• はてぶ
  • あとで
私もアートの一部よ!国立新美術館にあるカフェがオシャレすぎる

自身のコレクションをもたないという東京・六本木の「国立新美術館」。国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催や、美術に関する情報の収集や公開をするなど、新しいタイプの美術館として、多くの人々に支持されています。今回はそんな国立新美術館の館内にあるカフェをご紹介。美術館内にあるカフェというだけあって非日常的で開放的な空間を楽しめます。カフェでくつろいでいるときでさえアートを感じられる国立新美術館に1度足を運んでみては?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

コレクションを持たない"美術館"

東京・六本木にある国立新美術館は自身のコレクションを持たないという珍しい美術館。国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催や、美術に関する情報の収集や公開をするなど、新しいタイプの美術館として、人々に支持されています。

館内にあるカフェ「サロン・ド・テ ロンド」

そんな国立新美術館の2階にあるのが「サロン・ド・テ ロンド」という名のカフェ。カフェの名前の由来でもある巨大な逆円すいの最上部に位置する、円形(ロンド:仏語)の空間は、まさに"アート"。非日常でおしゃれな空間を楽しめるこのカフェは食事中にも美術館の雰囲気を壊さず、アートの中に迷い込んだような気分を味わえます。
美術館併設のカフェといっても、カフェメニューやフードメニューは本格的。ブレンドはもちろん、紅茶やワインまで揃い、ケーキやエクレア、マカロンなどの上質のスイーツに加え、サンドイッチもあります。店員さんの接客も上品で丁寧と評判です。

展示会に合わせて限定メニューも

展示会によって変わる、期間限定メニューも人気です。現在は2015年12月14日(月)まで開催しているニキ・ド・サンファル展とコラボした。「ニキ・ド・サンファル展 特別デザートセット(1400円)」が発売中です。なんともおしゃれなスイーツですよね。

今度の週末はアートを観に行ってみない?

いかがでしたでしょうか。
国立新美術館内にはあと2つカフェがあり、そちらもおしゃれで開放的な空間と人気です。アートにはあまり興味がないという方も、カフェだけの利用もできるので非日常空間を味わいに訪れてみては?

詳細情報

[営業時間]11:00~18:00/金曜日のみ:11:00~19:00
[定休日]火曜日
[アクセス]六本木駅から徒歩約4分
[住所]東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館2F   
[電話番号]03-5770-8163

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

muto-zero写真を撮ることと食べることが好きです!

このまとめ記事に関して報告する