• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
初心者にもおすすめできる山形のハイキング・登山スポット・15ランキング

これから冬も本番を迎えますね。済んだ空気と美しい自然、冬の山歩きの充実感は何にも代えがたいような気持ちよさ。山形県だとどの登山スポットにいけばいいのかな?そんなあなたに、自然とのふれあいの中でも格別の楽しみが味わえる中でも、特におすすめできる山形の登山スポットを15ランキングにまとめてみました。気軽なハイキングやトレッキング向けのスポットもありますよ。

このまとめ記事の目次

第15位:以東岳(いとうだけ)/鶴岡市

山頂の北西800m下方には、熊のなめし皮の形をした大鳥池が、ブナの原生林に囲まれて横たわっている。成因は、堰止説が有力。山形県最大の湖沼で、標高966mにある高山湖だ。イワナやヒメマスのほか、幻の怪魚・タキタロウが釣りブームを反映して話題になっている。

出典:www.yamakei-online.com

朝日連峰の北(西)の端に位置し、朝日連峰縦走の起点・終点となっているほか、ハクサンイチゲやヒナウスユキソウのお花畑や、怪魚「タキタロウ」伝説が残る大鳥池といった見どころが多いことでも人気の山です。

出典:yamagatayama.com
山形県鶴岡市にある「以東岳」は山形・新潟両県の県境にある標高は1,771mの山です。山形で山登りをする人に有名な朝日連峰登山の起点・終点になっているので有名な山で豊かな自然に触れながら登山することが出来ます。中でも人気なのは昔から巨大魚が居るという伝説が伝わっている大鳥池の「タキタロウ」。まだ見ぬ怪魚を見つけてみませんか?
【山名】以東岳
【問い合わせ】あさひむら観光協会 0235-53-3411
【交通アクセス】JR東日本鶴岡駅から大鳥行の路線バスに乗り、大鳥登山口へ。

第14位:大朝日岳(おおあさひだけ)/小国町・朝日町・ 大江町・西川町

山形盆地から西方を遠望すると、純白の衣をまとい、なだらかなスカイラインを描く月山とは対照的に、浸食の進んだ山々の朝日岳の山塊が続いている。朝日岳はそびえ立つ孤高の火山と異なり、大朝日岳、西朝日岳、寒江山、以東岳を主稜とする連峰であり、その主峰が大朝日岳である。仰ぎ見る山容は主峰にふさわしい端正な三角錐を呈しており、かつては剣頭山とも呼ばれていた。

出典:www.yamakei-online.com

朝日連峰の中でも登山者が最も多く、朝日連峰の縦走登山の起点・終点ともなる、まさに朝日連峰の「盟主」という存在です。大朝日岳に限らず朝日連峰は開発の手があまり入っておらず、山岳本来の姿が残されています。

出典:yamagatayama.com
山形・新潟両県の県境にある朝日連峰の主峰「大朝日岳」は標高1,870mの山です。山形で登山といえば朝日連峰が最も有名ですが、その中でもこの山が単純に朝日連峰の山登りを意味するほど有名な山です。手付かずの自然が残る山道は登山の醍醐味を感じさせてくれます。
【山名】大朝日岳
【問い合わせ】朝日町観光協会 0237-67-2134
【交通アクセス】「左沢(あてらざわ)駅」との間を登山ハイシーズンの期間限定で会員制登山バス(ジャンボタクシー)が運行。

第13位:祝瓶山(いわいがめやま)/ 長井市・西置賜郡

祝瓶山は、朝日連峰の南側(長井市)にある山で、標高は1,417mです。祝瓶山周辺には広大なブナの極相林が広がり、豊かな森林生態系が残されている地域です。

出典:yamagatayama.com

大朝日岳から南に延びる尾根の先端に位置する花崗岩の尖峰で、長井市と小国町の境をなしている。遠望すると天に向かってすっと立っており、標高の割にどこから見ても確認できる。古くは岩井上岳ともいわれた。

出典:www.yamakei-online.com
山形県西部に位置する「祝瓶山」は標高1417mの山です。標高こそ1500mに満たないのですが、どこから見ても威容を誇る山頂は「東北のマッターホルン」と古くから言われています。厳しい登山を予想されることもありますが登山道は程よく整備されていて快適な山登りが楽しめます。
【山名】祝瓶山
【問い合わせ】長井市観光協会 0238-88-5279
【交通アクセス】市街地より登山口となる祝瓶山荘まで車で一時間

第12位:葉山(はやま)/長井市

葉山は、朝日連峰の南側(長井市)にある山で、標高は1,237mです。葉山と呼ばれる山は県内にも複数あり、この山は長井葉山とも呼ばれます。葉山山頂付近には朝日連峰周辺では珍しく湿地帯が広がっており、無人の山小屋(葉山山荘)やトイレ、葉山神社があります。

出典:yamagatayama.com

山頂から古御室山を結ぶ弧状稜線から北東に馬蹄形の爆裂火口をもち、富並川の源流をなしている。山麓は深いブナの原生林に覆われているが、烏帽子岩、座禅石、奥ノ院、大ツボ石からの展望がすばらしく、稜線歩きの楽しい山である。

出典:www.yamakei-online.com
朝日連峰の南側、長井市にある「葉山」は標高は1237mの山です。山形県内には葉山と呼ばれる山がいくつかあってここでご紹介するのは長井葉山と言われている山です。朝日連峰の中では珍しく山頂部に湿地帯が広がっており、山道の風景も楽しげで初心者には楽しんでハイキング、トレッキングが気軽に行える山です。
【山名】葉山
【問い合わせ】長井市観光協会 0238-88-5279
【交通アクセス】長井駅 → タクシー約15分(約2,000円)→ 草岡登山口

第10位:飯豊山(いいでさん)/西置賜郡

飯豊山は、福島県と新潟県そして山形県三県の県境にあるが、南東麓の福島県側から山頂を経て御西岳に至る登山道付近のみが福島県喜多方市になっており、山頂付近は喜多方市である。

出典:www.yamareco.com

飯豊山までの道のりは、山形県の山の中でも特に長く険しいため、技術、体力ともに高いレベルが求められます。基本的に、どのコースを取っても飯豊山への日帰り登山は困難なため、途中の山小屋に宿泊する必要があります。

出典:yamagatayama.com
山形・新潟両県の県境に位置する「飯豊山」は標高2105mの山です。古くから信仰の山として崇められていた霊山で、登りごたえと山景の美しさから日本百名山の中でも登山者の間であこがれの山の一つでもあります。初心者には少々厳しい道のりで日帰り登山が不可能なために経験者との登山がおすすめですが、ぜひ登ってみたい山の一つです。
【山名】飯豊山
【問い合わせ】飯豊町観光協会 0238-86-2411
【交通アクセス】磐越西線山都駅下車バスで一ノ木(川入)登山口

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する