まるでRPGのような世界観!「タイ北部」のおすすめスポット15選!

ミャンマーとラオスとの国境線と接しているタイ北部。チェンマイを中心として、歴史の深い場所が多いこのタイ北部では、まるでRPGゲームの中に迷い込んだような世界観の寺院や、タイでも随一の美しさを誇る黄金の仏像等、おすすめスポットがたくさんあります。タイはバンコクだけじゃない!そんなタイ北部のおすすめスポットを大特集します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

おすすめスポット1: ワット・プラタート・ドイ・ステープ / チェンマイ

まずご紹介したい、タイ北部のおすすめスポットは、チェンマイにある定番の観光名所で人気のおすすめスポット、ワット・プラタート・ドイ・ステープです。標高1080mのステープ山頂に建つチェンマイを代表する寺院で、特におすすめは、黄金に輝く仏塔。その美しさには、しばし目を奪われることでしょう。
◆名称 ワット・プラタート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep วัดพระธาตุดอยสุเทพราชวรวิหาร
◆時間 8時から18時まで(ケーブルカーは5時半から19時半まで運行)
◆住所 Su Thep, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
◆アクセス チェンマイ市内中心部から車で約40分
◆料金 ケーブルカー運行+拝観料込みで50バーツ、料金:30バーツ
◆TEL 053-295-002

おすすめスポット2: ワット・プラシン / チェンマイ

◆名称 ワット・プラシン Wat Phra Singh วัดพระสิงห์
◆住所 Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
◆アクセス 市内からソンテウで数分
◆料金 無料
続いてのタイ北部のおすすめスポットは、チェンマイ市内で最も大きな寺院である、ワット・プラシンです。お堂の壁に描かれた色とりどりの壁画がおすすめで、チェンマイの昔の暮らしを繊細なタッチで描いてあります。その色使い・デザインは、100年前の芸術といわれ、歴史を感じられる壁画となっています。

おすすめスポット3: ワット・チェディルアン / チェンマイ

続いてのタイ北部おすすめスポットは、大きい(ルアン)仏塔(チェディ)という名の通り、歴史を感じさせる高さ約80メートルの大きな仏塔のある寺院です。旅行者に仏教に関して正しい知識を身に付けてもらおうという趣旨で始まった"Monk Chat"(モンクチャット)が話題となっていて、旅行者は、仏教や僧のライフスタイル、またタイの文化について英語で質問出来ます。(ただしいくつかルールがあるので詳細は要確認)
◆名称 ワット・チェディルアン Wat Chedi Luang วัดเจดีย์หลวง
◆時間 8時から17時
◆住所 103 Pra Pokklao Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
◆アクセス 市内からソンテウで数分
◆料金 無料

103 Phra Pok Klao Road, Chiang Mai 50200, Thailand

3.10 084

おすすめスポット4: ナイトバザール / チェンマイ

続いては、700軒の店で賑わうタイ北部、チェンマイのおすすめスポット「ナイトバザール」です。伝統工芸品からグルメ、衣類などが所狭しと軒を連ねるナイトバザールは、チェンマイで定番のおすすめスポットで、周辺は、ホテルやレストラン、商業施設が立ち並ぶ賑やかな場所です。しかしながら、体感治安は良いと言えるものの、人が多く集まる場所にはやはりスリ等が横行していますので、持ち物には気を付けて下さいね。
◆名称 チェンマイ・ナイト・バザール Chiang Mai Night Bazaar เชียงใหม่ไนท์บาซาร์
◆住所 145 Changklan Rd, Amphur Muang, Chiang Mai
◆アクセス 市内すぐ
◆営業時間 17時から24時

おすすめスポット5: チェンマイ・ナイト・サファリ / チェンマイ

お次のタイ北部のおすすめスポットは、暗くなった園内をサファリ・バスで回り、夜行性動物の姿を観察できるチェンマイ・ナイト・サファリです。ここのおすすめは至近距離で動物と触れ合える事!日本では考えられない程の至近距離に動物を感じる事が出来るので、是非えさをあげてみて下さいね!
◆名称 チェンマイ・ナイトサファリ Chaing Mai Night Safari เชียงใหม่ ไนท์ซาฟารี่
◆時間 18時から24時まで (無休)
◆住所 Hang Dong, Chiang Mai 50230
◆アクセス チェンマイ市街から車で約40分
◆料金 大人500バーツ、子ども300バーツ

おすすめスポット6: ワット・ロン・クン / チェンライ

お次のタイ北部おすすめスポットは、チェンライにある純白の寺院、ワット・ロン・クンです。まるでRPGゲームの中に迷い込んだかのような独特の世界観は、唯一無二であるといえるでしょう。国外では「ホワイト・テンプル」の名でよく知られていて、元画家のアーティストであるチャルムチャイ・コーシッピパットが1997年にデザインしたものです。
◆名称 ワット・ロン・クン  Wat Rong Khun
◆住所 Pa O Don Chai Road, A. Muang, Chiang Rai,57000 Thailand
◆アクセス チェンライ市街地の第一バスターミナルからトゥクトゥクで往復300タイバーツくらい。7-8番のプラットフォーム発のバスに乗り途中下車も可能、20タイバーツくらい。
◆営業時間 6:30~18:00
◆定休日 無休
◆電話番号 +66-53-673-579
◆料金 無料

おすすめスポット7: 時計塔 / チェンライ

続いてのタイ北部のおすすめスポットは、チェンライの街のシンボルである時計塔です。先出のワット・ロン・クンの作者であるチャルムチャイ・コーシッピパット氏がデザインした時計塔だけあって、とても細やかな装飾が独特の世界観を持っています。夜にはライトアップし、色とりどりの光を放つので、見学は夜がおすすめです。
◆名称 時計塔 Clock Tower
◆住所 Baanpa Pragarn Rd Chiang Rai

東京都渋谷区代々木神園町2代々木神園町2

3.12 028

おすすめスポット8: ワット・プラ・シー・ラタナー・マハータート / スコータイ

続いてご紹介する、タイ北部のおすすめスポットは、チャリエン市内にある12世紀のクメール朝時代からの古い歴史を持つワット・プラ・シー・ラタナー・マハータートです。現在も僧侶が居住する本堂があり、観光客もですが、地元の参拝者でより賑わっています。
◆名称 ワット・プラ・シー・ラタナー・マハータート Wat Phra Si Rattana Mahathat วัดพระศรีรัตนมหาธาตุ
◆住所 Si Satchanalai, Sukhothai
◆アクセス シーサッチャナライ歴史公園の中心から車で約15分
◆料金 入場料20バーツ

Phutthabucha Alley, Tambon Nai Mueang, Amphoe Mueang Phitsanulok, Thailand

3.18 021

おすすめスポット9: ワット・シーチュム / スコータイ

続いてのタイ北部おすすめスポットは、スコータイを象徴する「アチャナ仏」が祀られている、ワット・シーチュムです。高さ15メートルもある巨大な大仏「アチャナ」。「動かぬもの、変わらぬもの」という意味のバリ語で、今も変わらずこの地に鎮座して、地元の人々を見守っています。
◆名称 ワット・シーチュム Wat Sri Chum วัดศรีชุม
◆時間 8時半から17時まで
◆住所 Muang Kao, Sukhothai
◆アクセス 歴史公園の城壁の西北
◆料金 入場料30バーツ(スコータイ歴史公園、シーサチャナライ歴史公園およびサワンカローク博物館を30日有効のフリーパス(150バーツ)もあり)

Mueang Kao, Mueang Sukhothai District, Thailand

- 05

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

May*旅行がだいすき♡

このまとめ記事に関して報告する