• はてぶ
  • あとで
ここから全てが始まった!ハリーポッターモデル『レロ書店』が魅惑的

誰もが知っているファンタジー映画の超大作といえば『ハリーポッター』ですよね。これまで映画は8作が公開されており、いずれも莫大な興行収入を得る程のヒットとなっています。現在ではハリポタファンの間で映画のロケ地めぐりが人気となっていますよね。実際に映画に登場した場所を訪れるのは興奮しますが、実は劇中に出てこないある場所も映画の世界観に強く影響を及ぼしたのではないかと言われています。今回はハリーポッターの世界観に関係するであろうポルトガル・『レロ書店』に関してご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

大人気映画『ハリーポッター』

ファンタジー映画の超大作、『ハリーポッター』。この作品を知らない人に出会うのはまず不可能なのではないかと思われるくらい、あまりに有名な映画ですよね。そんな人気映画『ハリーポッター』の劇中には印象的なシーンが数多く登場します。

キングス・クロス駅

イギリスにある「キングス・クロス駅」は劇中で出てくる「9と3/4番線ホーム」のモチーフとなったことで有名です。こちらの駅は現在は観光地として大変人気となっており、駅には9と3/4番線の入り口が再現されているほど。ハリポタファンにとっての定番の観光地です。

グロスター大聖堂

「キングス・クロス駅」に引き続いてこちらもイギリスにある「グロスター大聖堂」。ホグワーツ魔法学校のロケ地となった大聖堂です。主に魔法学校の廊下と、『ハリーポッター 賢者の石』でハリーがほうきに乗る授業を受けた中庭が使用されました。画像を見るだけでも映画のシーンが蘇ってきますよね。
印象的なシーンを数えればきりがないハリーポッターシリーズですが、9と3/4番線ホームやホグワーツ魔法学校の廊下や中庭に続いて、中でも印象深いシーンは何ですか?そう、「図書館」ですよね!

図書館のシーンで使われた「ボドリアン図書館」

ホグワーツ魔法学校に出てくる図書館のシーンで使用されたのは「ボドリアン図書館」。図書館のシーンと言えば、ハリーやハーマイオニー達が集まって勉強する様子や、夜中に魔法のマントを来て潜入するシーンなどが印象的ですよね。
出典:www.youtube.com

Best Ron and Hermione Scenes 1-7 Part 1 - YouTube

Best of my picks of Romione Scenes 00:00-2:16 Harry Potter and the Sorcerer's Stone/deleted scenes 02:17-2:50 Harry Potter and the Chamber of Secrets 2:51-3:...

冒頭に映されている図書館のシーン

現在はオックスフォード大学の図書検索機関として使われています。建物1階は入場料金を支払えば誰でも入れるのですが、2階へ行けるのはツアー参加者のみとなっています。

図書館と関連して、本にまつわるある場所がハリポタの世界観に影響をもたらしたのではないかと推測されています。その場所とは、ポルトガルにある美しい本屋さん『レロ書店』です。

階段部分が影響をもたらしたと思われる『レロ書店』

映画のシーンには実際に登場していませんが、映画の世界観に影響を及ぼしたであろう書店がポルトガルにあるんです。その名も、『レロ書店』です。
ぱっと見ただけでは本屋さんだと思えない建物ですよね。ポルトガルにあるこちらの『レロ書店』は、世界一美しい本屋さんの一つとしてイギリスの新聞社に選出されました。こちらの書店、ただランキングに選出されただけではないんです。なんと、この『レロ書店』は世界遺産に登録されているんです。
それも納得。こちらの建物は1906年にネオゴシック調の建物として建てられました。白い外見の美しさももちろんですが、書店内の細部にまで渡る装飾の芸術性には圧巻さられます。

劇中には出てないのにモデルとなったってどういうこと?

実際に映画のシーンには登場しない『レロ書店』。では一体なぜ、ハリーポッターの世界観のモデルになったのではと言われているのでしょうか。その秘密はハリーポッター作者であるJ.K.ローリングが執筆活動を行った時期にこの『レロ書店』がある場所のすぐ近くに住んでいた経験があるのだとか。彼女が実際にインスピレーションを受けたかの真偽は定かではありませんが、現にこの書店を見てみると、ハリーポッターの世界観が彷彿とさせられますよね。

ハリーポッターの作者であるJ・K・ローリング氏は執筆活動をする前、英語の講師としてポルトガルに数年間住んでいたとか。しかも、その場所がこの「レロ書店」の近くだったそうです。真実のほどは分かりませんが、もしかするとこの空間でたくさんのインスピレーションを受けていたかもしれません

出典:news.livedoor.com
出典:www.youtube.com

Livraria Lello in Porto, Portugal. - YouTube

The amazing library in Porto, Portugal. Famous for it's interior and to be in the Harry Potter's film.

『レロ書店』の内部の美しさを動画でご覧になりたい方はぜひ

ハリーポッターの世界は深い!

映画の跡地が全世界から人を集めさせるほどの人気映画である『ハリーポッター・シリーズ』。現在では映画のロケ地をめぐるツアーなどもあるほどです。しかし、もしかしたら私たちの知らない、映画のインスピレーションとなっている場所がまだまだあるかもしれません。原作や映画が完結してもまだまだハリポタファンの冒険は終わりません!

詳細

【店名】Livraria Lello
【住所】Rua das Carmelitas,144, Porto

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する