• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
さぁ旅に出よう。女一人旅で楽しめる日本の島 5選

旅行のスタイルは人それぞれ。友達と行くのも彼と行くのも家族と行く旅行だって楽しい。だけどちょっと人生に迷ったり、ちょっと自由になりたかったりしたら一人旅をするのが一番。一人なんてって思うかもしれないけど勇気を出して一歩踏み出せばそこには色々な出会いと明るい未来が待っているかもしれませんよ。今回は女性に一人旅で訪れてもらいたい島をご紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①与那国島/沖縄県

与那国島基本情報

与那国島の面積はわずか28.95km²です。人口約1,700人、年平均気温23.6℃。石垣島からは124kmの国境の島で、台湾宜蘭蘇澳港までは111kmしかないんです。なので年に数回澄んだ日には台湾が見えるんです。起伏は激しいものの自転車でも3~4時間で一周できちゃいます。
アクセスも空港があるので比較的行きやすいです。
【飛行機】
・那覇空港 所要80分 1日1往復運航
・新石垣空港 所要30分 1日3往復運航

【フェリー】
・久部良港福山海運「フェリーよなくに」 - 石垣港 所要4時間30分(週2往復のみ)
・那覇港 (不定期)
与那国はとっても小さな島です。起伏は激しいものの頑張ればチャリでも4時間くらいで一周できます。ですが女一人旅にはチャリは辛いのです。なのでスクーターを借りてください。ゆっくり回っても一日たらずで一周出来ちゃいますよ。スクーター初心者でも島の交通場が少ないので落ち着いて運転すれば大丈夫。
東崎展望台では与那国馬に会えますよ。本当にかわいいです。そして雄大な海を見ることができます。馬と触れ合い時間を気にせず絶景を眺めるなんて一人旅の醍醐味です。
こちらは日本最西端。夕日がとっても綺麗に見られる場所でもあります。与那国に行ったならここは絶対に行って欲しい。いい記念になりますよ。一人で日本の端っこに来たっていう変な感動もふつふつとこみ上げてきますよ。
Drコトーのドラマを見て与那国を知った人も多いのではないでしょうか?とっても長閑な場所に診療所の撮影場所がありますよ。近くにはビーチや塩の工場もあり女一人旅には何かと楽しめるスポット満載です。
与那国島は女性が一人で旅していても違和感なく溶け込める島です。一人旅なら宿泊は絶対に民宿がオススメ。同じように一人で旅をしている人や仕事で来ているひとや色々な出会いがありますよ。人それぞれの考えや生き方を話していると本当にワクワクします。こんな体験も一人旅ならでは。与那国島は一人で旅をするのにはいい島です。

②与論島/鹿児島県

与論島基本情報

与論島(よろんじま)は、奄美群島のひとつで、鹿児島県最南端の島です。奄美群島の内で最も沖縄県に近い位置し、南方約22kmには沖縄本島最北端の辺戸岬があります。島の周囲は環礁で囲まれており、美しいサンゴ礁の島です。人口は約6,000人です。20.8 km²の小さい島です。
アクセスは船か飛行機で行くことができますよ。
【飛行機】
・鹿児島~与論、那覇~与論、奄美~与論(隔日で沖永良部経由)間で毎日運航しています。
・運行間隔 那覇、鹿児島、沖永良部から毎日運行しています。
・所要時間 那覇より約40分、鹿児島より約1時間10分、沖永良部より約25分
【フェリー】
・鹿児島~奄美諸島~与論~沖縄間を大型フェリ-が毎日運航しています。
・運行間隔 那覇より毎日運行、鹿児島より毎日運行
・所要時間 那覇より約4時間40分、本部より約2時間、鹿児島より約20時間
女一人旅で与論島を訪れるのであれば絶対に行って欲しいスポット百合ケ浜。百合ヶ浜は、大金久海岸の沖合い1.5キロの場所に例年だと春から夏にかけて、大潮の干潮の時間帯にその姿を現します。きれいすぎて言葉が出ない!百合ヶ浜で年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという言い伝えもあり女心をくすぐります。
一人できれいな海を見つめているとなんだか心がスッて軽くなりメルシー体操しちゃいたくなります。もう一人で体操したって恥ずかしくなんてない!
第26回ヨロンマラソン2017
開催日 2017年3月5日(日)
女一人旅!絶景を楽しみながらマラソンなんてのもいかがですか?走り終えたら人生観が変わるかも?!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する