• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本人の憧れはここだった!一度は行ってみたい“憧れの温泉地”TOP6

段々と寒くなり始めましたね。これから寒さがますます厳しくなる一方です。心も体も芯から冷え切っている人が多いこの時期ですが、そんな寒さを一気に温めてくれるのが、そう!「温泉」です。というわけ今回はもう一度行きたい人気温泉地を紹介していきます。日頃の疲れを癒しに温泉に行きましょう!

このまとめ記事の目次

寒くなってきましたね。

みなさん寒くなってきましたね。日に日に寒さが厳しくなっていくなかで、指のかじかみが止まりません。これだけ寒いと、からだだけではなく心も冷え切ってしまいます。
でもそんな時は「温泉」に入りましょう!広ーい露天風呂にバシャんと浸かれば、日頃の疲れも寒気も癒されること間違えないです。

行ってみたい温泉はありますか?

日本人なら誰しもが愛する「温泉」。温泉に入るたびに日本人でよかったと実感することができますよね。ところで、こよなく温泉を愛しているに違いない皆さん、行ってみたい温泉はありますか?今回は、大人気旅行サイトの「じゃらん」が実施したアンケートで、全国の人が「一度は行ってみたい、あこがれの温泉」と答えた温泉をランキングで紹介していきます!

《6位》道後温泉 / 愛媛

あこがれの温泉で第6位に選ばれたのが、四国愛媛の松山にある道後温泉。「温泉×ジブリ」といえばやっぱり「千と千尋の神隠し」ですが、道後温泉がモデルとなったというのは有名な話ですね。
道後温泉本館の雰囲気はまさしく、千と千尋の世界観そのものです。実はここ、あの観光ガイドで2つ星を獲得するなど、世界的にも評価されています。もう一つ、道後温泉を語る上で忘れてはいけないのが、夏目漱石の「坊ちゃん」。道後温泉の別名が坊ちゃん湯であるように、ここは小説坊ちゃんにも登場します。「このお湯で泳ぐべからず」と書かれたのは、まさにここです!
実は道後温泉は現在さらにパワーアップして、より魅力的な場所になっています。そのわけは、2016年2月まで道後温泉で開催されているアートフェス。写真、芸術家としても知られる「蜷川実花」が道後温泉を自身の作品でアート一色にしています。ですから道後温泉に行くのなら、今年の冬です!

《5位》別府温泉 / 大分

第5位は日本有数の温泉地である大分の別府温泉。知名度はかなり高いですが、やはり関東などからは少し遠いので、多くの人にとっては憧れとなっているのでしょう。
何によりも別府温泉の魅力は豊富な温泉資源。別府市内には色んな種類の温泉があります。
例えば変わった温泉でいえば、ひょうたん温泉の瀧湯。3mの高さから落ちる打たせ湯が20本もあります。お湯に当たってみるとマッサージを受けてるようで、癒されます。

《4位》指宿温泉 / 鹿児島

一時は「東洋のハワイ」とも呼ばれ、多くの人で賑わった指宿温泉。もちろん温泉はまだまだ健在で、たくさんの人が行ってみたいと憧れているそうです。指宿温泉といえば砂蒸し風呂。世界的にも珍しいようで、砂浜に湧く温泉を利用してからだを砂浜に埋めて入浴します。からだ全体を地中の熱が包み込み、体からは汗がだらだら出るのでデトックス効果抜群です。もちろん、砂風呂だけではなく普通の温泉も最高です。指宿市のたまて箱温泉からは鹿児島湾を一望することが出来ます。さらには天気がいい日には種子島や屋久島も見えるそうです。薩摩富士と呼ばれる開聞岳と落ちていく夕陽も露天風呂から見ることができ、まさに絶景が見られる温泉です。

《3位》草津温泉 / 群馬

第3位に選ばれたのは、こちらも日本を代表する温泉地である群馬の草津温泉です。大きな温泉街からは至るとこで温泉が噴き出していて、温泉はもちろん街並みも楽しめる場所です。
街の中心は大きな湯畑が。温泉地だからこそ買うことができるお土産やグッズもこの周辺で買うことが出来ます。草津の温泉の泉質は強酸性。といっても入るとピリピリするということはなく、むしろしっとりと知っています。皮膚病や糖尿病、神経痛などにも効果があるようで、身体にもめちゃくちゃいい温泉になっています。
草津の代名詞とも言えば、「湯もみ」。実は江戸時代から始まる非常に歴史のある入浴法で、今でも体験をすることがもちろんできます。湯もみをする理由は90度もある源泉を人が入れる温度まで冷ますため。通常はお湯を冷ますために水を入れますが、源泉にこだわった草津はこのように手間をかけてお湯を冷まします。ですからそれだけいい温泉があるわけですね。

《2位》乳頭温泉・水沢温泉・田沢湖高原温泉 / 秋田

秋田県にある乳頭温泉をはじめとする温泉群。ここの最大の魅力は露天風呂と情緒ある雰囲気です。とくに冬の雪景色の中の露天風呂は最高です。乳頭温泉の中でも最も歴史があるのが、うえの「鶴の湯」。雪が降る寒い外と温かい温泉のギャップがたまりませんね。
こちらは蟹場の湯。原生林に囲まれた温泉では、季節ごとに景色の色合いも変わります。
大自然のなかの温泉は爽快であること間違えありません。この他にも5つの露天風呂が点在している乳頭温泉。非日常を求めて乳頭の温泉巡りもいつかはしてみたいですね!

《1位》由布院温泉 / 大分

見事にあこがれの温泉1位に選ばれたのは、由布院温泉。実は由布院は今年で10年連続このランキングで1位に輝いています。何がそこまで多くの人を由布院に惹きつけるのでしょうか?由布院の魅力は、自然豊かで過ごしやすい風土とそこで作られる食材を生かした美味しい料理。関東ではあまり馴染みがありませんが、「東の軽井沢、西の由布院」と称されるほど人気のスポットなんです。肝心の温泉からは、標高1,584mの「由布岳」を望むことができ、その景色はまさに絶景です。
これだけ人気であるのにも関わらず、由布院がすごいのは、そこまで観光地感がないこと。実は由布院では、観光客がほっとくつろげるような街づくりがされていて、多くの人が大自然のなか疲れをとるために来ます。リピーター率も高い由布院、本当に素晴らしい場所です!

今年の冬は温泉に行くので決まりですね。

「温泉」が素晴らしいのは、考えなくても分かることですが、忙しかったりしてなかなか行けないことが多いですよね。だからこそ今度休みが取れたときは、思い切って温泉旅行に行ってみてはいかがでしょうか?そうです。今年の冬は「そうだ、温泉へ行こう」です!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Brokeniphoneきっと新しい発見がある。そう、Brokeniphoneとならね。

このまとめ記事に関して報告する