だと思います。治安自体は特別悪いというわけではなく、近隣のアジア諸国と同様、人は親切で優しいと言われています。
 しかし、ときどき、駅などでツアーを提案されることがあり、高額な請求をされる人がいます。「おすすめの観光スポットを案内するから」「あなたのためにツアーを組んであげる」などの文句には十分気を付けてください。きっぱりとお断りすることが大事です。コロンボは電車、タクシー、トクトクを利用して自分で回ることができる街です。数人いれば便利なタクシーがおすすめ。心配な方は、日本の旅行会社のコロンボツアーに申し込むと良いでしょう。
 天気についてですが、コロンボは一年を通してかなり温暖な気候です。降雨日数は、5月~8月、10月~12月までが雨季シーズンで、2,3日に一回は雨が降り、気温もあがり暑いです。1月~2月の比較的乾燥した時期がおすすめシーズンと言えるのではないでしょうか。

今回は、コロンボでのおすすめ観光スポットを5選、紹介させていただきます。

①Kelaniya Raja Maha Vihara  (ラジャ・マハー・ヴィハーラ、キャラニヤ寺院) / キャラニヤ地区

仏陀は、このキャラニ河で沐浴し説教をしたという。これに基づき紀元前3世紀に最初の仏塔がこの地に造られた。

出典:blog.goo.ne.jp

ラジャ・マハー・ヴィハーラ寺院の本堂に入ると見事な壁画が私を迎えてくれた。すごい。鮮やかなフレスコ画だ。隣には寝仏の像、他の部屋にはこれまた素晴らしい壁画が。仏陀の物語が美しい色で描かれていた

出典:plaza.rakuten.co.jp
▶ Kelaniya Raja Maha Vihara  (ラジャ・マハー・ヴィハーラ、キャラニヤ寺院)の基本情報

  【所在地】  Kelaniya, Colombo, スリランカ (コロンボから10キロほど郊外)
  【アクセス】 コロンボからバス利用(40分)
  【入場料】  無料

  ■ 参拝の方法
    スリランカでは靴と帽子を脱ぎ参拝します。素足或いは靴下で歩きます。本堂内の像や
    絵の前でお花を供え、お参りします。(寺院の入り口でお花を購入できます)
スリランカには、ブッダが三度訪れたという伝説があり、その一つがここキャラニヤです。
ここを参拝すると、体が浄化され幸運が訪れるとか、パワースポット!ですね。
観光地化されていないということで、無料で入れるお寺。
外観もさることながら、中に飾られた絵が美しいと評判。ぜひ足を運ぶ価値ありの名所です。
  • Colombo, Sri Lanka

②Galle Face Green (ゴール フェイス グリーン) / フォート地区南

夜になると、ホテルの前や海岸沿いに食べ物や土産物の出店が出て、昼間とは打って変わってとてもにぎやかです。

出典:ruksak.exblog.jp

イギリス統治下であった1859年に当時のセイロン総督ヘンリー・ジョージ・ワードが発案して作られた。当時は競馬場あるいはゴルフ場として使用された。

出典:yascovicci.exblog.jp
夜は出店もあって賑やかになるなんて、海岸沿いの夜市といった感じでしょうか。
もともとは植民地時にゴルフ場として整備されたところだったそうで、コロニアルの影響を感じさせられます。すぐ近くには、ワールド・トレード・センターのツインタワーがそびえ立っています。市民の憩いの場ですが、観光客にとっても屋台と自然を楽しめるおすすめ観光スポットです。
インド洋を眺めながら屋台で地元の食べ物や飲み物を味わう、良き旅の思い出となることでしょう。
▶ Galle Face Green (ゴール フェイス グリーン)の基本情報

  【住所】  A2, Colombo, スリランカ
  【アクセス】 コロンボフォート駅からバス(100番)に乗り、
          ゴールフェイスグリーン下車。(12ルピー)。
          タクシーは120~200ルピーほど。
  • Galle Face Green, 56 Colombo - Galle Main Rd, Colombo, Sri Lanka

③Dehiwala Zoo (デヒワラ動物園) / デヒワラ

デヒワラ動物園の人気アトラクションのひとつに、ゾウさんたちのショーがあるのですが、噂どおりの、人気っぷり!

出典:blog.his-j.com

ありのままの自然の中に動物たちが沢山いるこの動物では人間と動物の距離が大変近く、こんなに近いのに逃げないのか?と思うような感じで動物に触れ合えます。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
海外旅行で、特に動物好きの定番観光スポットといえば、どの土地ならではの動物園ですね。デヒワラ動物園は、南アジア最大の動物園と言われています。動物がとても近くで見ることができ、日本の動物園とは距離感が違うそうです。
 特に有名なのは、象さんのショーです。この時間に合わせて行くことをおすすめします。
▶ Dehiwala Zoo (デヒワラ動物園)の基本情報

【住所】    Anagarika Dharmapala Mawatha, Dehiwala 10350, スリランカ
  【アクセス】 ゴール通りを南下する100番101番のバス→デヒワラ交差点下車。
          →デヒワラ駅から動物園方向の176,118バス。→動物園入口下車。
          ※ トクトクが便利です。
  【電話番号】 (0)11 271 2751
  【URL】 http://www.colombozoo.gov.lk
  【入場料】 外国人/大人2000ルピー、子供1000ルピー
  【時間】 8:30~18:00 (年中無休)
        毎日 アシカ・ショー16:00~  、 
            象・ショー16:30~
  • 120 Quarry Rd, Dehiwala-Mount Lavinia, Sri Lanka

④The National Museum of Colombo (コロンボ国立博物館)

この白塗りの美しいイタリア建築様式の建物はスリランカの歴史を知るうえで最も重要な場所でもあります。

出典:www.tour.ne.jp

インドより東側よりも西の世界を感じさせる石像が多かったです。

出典:ruksak.exblog.jp
コロンボ国立博物館は、1877年に当時のイギリスのセイロン総督だったウィリアム・グレゴリーによって建てられた影響で、非常に西洋色が強い建物や内装となっています。ここに行くと、スリランカを深く知ることができるのでおすすめ。
▶ The National Museum of Colombo (コロンボ国立博物館)の基本情報

   【住所】  Sir Marcus Fernando Mawatha, Colombo 00700 スリランカ
   【時間】  9:00-17:00 
   【定休】  金・祝
   【入場料】  外国人(大人) 600ルピー
   【アクセス】 コロンボフォート駅から138番のバス。
           コロンボ国立博物館前で下車。(12ルピー)
           タクシーは250-300ルピーほどで行けます。
   【URL】  http://www.museum.gov.lk/index.php?locale=en
   ■ 1階展示:スリランカの歴史、2階展示:民族史、展示物

⑤Beira Lake(ベイラ湖)&Seema Malakaya(シーマ・マラカヤ寺院)  / フォート地区

スリランカでは、満月になると一斉に寺院へお参りに人々が集まります。その人の数は驚くほど多く、静かなお祭りのようです。早朝から夜中まで人々が訪れていました。

出典:www.r-yoshi.com

周囲に配置された仏像なども個性的で、一体一体の表情や表現には違いが見られ、興味深く見て廻ることが出来ます。

出典:www.tour.ne.jp
コロンボ市内にベイラ湖があります。そのベイラ湖に、水上に浮上しているように見えて神秘的なシーマ・マラカヤ寺院(Seema Malakaya)(ジェフリー・バワ設計)。 ライトアップされた夜にこの近辺をまわるのもおすすめ。
▶ Beira Lake(ベイラ湖)&Seema Malakaya(シーマ・マラカヤ寺院)の基本情報

  【住所】    Sir James Pieris Mawatha,Colombo 02, Sri Lanka
  【アクセス】  コロンボフォート駅からバス(101番)。
          Gangarama Temple(ガンガラーマ寺院)下車すぐ(12ルピー)。
          タクシー約3km(約250ルピー)。
  【入場料】  無料
          ※ 近くのガンガラーマ寺院は(入場料:500ルピー)
いかがでしたか。
都会的な雰囲気にうまくマッチした歴史を感じさせる建物、おいしい料理、近代的な街並みの中の自然、遺跡や自然の多いスリランカの中でも特にコロンボの街は小さくおすすめの観光スポットが凝縮されている感じです。ぜひ行ってみてください。
  • Beira Lake, Colombo, Sri Lanka

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する