• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
黒部と並ぶ日本三大峡谷の一つ!清津峡の紅葉は文句なしに圧巻。

渓谷といえば、黒部渓谷を思い浮かべる人が多いと思いますが、黒部とならぶ三大渓谷の一つに新潟県の「清津峡」があります。実はここ、岩壁がとてもめずらしい地形でかつ早大なんです。そんな岩壁が秋になると?

このまとめ記事の目次

新潟県の清津峡は富山県の黒部渓谷、三重県の大杉渓谷とならんで日本三大渓谷に数えられる日本有数の景勝地です。そんな清津峡の何がすごいかというと、谷の深さと両岸にそびえる岩壁の壮大さ。大自然を感じられます。そんな清津峡の魅力に迫ってみました。

日本三大峡谷「清津峡」

雄大な岩礁と清流からなる日本有数の景勝地「清津峡」。昭和24年9月に国立公園に指定されその荘厳な閃緑ひん岩と柱状節理の美しさで日本三大渓谷の一つに数えられています。

出典:www.nakasato-21.com

黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」は昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもあります。
川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は全国に誇るV字型の大渓谷をつくり、国の名勝・天然記念物にも指定されています。

出典:www.tokamachishikankou.jp

清津峡は、上信越高原国立公園内にあり、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大渓谷のひとつに数えられている。清津峡の入口には清津峡温泉という温泉街がある。秋の紅葉の時期には1年で最も賑わう。

出典:ja.wikipedia.org
清津峡は新潟県十日町市にある渓谷です。川を挟んで両岸にある岩壁は柱状節理(ちゅうじょうせつり)と言われ、マグマが柱状になったものでとてもめずらしい地形だそうです。清津峡の特徴といえば、このV字谷の深さです。岩壁がたかく、間に挟まれた川の位置が低いことでV字に見えることから、V字谷と言われています。

壮大すぎる岩壁と紅葉

岩壁の見学は専用のトンネルから

清津峡渓谷トンネルは落石で閉鎖されてた渓谷を観賞する為に1996年に完成したトンネルです

全長は750mあまりまして終点のパノラマステーションの他にトンネルの途中に3ヶ所の展望台があります

出典:andy-renny.blog.so-net.ne.jp

昭和63年の落石以来、閉鎖されていた清津峡渓谷。
雄大な清津峡の大自然をより安全に、より安心して鑑賞していただけるよう、1996年10月に「清津峡渓谷トンネル」 が誕生しました。

全長は750m。3ヶ所の見晴所とトンネルの終点となるパノラマステーションからは、素晴らしい渓谷美を堪能することができます。
また、トンネル内の所々には清津峡の四季や自然、成立ちをディスプレイやビデオで紹介するコーナーがあり、訪れる人を楽しませてくれます。

出典:www.nakasato-21.com
清津峡は、その斜面の勾配の急さゆえ、落石が多発していたらしく、観光客の安全のためにトンネルが作られたようです。

そんな清津峡の行き方は?見頃は?

寒暖差の激しい清津峡の紅葉と岩礁とが織り成す造形は、どんな絵の具をもってしても表せないほどの見事さです。一年でもっとも賑わうのもこの時期です。

出典:www.nakasato-21.com

清津峡の紅葉の見頃は10月下旬~11月中旬だそう。

【電車】JR越後湯沢駅からバス約30分「清津峡入口」下車徒歩約20分、JR越後田沢駅から車約20分 【車】関越道塩沢石打ICから国道353号経由約25分 紅葉時期は駐車場が混み合うため、待つことがある。

出典:koyo.walkerplus.com

清津峡とあわせて行きたい「田代の七ツ釜」

“釜”とは滝つぼのことで、七ツ釜は7つの滝と滝つぼが約1キロにわたって連続している。清津峡と同じ「柱状節理」が見られるのだが、右岸が断面層、左岸が切り立った縦層という全国でも稀で、学術的にも大変珍しい景観ということから、名勝・天然記念物に指定されている。

出典:blog.goo.ne.jp

苗場山系から流れ出る釜川の渓流に点在する七つの滝つぼ田代の七ツ釜は文部科学省指定名勝・天然記念物として知られる景勝地です。

出典:www.city.tokamachi.lg.jp
田代の七ツ釜は清津峡と似ており、同じ「柱状節理」の地形が見られます。両方とも天然記念物かつ国の名勝です。距離的にも清津峡からも40分程度なので、是非おすすめです。
三大渓谷の一つに選ばれ岩壁の壮大さはまさに”大自然”。そんな岩壁を多く植物が色づき、カラフルな岩壁をつくり上げるのは秋しかみれません。ぜひ行ってみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hyororinパソコン片手にどこへでも。ITと旅行が好きです。デザインしたり写真撮ったり、食べたり、色々と・・・

このまとめ記事に関して報告する