• はてぶ
  • あとで
『東洋の真珠』とも呼ばれるマニラ、レア物も混じったお勧め土産5選

フィリピン共和国の首都ですね。フィリピンがスペイン人によって植民地化された16世紀末よりフィリピンの首府であり、独立後も一貫して首都でありつづけているんです。そんな都会のマニラですが、お土産は・・・ありふれたものは除外した、ちょっと凝った感じのお土産を、ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

マニラのお土産・・・って

フィリピンと聞いてあなたは何を思い浮かべますか?南国!ビーチ!バナナ!そんなところでしょうか?フィリピン・海辺の景色では、フィリピン旅行から帰ってきた友達からもらって嬉しいお土産は何でしょうか?と、急に聞かれてもなかなかイメージができないものですよね。フィリピン旅行の最終日、今からお土産を買おうという時にも同じように迷ってしまうものです。

出典:philippine-labo.com

旅行の最後を締めくくるお土産、選ぶ時間も旅行の楽しさの1つですが、喜んでもらえるか悩み始めると時間がかかります。特に発展途上国のお土産選びは、本当に買っても大丈夫なものか心配もつきものです。しかし、せっかくの楽しいフィリピン旅行、悩んでいてはもったいありません。

出典:www.spintheearth.net
マニラ旅行のお土産、何にしましょうか。南国だから、やっぱりフルーツかな。でも、日本に持ち込むのも難しいから、ドライフルーツですね。それに、空港の売店土産でお馴染みのチョコレート。でも、それじゃあ、せっかくのマニラ旅行の思い出にはちょっとですね。今回、定番系のお菓子関係から、ちょっとレア物までを選んでみました。

① Kopi Luwak(Alamid coffee)

フィリピンの高級コーヒー豆のアラミドコーヒー。呼び方はいろいろあるようで、フィリピンはアラミド・コーヒー(Alamid coffee)、インドネシアはコピ・ルアク(Kopi Luwak)、アメリカではシベット・コーヒー(Civet coffee)、と国によって名前は異なりますが、中身は同じ。

出典:ameblo.jp

日本だと1杯1万円という値段のものもあるというコピルアク。でもバギオでは100ペソほど。とても安価な値段で飲めます。お土産としては50グラム300ペソ(約800円)ので買える商品があります。珍しさと意外性を提供できるでおすすめのお土産です。

出典:baguio-jic.com
コピ・ルアクは、幻のコーヒーと言われているコーヒー豆です。世界一高級なコーヒーとして、「最高の人生の見つけ方」という映画でも話題になりましたね。簡単に言うと、ジャコウネコのフンで発酵させたコーヒーで、原産地はフィリピン北部のマウンテン・プロビンスです。なかなか手に入らないコーヒーですので、お土産にすると喜ばれます。バギオのギブラルタル・ロード沿いにあるグッドシェパードという場所に行けば、コピ・ルアクはあります。グットシェパードは、教会が運営しているお土産屋さんなんです。ここは、人気のお土産購入スポットで、毎日のように観光客で賑わっています。
【基本情報】
◆名称 : グッドシェパード(good shepherd)
◆住所 : Gibraltar Rd, Baguio
◆電話 : (+63 )74-424-2496

② JOVY’Sのバナナチップス

フィリピンバナナチップJOVYS、どなたかがブログでこのバナナチップを紹介していたから、食べてみるとめちゃくちゃおいしい。ドライバナナやドライパイナップルがおいしいから、おみやげに買っていたが、このバナナチップの方が断然おいしい。ドライバナナよりカロリーが高い以外は完璧。

出典:blog.livedoor.jp

わたしがお土産として買ってきて、一番よかったなと思う商品を紹介します(*’▽’)。「バナナチップス」なんですよね。「え、バナナチップス(笑)どこも変わらんでしょ(笑)」などみなさん思われるかと思うんですけど、、、違うんです!!!味が!!!!!JOVY’Sという名前のバナナチップスです。

出典:ceburyugaku-philippine.com
フィリピン・マニラのお土産・・・とりあえずドライマンゴーかな。でも、東南アジアならどこへ行っても定番になってるし。そうですよねぇ、マニラって云う感じが欲しいですものね。では、バナナチップスはいかがですか?えっ、それも同じでしょ。そうですよね、そうなりますよね。でも、JOVY’Sのバナナチップス、美味しいんです。所詮はバナナチップス、でも、美味しければ喜ばれますよね~。
【基本情報】
バナナチップスはどこでも気軽に買えます。なので、常に人気上位のショッピング・スポットをご紹介。
◆名称 : SM mall of asia ( SM モール・オブ・アジア )
◆住所 : 住所: 1000 Bay Boulevard Sm Central Business Park Bay City , Pasay,

③ シルバナス

世界中のお菓子、ケーキ食べてきましたがこれは感動しました!!最初のサクサク食感からのーセカンドアタックはメルティーな食感とフワフワ食感のダブルアタック!バタークリームの芳醇な香りが後からあなたを包み込む(なんのこっちゃ!)とこれほどまでに説明が難しいお菓子もなかなかないですが、まあとにかくうまい!

出典:ameblo.jp

薄くて軽い、柔らかな生地にバタークリームがはさまっています。強く押すとほろほろ崩れてしまいそうな繊細なお菓子。甘すぎず、軽い味わいなので、何枚でも食べられそうなお菓子。

出典:ameblo.jp
シルバナスは、フィリピンの伝統的なスイーツで、メレンゲ風の焼き菓子です。周囲にはピスタチオ、中にバタークリームを挟んで、フワッと持たないとすぐに壊れてしまいそうです。甘さ控えめでライトな美味しさ、つい、食べ過ぎてしまいそうです。スイーツにも、しっかりとスペインの影響があるようですね。ケーキやお菓子を扱っているお店で売っています。フィリピン人のみなさんも、お土産に大量に買っていくそうです。
【基本情報】
◆名称 : HOUSE OF Silvanas
◆住所 : Lower Ground Floor, Robinsons Magnolia, New Manila , Quezon City
◆追記 : 他にも支店があります。

④ 民芸品

もちろん日本価格や北米などの先進国プライスに比べると新興国グッズも安いのかもしれないけど、フィリピンはそれに輪をかけてさらにリーズナブルだな~~ってCナは思ってて、こういう路上マーケットじゃなくてモールの中に入っている、エアコンの効いた、制服を着た店員さんのいる、ちゃんとしたお店のものも、リーズナブル。Cナの大好きなアカシアとかアバカ製品とか結構いいものもあるんだよ~~~

出典:ameblo.jp

食器類も貝を使ったものだ。お皿やスプーンにフォーク、ティーカップなんかもある。それぞれ形が不一致なのも趣があり一度試したくなる製品である。少し大きい小物いれや菓子置きも並べてあった。

出典:blogs.yahoo.co.jp
民芸品はKulturaに行けば、お土産用の小さいものから、インテリアに優れた大きいものまで、質のいいものがいろいろあります。もちろん、物によって、お値段もピンキリなんですけどね。その中でも、お勧めなのがカピス貝の細工物。カピス貝とはフィリピン沿岸の浅瀬だけに生息する貝なんですよ。可愛い貝細工から写真立てまで、奇麗でお土産にはいいと思います。更に、意外と使い勝手のいいアカシアの箱や網細工の手工芸品、バックも素朴な感じや色鮮やかな物も。とても、洒落です。Kultura現地でチェーン展開しているお土産店で、現地の金銭感覚からすると少し高級感のあるイメージですが、品質が良く、品揃えが豊富なお店です。
【基本情報】
◆名称 : Kultura
◆住所 : Natividad Almeda-Lopez Cor. A. Villegas and San Marcelino St.
Upper Ground Fl. East Wing,マニラ, Metro Manila
◆電話 :  +63-2-5236855
◆時間 : 10:00 - 21:00
◆定休 : 無休

⑤ マニラブルーの食器

ダンスク社の工場がマニラに有り、格安で購入することが出来ます。マニラ駐在の奥様達の間では大人気のこの食器。日本で購入されると少々お高いようです。 特にわたしのお気に入りは、写真のアラベスク・パターン!
南国の海を思わせる青を大胆な筆使いで描いたアラベスクはダンスクの中でも独特なコレクションとなっています。すべて手作りだそうです。マニラ駐在の日本人の間では通称『マニラ・ブルー』と呼ばれています。

出典:www.geocities.co.jp

ここマニラでマニラブルーのお店として有名な食器のお店があります。お店の名前はカーディナルセラミック。日本ではあまりメジャーではないけど、世界的には有名なDANSK(ダンスク)というデンマーク食器ブランドの工場がマニラにあり、その工場でB級品がアウトレットとして売られているのです(デンマーク王室御用達のブランドらしい)その中でも一番特徴的なのがアラベスクというシリーズ。このブルーと柄がマニラブルーとして有名で、模様は1点1点手書きで描かれているらしいです。

出典:blog.goo.ne.jp
デンマーク王室御用達のブランド、ダンスク社。そんなブランドじゃ高価なんでしょうねぇ。いえいえ、カーディナル・セラミックでは、アウトレットだから安いんです。 日本で買うと1枚何千円もするお皿も、めっちゃ安いんですよ。B級品が主ということですが、一般人には何がB級がわかりませんものね。この工場では、ダンスク社以外のオリジナルの食器も作って販売しているので、シンプルな物からカラフルな物まで、安く買うことができます。マニラのお土産、雑貨もいいけど食器もいいですよね。
【基本情報】
◆名称 : The Cardinal Ceramics (カーディナル・セラミック)
◆住所 : SAKAP Building, 121 Dao Street, San Antonio Village,Makati City, Philippines◆電話 : 63-2-890-4214
◆定休 : 日曜日
マニラのお土産、いかがでしたか?
幻のコーヒーに美味しいお菓子と伝統的なスイーツ、雑貨・民芸品に、マニラブルーの食器までをチョイスしてみました。今回、ご紹介できませんでしたが、ミンドロ島ポラ町の手作りのCoco turtleや山岳民族イゴロットの民芸品等、チェックしてみる価値のある民芸品もあります。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する