• はてぶ
  • あとで
昔ながらの温泉地・伊香保温泉の楽しみ方

古き良き温泉街の雰囲気が残る伊香保温泉は群馬県を代表する温泉地のひとつです。 その歴史はかなり古く、万葉集にも出ているほどだとか。過去には数々の偉人も訪れた伊香保温泉の魅力とその楽しみ方を今回は紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

群馬県を代表する温泉地

群馬県渋川市伊香保町にある伊香保温泉は上記のような石段があることでも有名です。
いかにも温泉街という見た目の元祖と思ってもいいかもしれません。
石段に面して飲食店や旅館、射的店なども並んでおり、観光客に癒しの空間を与えます。

伊香保温泉の歴史

その発見は定かではありませんが、1300年~1900年前とされていて、万葉集にその名がのっていることも確認されています。
現在の様に温泉地となったのは戦国時代のことで、戦いに疲れ、傷ついた兵士たちを癒したとされています。

明治時代以降は竹久夢二、徳富蘆花、夏目漱石、萩原朔太郎、野口雨情など文人が多く訪れた。また、御用邸やハワイ王国大使別邸なども作られた。

出典:ja.wikipedia.org

更に1910年(明治44年)には、渋川から路面電車も開通した。同線は後に東武伊香保軌道線となり、バスの台頭で1956年(昭和31年)に全廃されている。

出典:ja.wikipedia.org

温泉地の名物菓子・発祥の地

現在では各地で見られる茶色の温泉饅頭は、伊香保温泉が発祥の地(勝月堂)とも言われ、1910年(明治44年)から売り出されている。「湯の花まんじゅう」と呼ばれている。

出典:ja.wikipedia.org
石段を上がると増えてくる温泉まんじゅうのお店、伊香保では「湯の花まんじゅう」が主流で、上品な手のひらサイズのおまんじゅうがお茶請けにちょうどいいです。

石段を登るとある伊香保神社

伊香保温泉を守護する伊香保神社は温泉地の長い石段を登り、少し歩いたところにある神社です。
温泉・医療の神様が祭られていて、毎年9月18日から3日間お祭りが行われています。

現在の温泉街内の伊香保神社の由緒では825年(天長2年)の創建。旧本社とされる三宮神社は750年(天平勝宝2年)創祀。

出典:ja.wikipedia.org

昔ながらの遊びが楽しめる伊香保温泉

伊香保温泉には約12店の射的場があり、本格的なものからお手軽なものまで幅広くあります。
殆どが夜以降の営業になることが多いので、温泉に入って夕食後でも大丈夫です。
W.Cherry@derKirschbaum
伊香保温泉。天気が良かったらもっと良い風景だったろうけど。石段街の店、射的や輪投げはよくあるけど、大弓とかあった。 https://t.co/8dbzuXDfOc

2015-12-13

ニュー とろ@b13coro
伊香保温泉の射的ゲームでゲットしたヒヨコとカメ。お風呂の友。

2015-12-08

人気の伊香保温泉旅館

かのうや

伊香保温泉の上の方にある旅館「かのうや」は自家用ケーブルカーでホテルフロントまで行くことができる珍しい旅館です。
雑誌やテレビでも取り上げられるほどの人気の宿です。

雨情の宿 森秋旅館

伊香保温泉街の石段途中にある大きな旅館です。
温泉は伊香保特有のにごり湯「黄金の湯」かけ流し温泉です。
群馬県の特産物を使用した夕食は格別のおいしさです。
温泉に入り、遊んだ後の夕飯も一段とおいしく感じますね。

伊香保名物を食べるなら

時代屋

伊香保温泉にある「時代屋」では伊香保名物、水沢うどんや「時代屋」名物本格釜飯など旅の疲れを癒してくれるメニューが多数あります。
懐かしい雰囲気漂う店内も落ち着きます。

伊香保温泉の行き方

いかがでしたでしょうか?
群馬県の有名温泉地、伊香保温泉を紹介させて頂きました。
歴史があり、懐かしい雰囲気が湯治には最適な場所にしてくれています。
是非、おでかけの参考にどうぞ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する