• はてぶ
  • あとで
今年は思い切って海外で新年を!世界の「おもしろい年越し」まとめ

もうすぐクリスマス!と張り切っているあなた、大事なイベントを見逃していませんか?そうです、年越しです。大掃除をして、おせちを作って、ゆっくり過ごすのも素敵ですが、今年は思い切って海外に行っちゃいませんか?今回はワクワクするような世界の年越しをまとめました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】アメリカの年越し

何十万の人が一斉に手を振り上げ、最後のカウントを叫んだ。「ヒュー」という音がいくつも連なり、「ドンドン」とビルに花火がこだまする中、いろいろな国の言葉の「あけましておめでとう」がそこらじゅうで飛び交っていた。

出典:nycd.jp
出典:youtu.be

NY Times Square NewYear's Eve Ball drop 2015 eight hours ago - YouTube

ニューヨーク・タイムズスクエアでの年越しカウントダウン、12/31 16:00(新年8時間前)に並んだときの様子。 ブログレポートはこちら→ http://ushigyu.net/2015/01/09/ny-timessquare-countdown-pictures/

ニューヨークカウントダウンを待つ8時間は、決して退屈な8時間ではなかった。ライブステージでは、トップアーチストたちが入れ替わりミニライブを行った。

出典:nycd.jp
アメリカ人のお正月のお祝いの行事は普通12月31日から始まります。大晦日の夜には、国中の人々が親戚や友達と集まり、パーティーを開きます。そして12時になると「新年おめでとう!」と叫びながら、チャイムやホイッスル、爆竹などで大騒ぎをします。

時計が12時を告げると、近くにいる人にキスをして、声を揃えて「蛍の光」を歌うのです。1月1日には、多くのアメリカ人がテレビやスタジアムでフットボールの試合を観戦します。

出典:www.crosscurrents.hawaii.edu

【2】スコットランドの年越し

夜中の12時の鐘が鳴り終わると、背が高くハンサムな男性が(事前に選ばれる)家の扉を叩き、最初の一歩(first foot)をその家にもたらす。この訪問者にはウィスキーと贈り物がふるまわれる。ウィスキーの国らしい伝統ですね。

ホグマニーは毎年12月30日から翌1月2日までの4日間にわたって開催されるエジンバラ名物のお祭り。イギリス各地から人々が集まって、それはそれは賑やかに盛大にお祭り騒ぎを楽しむのです。

出典:contents.tornos.jp

松明パレードあり、大規模パーティあり、野外コンサートありと盛りだくさんで、期間中のエジンバラはまさにお祭り一色に染まります。

出典:contents.tornos.jp
お祭りは花火や騒ぎだけでは終わりません。極寒のフォース川に飛び込むのも、スコットランドならではの伝統なのです。

【3】スペインの年越し

スペインには12時の時を打つ音と共に一粒ずつブドウを食べて、12粒目を食べおわると共に新年を迎えるという習慣があります。

鐘が鳴り終わったらみんなで「あけましておめでとう!」ともう一度乾杯です。その後は大抵外に飲みに行き、いつもお開きは明け方です。

出典:valencia-ryugaku.com

バルセロナではここ数年、カタルーニャ広場でコンサートが催され、明け方までにぎわっています。

出典:www.oye-comova.com
スペインの年越しでは赤い下着を身につけて年を越すと幸運を呼ぶのだとか。

【4】ルーマニアの年越し

道路に地下鉄に、とにかくどこもかしこもクマだらけ。ルーマニアのお正月はクマで溢れかえるのです。

本物の熊の毛皮をかぶって街中を歩くというルーマニアのお正月イベントだそうです。なんと、紀元前から続くルーマニアの風習なんだとか!

出典:nanapi.jp
クマの毛皮をかぶるのが伝統になっているルーマニアですが、北の方ではもみの木をかぶるのだとか。なんともユニークです。

【5】オランダの年越し

オランダは、威勢よいカウントダウンの掛け声で始まります。
午前12時を回った瞬間、花火がそこいら辺で一斉に打ち上げられ、新しい年がスタートします。
オランダのお正月の目玉といえばなんといっても「寒中水泳」
子供からおばあちゃんまで勢いよく冷たい水の中に向かっていきます。

【6】エストニアの年越し

エストニア人は元旦に7回食事をするそうです。食いしん坊のあなたには夢のような1日が過ごせそうですね。

これには新年に豊富な食料を確保できるようにという願いが込められています。7回の食事をしたら、その人は次の年に7人分の力をもつことができると言われています。

出典:www.madameriri.com

【7】ドイツの年越し

首都ベルリンでは毎年、ブランデンブルク門から戦勝記念塔までの2キロメートルの範囲すべてが一大野外パーティー会場に変貌する。世界中からDJが集まって音楽をかき鳴らし、100万人もの観客が参加するこのイベントの規模はケタ違い。

出典:www.newsdigest.de
出典:youtu.be

Silvesterfeuerwerk 2012 in Berlin (Brandenburger Tor) - YouTube

Frohes Neues Jahr. Happy New Year. Silvesterfeuerwerk am Brandenburger Tor in Berlin.

なんと今や大晦日の屋外イベントとしては世界最大規模。

世界各地の巨大アリーナで行われるオランダ発祥のダンスイベント「Sensation」がデュッセルドルフにやってくる。巨大なセットと大掛かりな演出が幻想的な空間を作り出し、ドレスコードは白一色に統一されている。

出典:www.newsdigest.de
日本では紅白歌合戦を見るのが恒例なように、ドイツにも年末に見る伝統的な番組があるのです。その名も「Dinner for one」(1人でディナーを)英国の寸劇で、「いつもの年と同じように」というセリフで、今年も無事に過ごせたという安堵感のツボをぐぐっと刺激してくれる番組なのです。

いかがでしたか?

さぁ、もうすぐ年末です。行ってみたい国があったあなた、年越し旅行はいかがですか?
きっと思い出の一年になること間違いなしです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

pekorojy人と旅と音楽が好き!

このまとめ記事に関して報告する