• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ここに行っとけば間違いない!「中国地方」を代表する観光スポット20選

鳥取・島根・山口・岡山・広島の5県から構成される中国地方。多くの有名な世界遺産や話題のスポットが集まる中国地方の王道観光スポットをご紹介いたします!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①砂の美術館(鳥取県)

2012年、世界初となる砂像の展示施設「砂の美術館」が誕生しました。なんと作品は全て、鳥取砂丘の「砂」と「水」のみでつくりあげられたものなのだそう。日本一の砂丘が存在する県だからこそ実現できた、砂の王国は訪れた人々に驚きと感動に与えています。多くの専門家が時間と手間をかけ、技術を駆使した砂像の完成度の高さに圧巻されること間違いなし!
  • 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
  • 0857202231

②出雲大社(島根県)

縁結びの神様で有名で、パワースポットとしても連日紹介されている出雲大社。そんな出雲大社の神様は、神話「因幡の白兎」でサメに襲われたウサギに傷を治す方法を教えたという、優しさと癒しの神様が奉られているそうです。清らかな空気の大社をお参りすれば心もすっきりするはず。
島根の周辺の観光スポットの観光地化された雰囲気とはまた違って、出雲大社は境内が静かでまるで別世界のように神秘的な空間が広がっています。どこか重みさえかんじるこの空間にぜひ訪れてみてくださいね。
  • 島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社
  • 0853-53-3100

③宍道湖(島根県)

島根県・松江市にある全国で7番目に大きい湖。宍道湖でとれるシジミや白魚などの魚介は、松江を代表する味覚として有名です。なによりも、夕刻に近付くにつれ様々に表情を変える夕景の美しさは多くの人を感動させます。その美しさは、日本夕陽百選にも選定されているほど。「水の都・松江」の自慢の景観となっています。
湖上にポツリと浮かぶ「嫁ヶ島」は周囲240m の小さな島で、湖に落ちて亡くなった若い嫁の身がらとともに浮かび上がったという伝説が残されています。哀しい夕日もまた良いですよね。
  • 島根県松江市袖師町5 宍道湖
  • 0852-27-5843

④倉敷(岡山)

江戸時代から明治時代を主に、一部昭和時代にかけての町並み。美観地区に指定されているエリアでは当時の建物が多く残されており、待ち歩けばタイムスリップしたかのような感覚になります。倉敷川を流れる小船に乗って、川から街並みを眺めるのもオススメです。
  • 岡山県倉敷市
  • 0663544057

⑤満奇洞(岡山県)

全長約450mと手軽に歩ける洞窟で高低があまりないことも特徴的。入り口には竜宮城を思い出させるような橋がかけられていて、内部へ進んでいくと数々の鍾乳石がライトアップされています。
「満奇洞(まきどう)」という名の由来は、かつてこの地を訪れた歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻が「奇に満ちた洞」と詠んだことから名づけられたと言われています。後に、映画「八つ墓村」のロケ地としても使われ、一躍有名になった場所となっています。
自然の荘厳さを感じられる鍾乳洞。一番奥にある泉はたいへん厳かで時を忘れるほどの美しさです。鍾乳洞内には色々な種類の鍾乳石があり、自然に作られた“鍾乳石の博物館”のような空間になっています。
  • 岡山県新見市豊永赤馬2276-2
  • 0867-74-3100

⑥後楽園(岡山)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mamik楽しいことが大好きです!

このまとめ記事に関して報告する